らーめん・雑記 おいしいので逝っときました

ども…、ジーザスです(;^_^A。 このところは ラーメン以外の食べ物を多く食べたい気がしておりますが、ラーメンも引き続き・・・って感じです。 美味しい魚貝類やその他諸々・・・リーズナブルな価格の物を中心に食べていきたいです(^ー^)ノ。

2013年11月

山岡家 相模原店@相模原市3

山岡家 013

゛山岡家 相模原店”・・・を さりげなく訪問してみました

11月12日~発売となった期間限定の ”肉肉すきトンラーメン(卵付き)”880円+”半ライス”110円の 計990円・・・の食券を購入して 好みは”麺硬め”のみで注文したのでした(゚д゚)(。_。)。

”肉肉すきトンラーメン”単品は 830円・・・です(●゚ェ゚))コクコク。

山岡家 006

サイドメニューは こんな感じ・・・で、

山岡家 007

ライス・トッピング類は 軒並み10円値上げされていますね(。ノω<。)ァチャ-。
消費税が8%になったあかつきには、さらに再値上げされるんですかね・・・( `・ω・) ウーム…?、それとも 値上げせずにお得感を強調する戦術なのかは見ものです・・・・(。´pq`)クスッ。

それほど待たされた感もなく提供されたのが、こちら・・・

山岡家 009

( ゚д゚)ホゥ・・・”豚肉”ちっくなものは 結構のってきますね・・・( ゚ー゚)( 。_。)。

山岡家 014

麺は 前回の期間限定メニューと同様に? 今回もレギュラータイプ・・・の感じの麺でしたゥ──σ(・´ω・`;)──ン?。
期間限定・・・の麺は専用タイプが多かったのですが・・・ヽ(~~~ )ノ ハテ?。
スープの色合いが麺に存分に移っている印象でした。
硬さは 程よい硬め・・・の印象で、まぁ・・・悪くはないか・・・のもの。

山岡家 012

スープは 豚骨+やや甘めのスキヤキチックなタレ・・・ですが、ホントのすき焼きの”割り下”ほどには 甘ったるさもなく、これもヲサ~ン的には そんなに悪くもなくて、案外美味しく飲めるものでしたウンウン(゚▽゚*(。_。*)。
・・・しかしながら、このスープは好みでかなり評価が分かれそうで 好きか・嫌いか・・・がハッキリ出そうですね(*´・д・)*´。_。)ゥミュ。

山岡家 011

具材は 特製のタレに浸けられた”豚バラ肉”が かなりタップリ目に盛られており 食べごたえはありますね(*^^)v。
味付け的には くどい物ではなく、逆にもう少し濃い目の味付けでも・・・とは 思わされたのには ”生卵”の存在・・・もありました(;^ω^)。

山岡家 013

その他は もやし・青ネギ・海苔・・・で まんべんなくピリ辛風味なもの(;´▽`A``がタップリと振られてきましたが、然程の”辛さ”は感じられません(;´∀`)。

さて・・・”生卵”は どうすれば・・・( `・ω・) ウーム…?・・・と 思っていると 店内放送のCMで 麺や具材を卵につけても、卵を丼にポィ(o'д')ノ ⌒ ○・・・としても どちらでも良い・・・(^^♪風味なものが流れていたので、まずは 卵をといで 麺やら具材をつけてすき焼きチックに食べてみたのですが、如何せん割り下変わりのスープが 弱いので、単に生卵に付けて食べるだけ・・・の印象で、卓上から”醤油”をポィッ(´゚д゚`)ノ ⌒ ゚・・・して 微調整したりしました。

半分ほど 溶き卵を残して 今度は丼にポィ(o'д')ノ ⌒ ○・・・としたわけですが、これはスープとの相性も良いみたいで、スキヤキ風味なタレと卵の甘味のブレンドされた味わいは 結構美味しいものでした(´・∀・`)ヘー。

山岡家 008

卓上調味料からは まずは当然の”にんにく”を投入して、ヲサ~ン的には 珍しく辛さが物足りない感じだったので、唐辛子&豆板醤をポィ(o'д')ノ ⌒ ○ポィッ(´゚д゚`)ノ ⌒ ゚・・・としつつ、ライスにも 具材&スープを投入してすき焼き丼風味に食べてみると こちらは当たり障りなくソコソコ無難に美味しくいただけたのでした(*・ω・)ノ。

ただ 単純に麺を卵につけて・・・の食べ方は・・・で、やるならスープをダイレクトに溶き卵にポィ(o'д')ノ ⌒ ○・・・とした方が・・・なんですが、そうしたところで かなり物足りないものでは・・・とは思われました( `・ω・) ウーム…?。
所詮 割り下ほどには 濃厚なスープではないので、卵の味わいが勝ちまくってしまう感じですね(^_^;)。
しかしながら それはそれで作り手さんの意図したものではないにせよ 美味しいものではありましたが・・・(^Д^)ギャハハ。

〆にお酢をポィ(o'д')ノ ⌒ ○・・・として 一応はキッチリと完食(*^^)v。

ヲサ~ン的には 甘ったるさは程々なので、結構食べられたものの、こりゃ嫌いな人はホントに嫌い(>_<。)・・・・だろうな・・・と、容易に想像のつくらーめんでした
簡易版の”徳島ラーメン”も狙っているの(´・_・`。)ヵナァ・・のものでもあるようです・・・

基本的に 卵はなくても・・・の印象でしたウ・・ ウン(・_・;)。

まぁ・・・一度食べてはみても・・・良いのでは・・・でした

それでは またぁ~

お好み度・・・★★★

住所 相模原市中央区上溝4089-2 営業時間 24時間
定休日 無休
※ HPは こちらから・・・です<(_ _)>。





ゴル麺。用田店@藤沢市2

ゴル麺。用田店 013

ユタカマン1号さんからの情報で ”ゴル麺。用田店”でも ”豪麺”が提供されるようになった・・・との情報を得たので 帰宅がてらに サクッと訪問してみたのでした
やっと”豪麺”の提供か・・・(;´д`)=3トホホ・・と 遅きに失している印象もありますが、まずは やっとゴル麺のメニューが提供されるようになったのは何よりです(*´・д・)*´。_。)ゥミュ・・・が ”黄金つけ麺”の提供は 今後もされないみたいです(/・_・\)アチャ-・・。
前回 ”豪麺”を食べたのは ”松壱家 平塚店”ですね(。_。(゚д゚(。_。(゚д゚ )ウンウン。


ゴル麺。用田店 003

食券機は ”豪麺”がトップメニューに君臨していたわけですが、相変わらず”全部のせ”が ボタンの左側から配置されているのには 見事なまでの商魂のたくましさが見受けられます
ヲサ~ンは”松壱家系列”・・・って、こういうとこが大嫌いなんですよね・・・
ただでさえ 割高な価格設定だし・・・

ヲサ~ンは ”豪麺(並)”800円・・・を・・・って、以前は750円じゃなかたっけ・・・( ̄△ ̄;)エッ・・?と 思いつつも仕方なくポチっとして、ついでに ”肉飯”250円の食券も購入しておきました( -Д-) ゚Д゚)フムフム。

好みは ”硬め・濃いめ・にんにく多め”にしておきました。

ゴル麺。用田店 006

豪麺は こんな感じの家系+二郎インスパイア系(G系)のらーめんですが 写真は見事にセンターを外して撮ってますね(゜▽゜=)ノ彡☆ギャハハ!!。

ゴル麺。用田店 007

こちらの写真もセンターを外しています・・・アレ_(・・?..)?アレェ。
気分ものらないので やっつけ仕事的ないい加減なとこが こんなところにも良く出てますね・・・アチャ・・・(ノ_< ;)。

ゴル麺。用田店 008

野菜増し・・・とかは ないので 盛りっぷりは寂しいものですね( p_q)エ-ン。
”キャベもや”100円をトッピングしたところで たいして量は増えることはありません・・・、トッピングのキャベもやの量も これで100円・・・(;゚д゚)ェ. . . . . . .( ̄△ ̄;)エッ・・?ってくらい 同系統他店に比べると少ないですし・・・ウ・・ ウン(・_・;)。

ゴル麺。用田店 012

麺は 中太縮れタイプのもので、前回食べた時よりは 好印象のもので多少はリニューアルされているのかな・・・ヽ(~~~ )ノ ハテ?の印象も感じられました(。´゚ェ゚)。´_ _)ゥン。
松壱家 平塚店で食べた時には 麺に弾力性がなくパサツキ感が気になり、咀嚼する前に麺がボロボロと崩れ落ちていく感じのするものでしたからね・・・アチャ・・・(ノ_< ;)。 
茹で加減は やや硬めの印象で、これなら好みは”普通”・・・で良いかも知れないですウ・・ ウン(・_・;)。
まぁ・・・麺上げする店員さんにもよりけり・・・なんでしょうが・・・(。´pq`)クスッ。

ゴル麺。用田店 011

スープのベース自体はいつもの豚骨スープ・・・と同じかと思われますが、醤油ダレは 家系醤油豚骨のものとは異なるようで、多少なりとも醤油感を より感じさせてくれるタイプのようでした(・_・D フムフム。
通常の ”醤油豚骨”よりは こっちの方が好みかな・・・(●゚ェ゚))コクコク・・では あります

ゴル麺。用田店 009

チャーは いつもの巻きバラタイプのもので、特に・・・ですかね(^-^;。

ゴル麺。用田店 010

具材は もやし・キャベツ・チャーシュー・・・で にんにくもマズマズの量は入れられてきていましたv(・_・) ブイッ。
”多め”・・・にしては 物足りないものではありましたが・・・(。´pq`)クスッ。
もやし・キャベツ・・・は G系を期待してしまうと かなり物足りない量ですが、”キャベもやらーめん”・・・と考えれば バランス的にはちょうど良い気もします・・・・ウ・・ ウン(・_・;)?。
キャベもやの茹で加減も 上手くシャキサク感も残ったもので 今回は( ̄▽ ̄)b グッ!ですね(゜▽゜*)ニパッ♪。

やはり刻みニンニクの威力は大したもので、これがあるだけで なんとなくクリスタルな・・・、いえ・・・・なんとなくスープにキレもなく物足りなさを感じていてもキリッと引き締まる気もするし、ヲサ~ン的には大歓迎なものでしたウンウン(゚▽゚*(。_。*)。

ゴル麺。用田店 001

もっとも 卓上調味量から”おろしニンニク”も当然投入しております( *´艸`)クスクス。
”キャベもや”もあるし コショウも振ってみるか・・・と 容器を手に取りフリフリしてみたのですが 空・・・でしたアチャ・・・(ノ_< ;)。
お酢や生姜も( ゚д゚)ホスィ...とこですが・・・(-ω-;)ウーン。
せっかくだし・・・と 豆板醤も( 。・・)/⌒□ポイ ・・・としたわけですが、スペシャルな美味しさは 特には感じられないものの 一応の完食( -д-)ノ。

ゴル麺。用田店 004

ゴル麺。用田店 005

肉飯は こんな感じで、まずは”焼肉のタレ”・・・の香りで食欲がそそられますね(⌒▽⌒)アハハ!。
ネギもタップリだし 焼肉のタレ?に浸けられた”肉”もタップリだし、ライス自体にもソコソコタレが染み渡っており 美味しいものでしたv(・_・) ブイッ。
ただ・・・、ここでも価格が250円・・・がねっ( -д-)ノ・・・てところが 少々なわけですが、まぁ・・・松壱家系列ですし仕方ないですね
ボリューム感もあるし 決してそんなにお高くはない・・・とは思われるのですが、ラーメンがお高い分や 壱系他店に比べてトッピング類のボリュームが価格に見合った量ではないことを考えると サイドメニューは せめて少しは考慮して( ゚д゚)ホスィ...かな・・・とは 思われました(-"-;A ...アセアセ。

スープを( 。・・)/⌒□ポイ ・・・としてみましたが 特に 美味からず不味からず・・・で、タレのかけられたものは あんまし・・・ですかね
やはり家系のスープには 基本的には真っ白なご飯・・・が一番のようには思われました(。_。(゚д゚(。_。(゚д゚ )ウンウン。

”豪麺”800円・・・・は、価格&内容的にはゥ──σ(・´ω・`;)──ン・・・?で もやし・キャベツの原価などたかが知れているし、醤油豚骨の150円アップは 些か考えさせられるところではありますね・・・

お手軽に G系っぽい雰囲気のものが味わえるのは よいかとは思われますが・・・

ゴル麺。用田店 014

ゴル麺。用田店 015

スタンプカードも いただけましたo(*^▽^*)o~♪。

ラーメン3杯で餃子プレゼント・・・・なんですが 用田店では餃子(350円)は提供されていないので 何が提供されるんですかねヽ(~~~ )ノ ハテ?・・・、100円トッピングが1品無料・・・とかだけだったらブッ飛ばしたくなる気もしますが(゜▽゜=)ノ彡☆ギャハハ!!。

しかしながら ラーメン5杯食べれば1杯無料は ラーメンが通常の家系店よりお高い・・・とはいえ、それなりに評価しても良いのでは・・・とは思われました(o-∀-)b))そぅそぅ。
平日は サービスタイム(11:00~14:00)ライス無料・・・とかも 多少は暴利一辺倒から改善の兆しも感じられますし・・・(・_・D フムフム。
もっとも ライスはいつでも無料の家系店も結構ありますが・・・(。´pq`)クスッ。

豪麺自体は まぁ・・・悪くはないけどお高い・・・ワザワザこれを食べに・・・は、全く考えられない・・・の印象ですが、店員さんの接客・雰囲気は相変わらず好印象でした(*- -)(*_ _)ペコりん。

空いている時間帯だったので 店員さんは調味料類の確認はしておいた方が宜しいかとは 思われましたが・・・ウ・・ ウン(・_・;)。

それでは またぁ~


お好み度・・・★★++

住所 藤沢市用田611-1 営業時間 11:00~23:00
定休日 無休

お店のHPは こちらです。・・・用田店には当てはまりませんが・・・。






旅・・・③(袋田の滝編)@茨城県久慈郡大子町

袋田の滝

袋田の滝

旅の2日目は 3連休のまんなかの日曜日・・・ってこともあって、ホテルは早めに出発して 以前から1度は行っておきたいな・・・(*´・д・)*´。_。)ゥミュと思っていた ”袋田の滝”に行ってみたのでした
写真は デジカメを車に忘れてしまったので(。ノω<。)ァチャ-、携帯で撮影しています・・・が あんまし変わらないかと思われます(;・∀・)。

一応ナビを設定して その通りに走ったわけですが、ここを通っていくの・・・(;゚д゚)ェ. . . . . . .って感じの 対向車が来たら避ける場所ないよね・・・(((;゚д゚)))的な極細な山道を走ったりと、中々スリルに富んだコースを選んでくれていたのでした(゜▽゜=)ノ彡☆ギャハハ!!。

なんとか無事に”袋田の滝”まで到着して 駐車場にすんなり停められたものの、ヲサ~ンたちが出る頃には駐車場待ちの車で大混雑していましたΣ(゚Д゚ノ)ノオオォッ。

駐車場から お土産物屋さんの並んだ商店街を歩いて行くわけですが、大きな通りに面した商店の道はよいものの、細めの道の商店街の道路は 一般車の通行を全く規制しておらず、観光客がワンサカと歩いている中を歩かねばならず 駐車場を探している一般車もかなり通る状況で、結構危ない感じでした

さらには 排気音のうるさいアメリカンタイプのバイクが ブンブン吹かしながら 低速で・・・ドケドケ風味に通ったり・・・と 観光シーズンは 規制するなり少々考えた方がよいのでは・・・(・へ・;;)うーむ・・・・でした。

”袋田観瀑施設利用券”300円を購入して トンネルを歩いてエレベーターに乗って展望台チックな所に行ったわけですが、人も多くて ろくすっぽ景色のよい写真も撮れずに終わったのでしたアチャ・・・(ノ_< ;)。

吊り橋・・・とかもあったのですが、そっちは(ー_ー )ノ" パスして さっさと撤収ー!! (-o-\) λλλλλ,,,,,ゾロゾロ。
同行者は以前、真冬の雪の降る中を来たようですが、その時ほどの感動は最早無い・・・( -д-)ノと 嘆いておりました。
余計なものを作りやがって・・・ありがたみもなにもない( ̄- ̄メ)チッくらいな勢いで話しておりました(゜▽゜=)ノ彡☆ギャハハ!!。
当時は トンネルやエレベーターも無かったそうですからね(´・∀・`)ヘー。

続いて 竜神大吊橋・・・へと向かったのですが、こちらは予想していたとはいえ、駐車場待ちで どうにか停まれそうな駐車場はあったものの、吊橋までは 少々歩かなければならず アッサリと断念して撤収ー!! (-o-\) λλλλλ,,,,,ゾロゾロ・・・しておきましたクスクス(´゚艸゚`*)クスクス。
えぇ・・・、案外面倒くさがりや・・・で、夜の方も淡白だったりします(〃∇〃) てれっ☆。

それなりに ドライブしつつ、「昨日の”えんやどっと丸”は 美味しかったねぇ(゜▽゜*)ニパッ♪。」・・・などと話したりしたわけですが、 ちょっと遠いけど 最後にもう一度寄ってみるか・・・・と車を走らせて大洗に到着したものの、ソコソコ広い駐車場は満車・・・Σ(=゜ω゜=;) マジ!?の状況で、あまり時間もないし 仕方なく 北関東自動車道~常磐道で 友部SAによってみたのでしたウ・・ ウン(・_・;)。

BlogPaint


唯一 ”らーめん”を食べてみたのが こちらのフードコートで、食券購入=即時に厨房にオーダーが入るシステムで 食券の番号がモニターに表示されたら 各コーナーに受け取りに行く手順・・・・ヲサ~ンは ・・・・・なんたらかんたら?味噌チャーシュー麺900円を注文したわけですが、最早 そのメニュー名すら覚えておらず ネット検索してもかかってきませんでした(T▽T)アハハ!。

友部SA

受け取り口には それなりに調味料は置かれているものの、食べる前からポィ(o'д')ノ ⌒ ○・・・としなければならず、些か不満の残る状況ではあったものの、おろしニンニク・唐辛子を( 。・・)/⌒□ポイ しておきました。

BlogPaint

麺は 細めの縮れタイプで市販品の方が美味しいものもあるかな・・・ヽ(~~~ )ノ ハテ?とは 思われるものので、消化は結構悪そうで胃がもたれそう・・・なものでした(゜▽゜=)ノ彡☆ギャハハ!!。
まぁ・・・SAで食べる分にはそんなには悪くはない・・・かなと言った程度の麺でした

友部SA

スープは かなり塩分強めの”焦がし味噌”?っぽい感じのもののような気もしましたが、最早自信はありません・・・( -д-)ノ。
スープは絶対飲み干してはいけないな・・・(*´・д・)*´。_。)ゥミュの危険信号が伴う感じのものでした"o(-_-;*) ウゥム…。
嫌いなタイプの味噌スープではないんですけどね(。・・。)(。. .。)ウン。

友部SA

具材は チャーシュー・メンマ・薬味ねぎ・海苔・・・で、チャーはソコソコの厚みもある味付け濃いめ・・・のもので、結構美味しくいただけた気はします(⌒^⌒)b うん。
メンマは記憶に残っておらず、海苔は巨大なタイプが1枚・・・で、極端なヘナチョコタイプではなかったように思われますが、忘却の彼方・・・のことなので((´∀`*))ヶラヶラ。
えぇ・・・さすがに いつものらーめん店めぐりと違って 感想をメモ書きなどしていないので 記憶があやふやです(*・ω・)*_ _))ペコリン。
まぁ・・・ヲサ~ンが長距離でアチコチ走っていた頃に比べると SAで食べれるラーメンとしては、レベル的には格段の進歩・・・と言ってよいかとは思われますねウ・・ ウン(・_・;)。
一般のらーめん店と比べても・・・あまり意味はないのですが(・_・?)、お好み度的には ★★くらいかな・・・いや・・・ちょっとあまいかなぁ・・・(/・_・\)アチャ-・・的なものではありました・・・(。´pq`)クスッ。

そんなこんなで 常磐道 石岡小美玉スマートインターで下りて、JR常磐線石岡駅へ・・・となって 今回の旅は終了・・・となりました(*´・д・)*´。_。)ゥミュ。

帰りの電車は 特急こそ使用しなかったもののグリーン車に乗り込み、ウイスキーの残りをゴキュゴキュ(*~ρ~)ゞプハー・・・として ネ、ネムイ... (*¨)(*・・)(*..)o(*__)o。。oO・・・と 意識を失い、気が付くと上野駅直前でシッカリと目覚めるという見事なまでの展開で 体内時計は完璧だな・・・と思わされましたウンウン(゚▽゚*(。_。*)。

ついでだから・・・と 東海道線も東京~茅ヶ崎間をグリーン車に乗ってしまう・・・という こちらも見事なまでの散財っぷりを発揮して帰宅アチャ・・・(ノ_< ;)。

翌日の月曜から 一応仕事だし・・・座右の銘である「自分に甘く、他人に厳しく(*゚∀゚)っ!。」・・・を有言実行しておいたのでした<o( ̄^ ̄)o> エッヘン!!。
決して、口先ばっかりの男ではないですからね・・・( -_-)フッ。

小旅行とはいえ たまには良かったかな・・・でした(゜▽゜*)ニパッ♪。

とりあえずは 3部作としてブログにアップできました( ̄ー ̄)ニヤリッ。

それでは またぁ~










ラーメン竜家@高座郡寒川町5

ラーメン竜家 001

昨日、水曜日の訪問分で いつものように゛ラーメン竜家”を 16:15ころに訪問しています

ラーメン竜家 005

ラーメン竜家 001

ラーメン竜家 003

久しぶりに、”中盛”でも・・・( `・ω・) ウーム…と 思ったものの、最近食べすぎで体も重いし・・・ってことで いつもの定番での注文でした。

キャベチャー⇒ネギチャーご飯⇒半ラーメン・・・の順に提供されたわけですが、この時間帯は 丁度前客さんが出て行かれたあとで、とりあえずは マスターとお話しする時間はタップりとあったので、大正麺業の話からはじまったわけですが、「八王子系のラーメンが早く提供されないかなぁ~(*'-'*)!。」とか、マスターが 大正麺業に食べに行ったときは、らーめんを食べる前に 店主さんと飲んでしまってラーメンを食べられなかった話し・・・(^Д^)ギャハハ等を皮切りに、きんか本舗のたんめんは美味しかった・・・(*^^)v・・・とかや、”なんでんかんでん”や”一平家”・”よしいち”・・・を訪問するつもりが 思いもかけず断念した話し、ヲサ~ンの旅話しをしたりしたわけですが、マスターは 「”味の時計台”・・・とかは なんでブログに取り上げる人が少ないんですか?検索してもあんまし引っかかってこないし・・・ゥ──σ(・´ω・`;)──ン?。」・・・と 質問されたわけですが 「そ、それはね・・・。」・・・と ヲサ~ンは 言葉につまるばかりでした。・・・が、

「ヲサ~ンも ”味の時計台”では ここ10年は食べていないけど、その代わりに ”日高屋”や”幸楽苑”をアップしているから 全く問題ないんだよ(゚д゚)(。_。)!。」・・・と 説得力のある力強い受け答えをしておいたのでした(;・∀・)。

そんなこんなで 30分くらいお店には滞在して ご歓談した後に撤収フリフリ(。´Д`。)ノシ バィバ~ィ・・・となりました(●゚ェ゚))コクコク。

・・・・って ラーメンの感想が全く語られていないのですが、いつもの通りです(。´pq`)クスッ。

ラーメン竜家 002

(*´-ω・)ン?・・・・卓上調味料の”コショウ”の容器が変わったかな・・・といったところです( ゚д゚)ホゥ。

とても美味しく頂けました(^^♪。

それでは またぁ~
 
お好み度・・・★★★★★

住所 高座郡寒川町一之宮3-5-7 営業時間 11:00~21:00
金曜日は 11:00~15:00迄の営業になっています。
定休日 火曜日


大正麺業@高座郡寒川町3

大正麺業 001

休日のこの日は 午後から雨・・・との天気予報だったので、自宅待機・・・していたわけですが、一向に雨が降る気配もなく ( ̄- ̄メ)チッ・・・だまされたか・・・と 15:45頃に ”大正麺業”を訪問してみたのでした
寒川町にある飲食店のなかでも 集客力はトップレベル(ファミレスは除く)・・・と思われるらーめん店ですねw(゜ー゜;)wワオッ!!。

前回訪問時は ”夏季限定”メニューを食べています(*- -)(*_ _)ペコリ。

前客3名・・・、後客1名・・・と この時間帯は ヲサ~ンの狙いどおりに空いていたのでした(▼∀▼)ニヤリッ。
”八王子系”のラーメンは メニューに加わったのかなヽ(~~~ )ノ ハテ?・・・なんて興味もありつつ・・・だったわけですが、

大正麺業 006

特に メニューに変更はなく、これに ”味噌つけ麺”が加わるくらいです( -Д-) ゚Д゚)フムフム。一応 ”つけ麺”は 限定20食・・・なのですが ”売切れ”になっているところは 未だ見たことがありません(⌒▽⌒)アハハ!。
後客さんも ”つけ麺”を注文していましたが まだまだ余裕( -_-)フッ・・・みたいでした。

大正麺業 002

大正麺業 004

サイドメニューや トッピングメニューが増えたのは 良いですね( ̄▽ ̄)b グッ!。
出来れば”薬味ねぎ”もトッピングに 加えて( ゚д゚)ホスィ...とこですが、多分無理でしょう・・・ウ・・ ウン(._.;)。

ヲサ~ンは ”味噌ラーメン(並)”650円+”チャーシュー丼”150円を注文
定番のギョーザ&ビールは 朝から( ̄▽ ̄)=3 プハァー ・・・とやっていて 胃の調子も芳しくないのでやめておきました(。・・。)(。. .。)ウン。

注文から 8分後に提供されたのが こちら・・・

大正麺業 007

この時間帯は 店主さんはいませんでした・・・(。´pq`)クスッ。

大正麺業 008

味噌ラーメン単体の写真・・・・に、

大正麺業 009

チャーシュー丼単体の写真・・・なわけですが、要するに行間稼ぎ?です。

早速ですが・・・(*・ω・)ノ、麺については・・・

大正麺業 012


上の写真が 今回の麺・・・で、
大正麺業 

下の写真が 前回 味噌ラーメンを食べた時のものです

麺は 自家製麺で、前回味噌ラーメンを食べたときは 縮れの入ったタイプだったようですが、今回は平打ち気味のストレートタイプ・・・・( ゚д゚)ホゥ。
理由は このあとすぐに分かりましたが・・・( -_-)フッ。

自家製麺ならではの 独特のモッチリ感というか弾力感・・・粘り・・・ってのを感じさせてくれる麺で、美味しいですねv(・_・) ブイッ。

大正麺業 010

スープは 白味噌・香味野菜ベースのもので、パッと見の印象は以前からのものとは あまり変化は感じられないものの、最大の変更点は ”とろみ”・・・ですかねウ・・ ウン(・_・;)。
以前は 濃度は感じられるものの、ラードでキッチリスープ表層に蓋をして・・・といったタイプのものだったのですが、今回提供されたスープは ドロっとした印象すらあるかなり粘性の高いもので これだけの粘性があると ストレートタイプの麺にも嫌が上にも絡みまくりますね(●'ェ'))コクコク。

ベースのスープ自体にトロミがあるわけではないようで、どうやら芝麻醤(ゴマをペースト状にしたもの。)が かなり大量に( 。・・)/⌒□ポイ ・・・とされている印象で、ゴマの風味が強力に主張してくるスープになっておりました(。_。(゚д゚(。_。(゚д゚ )ウンウン。
オープン以来 徐々に変化は感じられているものの、今までの”味噌ラーメン”のイメージを上手く引き継ぎながらも、新しいタイプに変化して行っている印象で、ふと気が付くと初期の頃とは もはや別のラーメンに変わっている・・・って気もするラーメンですね(。´pq`)クスッ。
バタートッピングは しなくて良かった・・・(´▽`) ホッと 思わせられるスープでした。

卓上から 自家製ラー油を( 。・・)/⌒□ポイ ・・・とすると 即席坦々麺にも早変わり・・・・ですね(゜▽゜*)ニパッ♪。

大正麺業 011

具材は もやし・豚挽肉・薬味ねぎ・・・で、黒コショウがパラ~リと振りかけられており ヲサ~ンは この”黒コショウ”の量が 少し多いと辛すぎて(((p(>o<)q)))いやぁぁぁ!!!・・・・なわけですが、今回は どうにか許容範囲でした(´▽`) ホッ。
再食時には 黒コショウ抜きが可能かどうか 聞いてみることにいたしましょう(。´゚ェ゚)。´_ _)ゥン。
卓上に 置いてくれれば一番助かるのですが・・・(-"-;A ...アセアセ。

もやし・薬味ねぎ・・・の量は マズマズで、挽肉の美味しさもダイレクトに食べればそれなりに感じられるものの、直接的にスープに溶け込んだ旨み・・・ってのは 控えめになった印象で(ゴマの風味が強力ですからね。)、ゴマ風味を土台で支える役割の方が 大きいような気もします(・へ・;;)うーむ・・・・。
もっとも 挽肉が入っていないと、かなりスープ自体は 物足りないものになるんじゃないでしょうかね(。_。(゚д゚(。_。(゚д゚ )ウンウン。


大正麺業 005

卓上調味料は 醤油・コショウ・お酢・ラー油・・・で 特に変更はなく、相変わらず にんにくや唐辛子は置かれていませんでした( -д-)ノ。

大正麺業 009

(゜O゜;アッ!・・・・、”チャーシュー丼”は こんな感じで、タレにつけこまれたマヨネーズ添えされたチャーが1枚に 刻み海苔・薬味ねぎ・・・で、チャーはもう1枚( ゚д゚)ホスィ...とこでしたが、150円だし ご飯の量はタップリだし・・・で 贅沢は言えません・・・・(。・・。)(。. .。)ウン。
タレも 甘すぎない点は好印象v(・_・) ブイッで、美味しくいただけました(゜▽゜*)ニパッ♪。

ちなみにスープをポィ(o'д')ノ ⌒ ○・・・としてみましたが、あんまし相性は・・・(/・_・\)アチャ-・・でした(゜▽゜=)ノ彡☆ギャハハ!!。

一応 ラー油を味噌ラーメンに投入して 坦々麺風味にも食べてみましたが、当然 相性が悪い事もなく、美味しくいただけましたv(・_・) ブイッ。
もっとも ヲサ~ンは 坦々麺とかは あんまし興味が無いので 特に・・・は なんですが(; ̄ー ̄川 アセアセ。

”醤油ラーメン”・・・は なにか変化があるのかなぁ・・・ヽ(~~~ )ノ ハテ?と 興味は湧いたので あまり期間を空けずに再訪してみましょう(・∀・)ウン!!。

ゴマ風味が好きな人にとっては より美味しくいただける”味噌ラーメン”に なったのでは・・・とは思われました(゜▽゜*)ニパッ♪。

それでは またぁ~

お好み度・・・★★★+

住所 高座郡寒川町一之宮3-15-12 営業時間 11:00~15:00 17:00~23:30 土日祝 11:00~23:00
定休日 無休

お店のHPは こちらです<(_ _)>。









壱八家 本厚木店4

壱八家 012

”きんか本舗”を食べ終えると 本厚木駅周辺まで戻ってきたわけですが、”二代目 梅家”や ”謹ちゃん”は まだ営業していないし・・・(・へ・;;)うーむ・・・・の状況だったので 5~6年ぶりに 本厚木駅南口にある”壱八家 本厚木店”を訪問する事にしました

今までにも何度か お店の前には行っているものの、いつも混雑風味で 混んでる店は大嫌い・・・_s(・`ヘ´・;)ゞ..ゆったりと食べたいヲサ~ンは中々訪問できないでいたのでしたウ・・ ウン(・_・;)。
流石に 開店直後の11:05頃だったので余裕だろう・・・と

壱八家 017

壱八家 016

こんなメニューに目をやりつつ、お店に入ると・・・(;゚д゚)ェ. . . . . . .( ̄△ ̄;)エッ・・?・・・、既にカウンター席は ほぼ埋まっている状況・・・でしたが 引くに引けない状況だったので 仕方なく食券機で ”特製らーめん(醤油)”800円の食券を購入して 残り少ないカウンター席に案内されたのでした(*´・д・)*´。_。)ゥミュ。
テーブル席も 既に満席で、なんでそんなに繁盛してるの・・・w(゜ー゜;)wワオッ!!っと驚きを禁じえませんでした。
ちなみに ヲサ~ンの前客さんは女性の方で単独でのご入店でした・・・へぇ~_〆(・∀・*)。

好みは ”麺硬め”・・・のみをコール( -_-)フッ。

厨房には 男性店員さん(店主さん?)1名に 盛り付けのサポート兼フロア係の女性1名・・・に まだ新人店員さんっぽい フロア専用の女性が1名・・・でした。
これだけのお客さんがいても テキパキとした作業が行われており 無駄な動きとかは無いのは流石・・・( ゚д゚)ホゥの印象でしたウンウン(゚▽゚*(。_。*)。

”壱八系”は 増殖しまくった 某壱系店のグループとは異なり、各店舗で スープは仕込みますからね・・・ブレと背中合わせなものの、いつどこで食べても同じもの・・・よりは むしろ好感が持てるくらいです(適度な誤差の範囲内で・・・の話しですが・・・(。´pq`)クスッ。)(o-∀-)b))そぅそぅ。
ソッチ(*・д・)σ系の某壱系グループ(FC店含む)は スープ作りなど学べるはずもなく、送られた素材・スープを簡易調理で提供するだけですからね((( ̄へ ̄井) フンッ。
経営ノウハウは別としても 単にラーメン作りに関しては3日間の講習で十分だろう・・・(*´・д・)*´。_。)ゥミュ、ソコソコのお金と店舗のあてさえあれば誰にでもすぐに開業出来る・・・とは思われるものですね(●゚ェ゚))コクコク。
店舗・・・って部分が難しそうですが・・・ウ・・ ウン(・_・;)。

壱八家 019

トッピングやサイドメニューは こんな感じでかなり豊富ですが、キャベチャーは250円と高価格なのでやめておいたのでしたチェ~ッ… ( ̄、 ̄)。

先に 提供されたのは・・・

壱八家 021

マー油で 「よくかき混ぜて ご使用ください(*^-^)ニコ。」・・・とのことでした( -Д-) ゚Д゚)フムフム。

それから2分後くらいに 提供されたのが”特製らーめん”・・・・で

壱八家 022

壱八家 023

らーめん650円・・・のものよりも 味玉半個・チャーシュー1枚・海苔2枚がプラスされており、150円アップは お得感があるようで全く無いような・・・・ヽ(~~~ )ノ ハテ?・・・、しかし ”マー油”がついてくるし・・・(━_━)ゝウーム?と 微妙な価格設定ですね(; ̄ー ̄A アセアセ・・・。

壱八家 027

麺は こちらの系統定番の ”長多屋製麺”のもので 結構久しぶりに 長多屋の麺は食べる気もしましたが 特に良くも悪くも無い印象で、茹で上げは 深ザル方式・・・、茹で具合は 程よいやや硬めくらいのものでよかったです(゜▽゜*)ニパッ♪。

壱八家 025

スープは トロミを感じさせる濃厚感のあるもので丼には 醤油ダレ・鶏油が先に入れられてから 豚骨スープが注がれる”壱系”のオーソドックスなタイプ。

タレや油を注ぐ前に 丼がシッカリと暖められていた点も好印象( ̄▽ ̄)b グッ!ですね。

ヲサ~ンは 正直なところ ”壱系”・・・と呼ばれる このタイプのスープには飽き飽きしてしまっており 下手をすると 一口すすって(* ̄◇)=3 ゲプッ ・・・っとなったりするのですが、そんな飽きが来ているタイプのスープの中でも 今回提供されたスープは ”旨いな”・・・と言わざるを得ないかな・・・o( ̄ー ̄;)ゞううむ・・・と 思わされるものでした。
壱系の中では比較的 醤油感も感じさせてくれるスープだし、豚骨の旨味も十二分に感じささせてくれるもので、客入りが良いのもなるほどな・・・(・_・D フムフムとは 思わされるものでした(。_。(゚д゚(。_。(゚д゚ )ウンウン。

”マー油”も程よい苦味で、苦過ぎてスープをぶち壊すものでもなく こちらも中々良い出来栄えものでしたv(・_・) ブイッ。
お好みで 量を自分で調節できる点も( ̄▽ ̄)b グッ!ですね・・・って ヲサ~ンは結果的には 全部ポィ(o'д')ノ ⌒ ○・・・としてしまうわけなんですが(゜▽゜=)ノ彡☆ギャハハ!!。

壱八家 024

壱八家 026

具材は チャーシュー・味玉・海苔・ほうれん草・薬味ねぎ・・・、チャーはバラタイプのもので 家系のバラチャーシューは これまたウンザリ(;´д`)=3トホホ・・・・風味なことが 多いのですが、このチャーは脂の部分が ありがちなベッチャリとした脂ギッシュさは控えめで 強いて言えばハムに近い脂感・・・と言えばよいのか?・・・の印象のもので 脂身の部分もさほどのクドさは感じさせらず 美味しく頂く事ができましたウンウン(゚▽゚*(。_。*)。

海苔は 若干薄さを感じさせれるものでしたが マズマズパリッと感もあるし、ほうれん草もソコソコの量は確保されていました。
味玉は 特に・・・ではあるものの、仄かな甘みを感じさせてくれるもので、まぁ・・・よいのでは・・・でした( -Д-) ゚Д゚)フムフム。

壱八家 020

卓上調味料は 粗引き唐辛子・おろしニンニク・・・・に ちょっとよく分からなかったのですが、揚げネギ?かニンニクチップ?風味なものも置かれていました(^-^;。
使ってみればよかったですね・・・(/・_・\)アチャ-・・。

壱八家 018

唐辛子・コショウ・お酢・醤油・ゴマ・ふりかけ・ラー油?・・・の構成で、ヲサ~ンはいつものように にんにく・粗引き唐辛子・お酢をポィ(o'д')ノ ⌒ ○・・・・として 2軒目にもかかわらず キッチリと完食してしまいました(。´pq`)クスッ。
塩分の撮り過ぎが心配です・・・(-"-;A ...アセアセ。

壱系の中でも 随分と食べていなかったせいもあってか(半蔵では食べていたりもしますが・・・。) 期待以上に美味しくいただけてしまいましたヾ(≧▽≦)ノギャハハ☆。

何気に美味しかったです(*- -)(*_ _)ペコリ。

スタンプカードで お得なサービスもあるみたいですね。
また 空いている時を狙って・・・とは 思っております(*・ω・)*_ _))ペコリン。

それでは またぁ~

お好み度・・・★★★★

住所 厚木市旭町1-25-5 営業時間 11:00~26:00 日・祝~25:00
定休日 無休
※ お店のHPは こちらです。





旅・・・②(磯原町編)@茨城県北茨木市磯原町4


BlogPaint


─=≡Σ((( っ゚∀゚)っ・・・と 車を走らせて ”茨城県北茨木市磯原町”に来たわけですが、宿泊先は こちらのホテル・・・で、あえて ホテル名の公表は避けておきますが、全室オーシャンビューで 部屋からは海が間近に見られ 波の音が心地よい・・・というか 結構うるさい・・・(^Д^)ギャハハというかのホテルです(;・∀・)。

部屋自体(洋室を指定しています。)は 結構くたびれており、空調は一括管理タイプの様で 各部屋での温度調節は不可・・・で 空調を切っていても暖気が部屋に流れ込み 結構暑いな・・・(ノ∀`)アチャーの印象で、この時期に窓を開けて寝ることになろうとは 夢にも思いませんでした

部屋から外を眺めると、

ホテル

二ッ島・・・と呼ばれるものが目前に控え、

ホテル

ホテル

以前は 海岸にホテルから直接行けたようなのですが、現在は 仕切りが設けられておりました(∵`)。
もっとも すぐそばから海岸に行くことは可能なので あまり問題はなかったですウンウン(゚▽゚*(。_。*)。

二ッ島・・・は 一つしかないのに なぜ二ッ島なのか・・・(;゚д゚)ェ. . . . . . .っ?と、とても疑問に思ったわけですが、地震の影響で ひとつは崩れ落ちたみたいです( `・ω・) ウーム…?。

夕食までには 時間もあるので お風呂に入ったりしたわけですが、展望露天風呂が男女時間交代制であったり、通常の浴場もあったりしたわけで、ヲサ~ンは 時間帯もあって普通の大浴場で一風呂浴びて、夕食の席に着いたのでした( ゚_¨゚)´_¨`)ふむふむ。

夕食こそが このホテルの最大の”売り”・・・らしいわけですが、昼に食べたえんやどっと丸”よりも 品数こそ多いものの、内容的には厳しいかも・・・と 全く期待せずに席についたわけです・・・・(*´・д・)*´。_。)ゥミュ。

ホテル

お献立・・・は こんな感じで、さらに別注文で 貝類のお刺身1人前2100円+アワビの踊り焼き2人前1575円×2・・・も 前日に注文しておいたのでした(^^♪。

BlogPaint

まずは お通し3種・・・からで、どれも ビールや日本酒には とても合う印象で とりあえずは ビール大ジョッキを注文しておきました
”塩辛”・”秋アジ”・・・に 納豆を使った”海鮮水戸あえ”・・・といったものでした( ゚д゚)ホゥ。
どれも美味しかったのですが、特に”塩辛”は ホントに美味しくてフロア係りさんに 「これは 販売してないの?。」・・・・と聞いたのですが、残念なことに販売していない・・・とのことでした(ノД`)。

ホテル

ズワイガニのシャブシャブ・・・、問答無用にポン酢につけて ペロリ・・・と平らげてしまいました。
美味しかったです(*^^)v。

ホテル

別注文した貝類のお刺身・・・・、お酒のつまみには どれもグッ(+´゚∀゚`)=bなもので 慌てて フロアの女性にオススメの冷酒を相談しつつ それも注文(*´・д・)*´。_。)ゥミュ。

ホテル

別注文したアワビの踊り焼き・・・・、鉄板にのせるとグニュグニュと踊りだし、もちろん刺身でも食べられるものなので 程々に焼いたあとは ナイフとフォークを使って食べたのでした。
出来たら バターもあればなお良かったかな・・・のものでしたが、味わい・食感的にも満足のいくものでした(*´・д・)*´。_。)ゥミュ。
サイズ的には やや小ぶりなものでした(;・∀・)。
まっ・・・値段なり・・・といったところです(;^ω^)。

ホテル

サザエ洋風つぼ焼き・・・・、これは強めのニンニク風味のもので これもヲサ~ン好みで美味しかったですね(*^^)v。
江ノ島あたりで 1個500円で食べるシンプルな醤油をかけたものも美味しいですが、こういった調理で食べるのも(゚д゚)ウマ-ですね!。

ホテル

てっきり 煮魚?・・・と思われたものの、揚げられた白身のお魚・・・?、おろしがタレ?の甘さをうまく中和してくれる感じで これも美味しかったです( ゚_¨゚)´_¨`)ふむふむ。
ヲサ~ンは普段は 煮付け系は 敬遠するタイプですからね、揚げ物・・・って点も良かったよう思います

ホテル

和牛肉・・・+自家製味噌ダレ・・・で 最上級・・・のものではないものの、そこらの焼肉店のものよりは案外美味しいかな・・・( ゚_¨゚)´_¨`)ふむふむ・・・のものでした。


ホテル

フォアグラのソテーバニラアイス添え・・・・、ソースは チョコレートソースっぽいものがかけられており、パクッとひと思いに食べ切り、

ホテル

ホテル

磯釜飯・・・・、これは ”あさり”の味わいがとても美味しいもので、こんなに美味しい釜飯は 随分と久しぶりに食べた気がして 量的には一膳半・・・くらいで、とても美味しかったのでヲサ~ンは同行者の分も 半分もらってパクパクしたのでしたウンウン(゚▽゚*(。_。*)。

ホテル

さらには デザート・・・・で

写真は撮り忘れたのですが(。ノω<。)ァチャ-、”新鮮魚介の盛り合わせ”も提供されておりました(;´・ω・)。
こちらも 量的にはタップリで 男性でも特に別注文しなくても 通常のメニューで十分に満足できるかとは思われましたグッ(+´゚∀゚`)=b。

全てのメニューが美味しく頂けるもので、満足度はかなり高いものでした。

食べ終えた食器を下げてもらう時に フロア係の若いオネーサンが誤って 飲みかけの日本酒の入ったコップを倒してしまい、平謝りでしたが 23~4歳くらいかと思われる ヲサ~ン好みの女性だったので 「気にしなくていいよ(´ー+`)キラッっ!。」・・・と 器の大きさを見せておいたのですが、のちにチーフらしき方が 代わりに別の日本酒をサービスで提供してくれたので かえって良かったかも・・・でした(●゚ェ゚))コクコク。満足感たっぷりに食べ終えて 部屋に戻り、コンビニで買っておいたウイスキーやらをガンガン飲んだわけですが、部屋の作り自体は かなり不満の生じる部類ではあるものの、こちらの夕食は 満足度が高くそのあたりは帳消し・・・になった印象でした(。´pq`)クスッ。
通常のビジネスホテルより もしかして劣るかも・・・くらいの勢いでしたね(^Д^)ギャハハ。

翌朝の朝食は バイキング形式の取り立ててどうこう・・・は ないものでした(;´∀`)。
味噌汁は2種類提供され、どちらも当然の魚貝系・・・のもので とても美味しかった・・・ウンウン(゚▽゚*(。_。*)くらいのものです。

そのあたりは 全てのサービス類&部屋に関して・・・・のアンケート用紙が渡されていたので キッチリと書き込み チェックアウト時に渡しておきました(゚д゚)(。_。)。

9時過ぎには ホテルを後にして・・・次の 目的地(適当なのですが・・・。)に向かったわけなのですが・・・・続く・・・多分・・・ですが(;´∀`)?。

お好み度・・・★★★★+(料理に関してのみ)

宿泊先・・・あえて伏せておきますが 調べればバレバレですね(;^ω^)!。

こちらの中の どこかです・・・・それでは またぁ~







きんか本舗@厚木市4

きんか本舗 

この日は 久々に”きんか本舗”を訪問してみました
もちろん 本厚木駅からε~ε~ε~(; T_T) テクテク しています(゜▽゜*)ニパッ♪。

言わずと知れた ”fuyaoさん御用達”のお店で ヲサ~ンは 前回訪問時は”とまとたんめん”を無謀にも”中辛”で注文して撃沈しています(゜▽゜=)ノ彡☆ギャハハ!!。

fuyaoさんのブログを見て 醤油味のたんめん(餡かけ)&タンメン(餡抜き)にとても興味を惹かれたので 食券機の前に立つと ”たんめん新醤油味”750円のボタンを押して カウンター席に着席。
10:20頃の訪問で ちょうど前客さんが食べ終えようとしているところでした(。´゚ェ゚)。´_ _)ゥン。

店主さんに 「お好みは ありますか(゜▽゜*)ニパッ♪。」・・・と聞かれたので 麺は”細麺”・・・辛さは ”辛味抜き”をコール( -_-)フッ。
辛いのが駄目なのは十分以上に自覚していますからね(^-^;。

店主さんのファイヤー鍋調理を楽しみつつ提供されたのが こちら・・・

きんか本舗 

きんか本舗 

大して角度も変わりませんが せっかく2枚撮っているので・・・という理由だけで 2枚続けてのアップですo(`⌒´*)oエッヘン!。

青ネギの彩りも 絵面的にもいい感じですね(゜▽゜*)ニパッ♪。

きんか本舗 

麺の硬さの好みは指定しなかったので ”普通”・・・です。
確かに時間の経過を考えると スープも餡かけタイプの熱々だし若干柔らかくはなっていくものの、終盤でもヘニョヘニョになって収拾がつかずに噛み応えも無くなる・・・ってタイプのものでは無い様で、細麺も予想以上に美味しくいただけました( ゚д゚)ホゥ。

太麺は モッチリタイプだったし、その日の気分で選んでみてよいですねv(・_・) ブイッ。

きんか本舗 

スープ自体は 比較的サラッとした醤油味のスープですが、嫌が上にも 餡かけ調理された野菜類&豚挽肉の旨みが存分に感じられるもので、ヲサ~ン的には”味濃いめ”・・・でもよいかも・・・でした(o゚ω゚))コクコク。

きんか本舗 

きんか本舗 

野菜類は シャキサク感を上手く残しており食感的にも とても良い歯ごたえを残しつつ、豚挽肉の量もかなりタップリ・・・で 丼のそこの方にはタンマリと潜んでおりましたw(゜ー゜;)wワオッ!!。

青ネギのサッパリ感もいい演出ですね(。_。(゚д゚(。_。(゚д゚ )ウンウン。

熱々のスープを ε-(。・д・。)フーε-(。・д・。)フーしながら一口すすった時点で いきなり必殺パンチ(メ`皿´)=◯)`з゚)ビシッを食らった印象で、「あっ・・・ こりゃうまいわw( ̄▽ ̄;)wワオッ!!。」・・・・の感想でした(*・ω・)*_ _))ペコリン。

猫舌なので 食べるのに少々時間が掛かりつつも ハフハフしながら食べ進め、

きんか本舗 

卓上調味量には 多少変更があったみたいで ”焦がしネギ”の代わりに ”食べるラー油”が置かれていましたほぅほぅ(*゚д゚))。
ヲサ~ンは にんにく・食べるラー油をチョビッとに・・・〆に お酢を( 。・・)/⌒□ポイ ・・・としてキッチリと完食(゜▽゜*)ニパッ♪。
いやぁ~とても美味しくいただけましたv(・_・) ブイッ。

ヲサ~ンの場合は やはり辛いのは抜き・・・が ポイントですね(。´pq`)クスッ。
”食べるラー油”は 使用したものの 自分で調整できる分には なんとか・・・です(。´pq`)クスッ。

食べ始めの 旨味のインパクトがかなり強烈・・・に感じられてしまう分、餡かけされた野菜類をある程度食べ進めた中盤~終盤にかけてやや物足りなさが感じられてしまう面も無きにしも非ず・・・なんですが、豚肉の旨味が溶け込んだ優しい味わいのスープを、ジンワリと味わうのもよいし 卓上から食べるラー油・タバスコ等で味変させてもよいし、ライスを注文して 挽肉&スープを( 。・・)/⌒□ポイ ・・・として食べても 勿論美味しくいただけそうですね(*´・д・)*´。_。)ゥミュ。

予想していた以上に 美味しく食べきってしまいました(*- -)(*_ _)ペコリ。
再訪時は ”タンメン”の方も・・・ですね(^▽^)!。

それでは またぁ~

お好み度・・・★★★★+

住所:厚木市元町7-13  営業時間 9:30~19:00
定休日 水曜日






旅・・・①(大洗町編)@茨城県東茨城郡大洗町

大荒

特に 面白くもなんともない記事なのですが、ラーメンネタも枯渇しているし、まぁ・・・アップしておくか・・・( ゚_¨゚)´_¨`)ふむふむ・・・程度のものなので、時間つぶし以外の方はスルーしておくのが良いでしょう(;・∀・)。

常磐線JR石岡駅に到着すると 今回の旅の同行者の車が待っていたわけですが 「やぱし ヲサ~ンが運転するのね。」・・・ってことで 当然 運転はヲサ~ン任せ・・・なのは判っていたものの、このままでは 昼食でビールも飲めないな・・・との不安を抱いていたわけですが、とりあえず出発─=≡Σ((( っ゚∀゚)っ!。

宿泊先だけは 決めてあるものの、それ以外は行き当たりばったり・・・なので とりあえずは 大洗で美味しいお魚でも食べるか・・・(o-∀-)b))そぅそぅ・・・と 茨城県の大洗町を目指してやってきたのでした(゚д゚)(。_。)。

観光も必要だろう・・・と ”大洗マリンタワー”に行ってみたのですが、あまりパッとしない感じで、展望室に行くために大人1名330円×2を払ってエレベーターに搭乗。

2Fにある軽食・喫茶のお店は閉店・・・と なんだかなぁ・・・人も少ないし・・・と思いつつ、3Fの展望室に到着。

大洗

展望室でお出迎えしてくれたのは 大洗町を舞台にした有名アニメ? 「ガールズ&パンツァー」・・・・でお馴染みの方々でした( ゚д゚)ホゥ。
もちろん ヲサ~ンは大人なのでアニメを見たりすることは少ししかないので、内容は全く把握しておりません( ゚_¨゚)´_¨`)ふむふむ(o゚ω゚))コクコク。

展望室から見える景色は たいした景色でもなく、そのへんは割愛して・・・なのですが、仲睦ましいカップルさんに 「写真お願いできますかぁ~。」・・・と声をかけられたので 心良くパチッ・・・と撮ってあげました( ゚∀゚ノノ゙パチパチパチ。
このラブラブな状況はあと2年もつだろうか・・・( `・ω・) ウーム…?、心理学的には ラブラブモードは長くて3年・・・が定説・・・( `・ω・) ウーム…その写真も 直に無かった事にきっとなってしまうのでは・・・・ヲサ~ンの撮ったせっかくの写真が燃やされてしまうのでは・・・Σ(`艸´;)ハッ!!・・・と 不謹慎にも思われたものの、永遠の愛を願うばかりでした

1Fに戻ると 大洗町のいろんなパンフが置かれており 同行者が見所や美味しいお店等の質問を 若いお兄ちゃん職員(バイト?)に聞いたりしていたのですが、全く自分の町を把握していないようで 気だるそうなやる気のなさばかりがヒシヒシと伝わってくる・・・といった惨状でした
こういった仕事をする以上は 最低限の知識は身につけておいて欲しいところですね(゚д゚)(。_。)。

ハコモノは作ったものの・・・・中身は・・・の典型的な例のようで、維持費ばかりが嵩んで 町の財政を圧迫しなければ良いのですが・・・と思われたのでした。

観光スポット的には ★++程度で ワザワザ行く必要は・・・( `・ω・) ウーム…?の印象でした(;^ω^)。

うんじゃぁ 昼食にしましょうか・・・と マリンタワーのそばにある お店を発見していたので、そちらに移動・・・(*´・д・)*´。_。)ゥミュ。

大洗

なんだか外観はパッとしないかな・・・ゥ──σ(・´ω・`;)──ンと思われたものの、海鮮和食のお店”えんやどっと丸”で昼食をとることにしました。

店内に入ると 結構おしゃれな作りで、店員さんも洋食店風味なコスチュームで 些か驚かされました(゚o゚;;!。

大洗

大洗

ヲサ~ンは 刺身特盛定食2940円・・・、同行者は刺身定食2100円を注文。

特盛は お刺身が5品選択が可能・・・、普通の刺身定食は 3品が選択できるとのことです・・・ほぅほぅ(*゚д゚))。

大洗

暫くすると 「特盛になりま~す(^^♪。」・・・と こちらのお皿で提供されたわけですが、ヲサ~ンは最初 あまりのお皿のデカさに5~6人前の刺身が間違って提供されたのでは・・・(;゚д゚)ェ. . . . . . .(。´・д・)エッと思ったのでした。
しかしながら よく見ると量はそれほどではなく ビジュアル重視のもののようです(゚д゚)(。_。)。

大洗

こちらが 刺身特盛定食の全貌・・・なわけですが、お皿の大きさがよくわかるかと思います(。_。(゚д゚(。_。(゚д゚ )ウンウン。

ヲサ~ンの選んだ5品は・・・

大洗

ぶり・・・・。

大洗

赤貝・・・・。

大洗

〆鯖・・・・。


大洗

かつお・・・・は 揚げられたガーリックスライスものせられてきました( ゚д゚)ホゥ。

大洗

ホタテ・・・・。

・・・の5品で、どれも新鮮で美味しいものでした(*´・д・)*´。_。)ゥミュ。

天ぷらも 当然の揚げたてだし、茶碗蒸しもとても美味しくいただけました(*^^)v。
茶碗蒸しには もしや”しいたけ”が入っているのでは・・・とビクビク・・・ガクガク((( ;゚Д゚)))ブルブルしていたのですが、そんなこともなくホッとしたのでした(^_^;)。

普通の刺身定食は お皿の大きさは 特盛よりもかなり小さめ(標準的)なものでした・・・(゚д゚)(。_。)。

醤油は 普通のものと ”たまり醤油”の2種類が提供されています。

ビジュアル的にも 価格的にも大満足で、ボリューム感にも不足はないし、お店の雰囲気も良いし、接客もマズマズ不満のないレベル・・・だったものの、唯一残念だったのが こちら・・・・

大洗

卓上の調味料類が剥き出し・・・というか、せっかくお店も店員さんも料理も センスの良いお洒落な感じなのに 調味料の容器はダサダサで、もう少し調味料類の容器にも気を配って欲しいとこですかね・・・(ノ∀`)アチャー。

これでは 町の大衆食食堂ちっくな雰囲気で 些かセンスも疑われかねない提供の仕方は ちょっと残念賞・・・でした( `・ω・) ウーム…?。

ただ 食材や盛りつけはとても良かったし お好み度的には ★★★★・・・の感じでした。

この日は さらに常磐道高萩インターから・・・の 

花貫渓谷

花貫渓谷

花貫ダム・・・・や、

花貫渓谷

花貫渓谷をドライブしつつ・・・ 駐車場に停めて軽めに歩いてみたのでした( ゚ー゚)( 。_。)。

花貫渓谷

花貫渓谷

花貫渓谷

それなりに自然を堪能しつつ ハイキングコースのメインである 吊り橋に到着すると 橋の向こうには ゆるキャラの ”はぎまろ”くんがお出迎えしてくれたのでした(。´pq`)クスッ。
紅葉感は 今ひとつ・・・ですかね(;´・ω・)?。
どうやら ”はぎまろ”くんは 先日のゴーゴンとの戦いで石にされてしまっているようでした。゚(PД`q。)゚。。”はぎまろ”くんを 元に戻す方法は・・・"o(-_-;*) ウゥム…?と必死になって考えたものの 思いつかなかったので そのままにして 立ち去っておきました・・・・(゜∇゜ ;)エッ!?。

花貫渓谷


花貫渓谷

花貫渓谷

無念の敗北を喫し、石化された”はぎまろ”くん・・・・・・と まぁ・・・こんな感じで日頃の運動不足を解消しつつ、宿泊先である北茨城市磯原町へと向かい ”野口雨情”の生家・・・等を見学したわけですが、このあたりも 東日本大震災の津波の影響で 1.5mほど建物が浸水被害を受けて修復した・・・とかの 係員の女性のお話を伺いつつ この日の宿泊先へ・・・となりました(●゚ェ゚))コクコク。

続く・・・多分ですが・・・(;・∀・)。


えんやどっと丸
住所 茨城県東茨城郡大洗町港中央9ー4 営業時間  平日 11:30~14:30(LO) 17:00~21:00(LO)
土日祝 11:30~21:00(LO)
定休日 水曜日

大洗マリンタワー
住所 茨城県東茨城郡大洗町港中央10 利用時間 基本的には 9:00~で、終了時間が18:00~21:00の間の季節により変動制
休館日 12月28日~12月30日
 











ラーメン竜家@高座郡寒川町5

ラーメン竜家 001

6日(水)訪問分なわけですが、当然゛ラーメン竜家”・・・なわけですね
au one時代からのブロ友さんである ”バス釣り職人”さんも先日訪問してくれたみたいです(*・ω・)*_ _))ペコリン。

この日も ヲサ~ン的スタンダードな注文で、

ラーメン竜家 010

ラーメン竜家 008

ラーメン竜家 007

最早書くこと自体気が引ける ”半ラーメン”550円+”ネギチャーご飯”150円+”キャベチャー”150円に ”薬味ネギ”100円を現金でポィ(o'д')ノ ⌒ ○・・・としつつの 好みは ”硬め・濃いめ・多め”・・・の このところの定番スタイルでの注文でした(*・ω・)ノ。

家系他店での”油多め”・・・コールには若干気が引けるものの、竜家では”油多め”が 結構美味しく頂ける 今日このごろです(*´・д・)*´。_。)ゥミュ。

サクサクモグモグ・・・と食べ進め、

ラーメン竜家 006

卓上調味料からは ニンニク・生姜・粗挽き唐辛子・・・・〆にお酢をポィ(o'д')ノ ⌒ ○・・・として キッチリとすべてを完食(*^^)v。

”ネギチャーご飯”は やぱし旨い( ゚ー゚)( 。_。)・・・の印象で、家系の中でも 竜家のはヲサ~ン的には 一番美味しく頂けるものですね(*^^)v。
シンプルな構成ながらも、これに薬味ネギをさらに増量してスープを ポィ(o'д')ノ ⌒ ○・・・は 最強の組み合わせですね(。_。(゚д゚(。_。(゚д゚ )ウンウン。
下手に 甘めのタレ・・とかを使用しないのも好印象です(*^^)v。

満足感十分に食べ終えたわけですが、マスターとのお話は ヲサ~ンの”旅”は お魚がとても美味しかった( ´∀`)・・・等の話や、大正麺業では 近日中に ”八王子系”のラーメンが 新しくメニューに加わるかも・・・的な話しを聞いたわけですが、マスターが試作品を食べたところ 結構美味しかったようなので ヲサ~ンも発売されたら訪問してみる・・・とかの 話をしたわけですが、後客さんも3名・・・と あんまし駄べっていても迷惑かな・・・(;^ω^)?・・・と 思われたので潔く撤収・・・フリフリ(。´Д`。)ノシ バィバ~ィ・・・となったわけですが、後客さんは キャベチャーをお持ち帰りするみたいで マスターがタッパーにたんまりとキャベチャーを詰めていたのでした(*´・д・)*´。_。)ゥミュ。

最近は お持ち帰りの方もかなり増えたみたいですね(。´pq`)クスッ。

今日も とても美味しく頂けました(*^^)v。

ヲサ~ンの”旅”に関しての記事も 途中までは書いているものの 読み返してみるとあんまし面白くないので・・・(^Д^)ギャハハ、アップするかは検討中です(;・∀・)。

それでは またぁ~
 
お好み度・・・★★★★★

住所 高座郡寒川町一之宮3-5-7 営業時間 11:00~21:00
金曜日は 11:00~15:00迄の営業になっています。
定休日 火曜日


記事検索
最新コメント
プロフィール

ジーザス

livedoor 天気
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ