らーめん・雑記 おいしいので逝っときました

ども…、ジーザスです(;^_^A。 このところは ラーメン以外の食べ物を多く食べたい気がしておりますが、ラーメンも引き続き・・・って感じです。 美味しい魚貝類やその他諸々・・・リーズナブルな価格の物を中心に食べていきたいです(^ー^)ノ。

2014年05月

かね喜@茨城県石岡市3

かね喜 001

いつもの感じで 常磐線石岡駅に着くと 少ない本数のバスで移動して所用を済ませると、そこからは車で移動して・・・・2ヶ月ぶり以上になる ”回転寿司 かね喜”を訪問したのでした

開店5分前の到着でしたが ”営業中”の看板はすでにかかっており 予約客さんがいらっしゃったりもしました( ゚д゚)ホゥ。

カウンター席かボックス席が選べるので、2名にもかかわらずとりあえずはボックス席に案内してもらったのでした(。´゚ェ゚)。´_ _)ゥン。

まだネタはあんまし回っていないので、掟破りの”中トロ”から注文して、さらに”ビール&日本酒(熱燗)”の同時コールも忘れずにしておきました(。´pq`)クスッ。
このあたりは ヲサ~ンたち定番の注文の仕方ですね(^Д^)ギャハハ。
アルコールはヲサ~ンだけが飲むわけですが・・・(゚∀゚ ;)タラー。

かねき 010

かねき 011

ネタ&シャリ自体は やや小さめの感じはするものの、新鮮で(゚д゚)ウマ-ですね
熱燗は 前回と同様に”筑波純米”というのにしてあります(●´∀)bぅんぅん。

このあたりまでは 前回訪問時のコピペでもダィジョ─(b'3`*)─ブ!!ですね!。

序々にネタも回り始め・・・・、

かねき 012

”かに味噌”・・・・・

かねき 013

”赤貝”・・・・・

かねき 015

”あわび”・・・・

かねき 016

”いくら”・・・・

かねき 018

前回注文し忘れた”うに”・・・・なんかをパクパクモグモグと食べ進め、当然飲み物が足りなくなったので ”ビール中ジョッキ”を追加発注・・・・なんですが、面倒だな・・・(-ε-●)、大ジョッキがあればいいのにな・・・・とは思われたのでした(o゚ω゚))コクコク。
居酒屋じゃないですからね・・・・・・(。´pq`)クスッ。

かねき 014

前回訪問時に とても美味しかった”牡蠣のバター焼き?”は今回は無かったので かわりに”ホタテのバター焼き”を注文してみたのですが、”牡蠣”で食べたとき程の美味しさは感じられずに 焼き具合も表面だけ焼かれた感じだったので、もう少しキッチリと焼いて欲しかったかな・・・(;´Д`)?のものでしたε-(o´_`o)ハァ・・。
レモン・バター・玉ネギ・バター醤油の組み合わせはとても美味しくて、ホタテ本体よりもそちらが美味しかったくらいです(笑´∀`)ヶラヶラ。
なんなら本体抜きで そちらの部分だけお安く提供してもらっても構いませんが・・・(^Д^)ギャハハ。
こういったおいしい部分は同行者に根こそぎ持っていかれてしまいました(*゚Д゚) アレ?。

かねき 017

お安いネタでは”ばくだん”と呼ばれるいろんな魚の切り落とし部分を軍艦巻きにしてあるものも、お酒のつまみとしてはΣd=(・ω-`o)グッ♪ですね!。
オクラがチビッと入れられており、ネバネバ感も好印象ですが、好みによりますね

今回は あんまし”ひかりもの”を食べなかったなぁ・・・ゥ──σ(・´ω・`;)──ンと 少しだけ後悔したので 再訪時はそっち系をメインに 日本酒重視で食べてみることにいたしましょう(。_。(゚д゚(。_。(゚д゚ )ウンウン。

さらにお安く上がりそうですしね・・・

基本的には お値段のわりにはとても美味しくいただけましたニコッ♪(〃'▽'〃)!。

かね喜

今回は 約1万円弱・・・でしたが、満足度は高かったです(*´・д・)*´。_。)ゥミュ。

来月の訪問が楽しみです(*・ω・)ノ。

それでは またぁ~

お好み度・・・★★★++

住所 茨城県石岡市東石岡5-3-50 営業時間11:30~22:00
定休日 無休

お店の HPは こちらです(*・ω・)*_ _))ペコリン。

大江戸そば 上野店@東京都台東区2

大江戸そば 

月1恒例の 茨城県石岡市へ行くために、軽めの朝食がてら最早定番になった感もある ”大江戸そば 上野店(9・10番ホーム店)”に寄ってみました

大江戸そば 

今回の期間限定メニューは ”夏目前! 冷やし蕎麦”・・・ってことで、まだまだこの時間帯は 空気の冷たさを感じたのですが 期間限定メニューの中では最高価格を誇る ”カレー風味の油そば”490円を食べてみることにしました(*´・д・)*´。_。)ゥミュ。

店内に入り食券を渡す際には そば・・・をコール・・・・、うどんへの変更も可能です(o-∀-)b))そぅそぅ。

立ち食い系では チョット待たされた感を伴って 提供されたのが こちら・・・でした。

大江戸そば 

大江戸そば 

今ひとつ フレームに収まっていない写真ですね・・・(^Д^)ギャハハ!。
えぇ・・・・、やっつけ仕事で適当感が存分に漂っています・・・クスクス(´゚艸゚`*)クスクス。

「よく混ぜてからお召し上がりください(@^▽^@)ニコッ!。」・・・・とのことでしたが、ビジュアル的に芳しくなさそうなので 混ぜる前のものを・・・・

大江戸そば 

大江戸そば 

具材は チャーシュー・半熟玉子・刻み海苔・ネギ・・・で、これらをグジャグジャと混ぜてから食べたわけですが、「(〟-_・)ン?・・・なんだ・・・?この味わいは・・・・(*゚Д゚) アレ?・・・カレーの味がするじゃんエ━━━(;゚д゚)━━━・・?。」・・・と驚いたわけですが、”カレー風味の油そば”・・・・だったことをスッカリと忘れていたのでした( ≧∀≦)ノブハハッ!!。
気分は 単にそばつゆが丼の下にあるもの・・・・的にを頭の中では処理されていたようでした(゚∀゚ ;)タラー。

チャーは味わいが希薄なタイプで  もう少し濃い目の味わいが( ゚д゚)ホスィ...かな・・・のもので、今ひとつ・・・ですかね(*´・д・)*´。_。)ゥミュ。
半熟玉子は カレーのスパイシーさが乏しいので、玉子でよりマイルドにして食べる必要性も無いみたいだし これまたント・・σ( ・´_`・ )。oO(悩)?的ではありました。
ネギはタップリでΣd=(・ω-`o)グッ♪ですね!。
刻み海苔も 程々の量はのせられており そばとの相性は当然悪くは無いものでした(o゚ω゚))コクコク。

大江戸そば 

順番が前後しますが、麺はキッチリと冷水で〆られたもので 思っていたよりはコシもでており良かったかなぁ・・・の仕上がりではありました( -Д-) ゚Д゚)フムフム。

丼の底の 漬け汁?は 確かにカレー風味のものですが、基本的にスパイシーさが足りないみたいで もう少し”辛さ”・・・って部分は欲しい気もしますが、軽めの刺激程度で 食べやすいものではありますね(o-∀-)b))そぅそぅ。

大江戸そば 

卓上には ゴマ・コショウ・唐辛子が用意されていましたが、特に使用することも無く 食べ切り終了・・・となりました( -д-)ノ。

カレー風味は確かにあるものの、基本的には ”たまご混ぜそば”・・・・って感じのものですかね
一度食べれば もういいかな・・・って食べ物ではありました(。´pq`)クスッ。
スパイシーさが弱い上に 玉子の甘みがさらにスパイシーさをマスキングしてしまいますからね・・・エト・・(´・ω・)y-~?。
食後しばらくしてからのほうが 口内にピリ辛さを感じることが出来るものでした・・・ほぅほぅ(*゚д゚))。

食べられないほど不味くは無いけど 特別美味くも無い・・・・といった微妙な感想です(゚∀゚ ;)タラー。
お腹に入れるだけなら問題は無いと思いますが・・・・(。´゚ェ゚)。´_ _)ゥン。

ほぼ ワンコインで提供されるものとしては 物足りないものですかね・・・( -д-)ノ。

あったかい蕎麦にすれば良かった・・・(ノ∀`)アチャーと 少しだけ後悔してみたのでしたぅん((´д`*)ぅん。

それでは またぁ~

お好み度・・・★★+

住所 東京都台東区上野7-1-1 JR上野駅改札内 9・10番ホーム上 営業時間 平日 6:00~22:00 土日祝 6:00~21:30
定休日 無休

※ お店のHPは こちらです(*・ω・)*_ _))ペコリン。

味奈登庵 大船店@鎌倉市3

味菜登庵 003

”一品香”を出た後は ためらいも無く ”味奈登庵 大船店”へ・・・と 10秒ほどで移動したわけですが、場所的には ヤマダ電機の1Fにあります

味菜登庵 004

基本的なメニューは こんな感じで・・・・、

味菜登庵 008
一部のメニューをアップで撮ったりもしています((´∀`*))ヶラヶラ。

味菜登庵 007

味菜登庵 005

”富士山盛り”・・・のメニューもしっかりと用意されておりました(*´・д・)*´。_。)ゥミュ。
これで 500円はかなりお特感がありますね・・・・ぅん((´д`*)ぅん。

味菜登庵 022

”甘味”もあるんですね・・・ホゥホゥ(o-∀-))。

味菜登庵 021

システムは 前払い制で番号札を渡されて お呼ばれして受け取りに行くセルフサービスでした( -Д-) ゚Д゚)フムフム。
初訪問のお客さんは いきなり席に着席して店員さんから 「前払い制です・・・(-ε-●)。」・・・と、ぶっきらぼうに言われて、「なんだ( ゚Д゚)ゴルァ!!。」・・・的に不快感を露骨に表明している方もいらっしゃいましたo(`・д・´)o ウン!!。
このあたりはヲサ~ン的には 店員さんの言い方にも問題があったかな・・・ゥ──σ(・´ω・`;)──ン?とは思われるやりとりでした。

味菜登庵 019

ヲサ~ンは ”春の新メニュー”・・・から ”二種桜海老のかき揚げつけ天”550円”+”とろろ”150円・・・を」注文していたのでした( ̄ー ̄)ニヤリ。

カウンター席に陣取ったわけですが、提供を待っている間に店内の席は満席・・・となり ε-(o´_`o)ハァ・・これだと食べ辛いな・・・・の風味が存分に漂い始め、これだから混む店は嫌なんだよね・・・( -д-)ノ・・・と 我がまま三昧の感想を持ったりもしたのでした

10数分ほど待って提供されたのが こちら・・・・

味菜登庵 024

味菜登庵 026

蕎麦は 結構細めのものかな・・・ント・・σ( ・´_`・ )。oO(悩)?の印象のものでしたが、特にとりわけ美味しい・・・とか 美味しくない・・・とかの感想は無くて 無難に食べられるものでした(o゚ω゚))コクコク。
ボリューム的には 結構あるようで300g以上はあるようには思えるものでした(。_。(゚д゚(。_。(゚д゚ )ウンウン。

つゆは 濃い口の関東人向けのもので、ヲサ~ンはタップリと蕎麦をつゆに浸して食べる お下品なタイプの人間なので、特に”とろろ”を入れてしまうと 明らかに足りなくなるかな・・・(。-`ω´-)ンー?のものではありました

味菜登庵 025

”かき揚げ”・・・は 生桜海老と干し桜海老が使われた”かき揚げ”・・・とのことで 揚げ立ての熱々のものが提供されたのでしたΣd=(・ω-`o)グッ♪。
これは とても美味しくいただけるもので、卓上に”塩”もあれば尚良かったのですが・・・・(゚∀゚ ;)タラー、

味菜登庵 018

卓上には 唐辛子とわさび・・・だけでした( ´Д⊂エーン。

”つゆ”には まずは”わさび”に・・・・、ついでに”唐辛子”もポィ(o'д')ノ ⌒ ○・・・としておきました。

かき揚げも食べやすいように分割して、順次”つゆ”に浸して食べ進め つゆがもうちょっと( ゚д゚)ホスィ...な・・・と思いつつも キッチリと食べ切ったのでした(*゚∀゚)*。_。)*゚∀゚)*。_。)ウンウン。

”蕎麦湯”は 提供口にポットで置かれておりましたが、この”つゆ”の量だと出番は全くなく終わったのでした・・・(;´・ω・)。

しかしながら、かき揚げのクオリティーも高いし、蕎麦のボリュームもあるし・・・・で、そこらの”立ち食い蕎麦屋”よりは数段上かな・・・(●´∀)bぅんぅん・・・の印象を持ちましたニコッ♪(〃'▽'〃)!。
コスパに優れていると思うし、これなら 混むわけですね・・・・(o-∀-)b))そぅそぅ。

十分以上に美味しく頂けたわけですが、”富士山盛り”・・・は 間違いなく飽きが来そうですね・・・(^Д^)ギャハハ!。

また寄らせていただきましょう・・・(。´pq`)クスッ。

それでは またぁ~

お好み度・・・★★★++

住所 横浜市栄区笠間2-2-1 営業時間 11:00~22:30(LO21:45)
定休日 無休

お店のHPは こちらです(*・ω・)*_ _))ペコリン。

横濱一品香 FC大船店@鎌倉市3

一品香 

またしても JR大船駅で下車して ”横濱一品香 FC大船店”を訪問してみました

なんだか”餡かけ系”のラーメンが食べたいな・・・との理由だけでした
基本的には”タンメン”・・・がイチオシのお店のようなのですが、あまり興味も無く今日まで未訪だったわけです(;´▽`A``。

一品香 

”おすすめ「得」ランチ”・・・のメニューもありましたが、そんなものには目もくれずに注文したのが こちら・・・・ですヽ( ´ー)ノ フッ。

一品香 
一品香 

”五目うまにそば”830円?・・・なわけですが、価格については一抹の不安があり 多少違っていたらごめんなさいペコリ(o_ _)o))です。

パッと見の印象は 具材も豊富な感じで彩りも良いし( ̄▽ ̄)b グッ!な印象ですね(゜-゜*)(。。*)ウンウン。

一品香 

麺は自家製(自社製?)らしい 平打ちストレートタイプの物で、やはり中華麺らしく・・・( ̄△ ̄;)エッ・・?ややコシには欠けるか・・・o( ̄ー ̄;)ゞううむのものではありました。
しかしながら、当然麺には然程の期待もしていなかったので まぁ・・・こんなものかな・・・ウ・・ ウン(・_・;)的な感じで食べることが出来ました。

一品香 味菜登庵 015

スープは豚骨・鶏ガラベースのようで、餡を混ぜずにそのまま飲んでみた時は 醤油感・ダシの旨み・・・共にやや弱いかな・・・とは思われたものの、味付けされた餡を混ぜてからの方が断然に美味しく感じられるものでした( ̄。 ̄)ホーーォ。。
醤油もエッヂのある・・・ってタイプではないのですが、まろやかな風味を感じさせられるもので・・・って 単に薄い・・・とも言われそうな気もしますねヾ(≧▽≦)ノギャハハ☆。
しかしながら 醤油の味わいが希薄・・・ってことはありませんでした
スープ全体からは 程よい甘みが感じられる点も良かったと思うし、結構美味しくいただけました(゜▽゜*)ニパッ♪。

一品香 

一品香 

具材は 豚肉・パプリカ・イカ・青菜・マッシュルーム・キクラゲ・小エビ・ネギ・にんじん・白菜等・・・で かなりの具沢山ですw( ̄△ ̄;)wおおっ!。
豚肉は量的にもタップリで 味わい的にもシッカリと感じさせてくれるもので美味しい物でした(⌒^⌒)b うん。
小エビはプリプリっとしたもので食感も良いし、イカも噛み切るのに苦労するような物でもなく( ̄▽ ̄)b グッ!なものでしたv(・_・) ブイッ。

”餡”のトロミは比較的強めのものですが、全体的に満遍なく混ざる感じでベースのスープとのバランスもとても良いですね・・・(゜ー゜)(。_。)ウンウン。

一品香 

卓上調味料は ラー油・コショウ・醤油・お酢・・・・で、コショウを少々に 〆にお酢を( 。・・)/⌒□ポイ ・・・の定番パターンでキッチリと無理なく美味しく食べきることが出来ました

特に これだ・・・っいう点は無いのですが(; ̄ー ̄川 アセアセ、万人向けの王道をいく”餡かけもの”・・・で、食材の質も高級・・・と言うことではないのですが、きちんとした物で提供されていると思われたし これは是非”タンメン”も食べてみたくなりました( ゜ー゜)( 。_。)ウン♪。
ちょっと麺がね・・・(;´▽`A``・・・ってとこはありますが

なんだかチェーン店とのことで あんまし期待していなかったのですが、期待を上回って美味しくいただけました(゜▽゜*)ニパッ♪。

今回のブログは結構淡白にまとめられたと思うのですが、実は久しぶりに 無駄な文章タップリに書いたものがちょっとしたミスで飛んでしまう・・・・(/・_・\)アチャ-・・という大惨事に見舞われたので、ガックリと肩を落としつつ 再度書いてみたのでした(⌒▽⌒)アハハ!・・・・・( p_q)エ-ン。

無駄な文章を書かないと ブログのアップも効率的に出来るな・・・・( ̄∧ ̄)(_ _)フムフム・・・と気づかされたのでした。

それでは またぁ~

お好み度・・・★★★+

住所 横浜市栄区笠間2-2-1  営業時間 11:00~21:00(LO20:45)
定休日 木曜日                                   


お店のHPはこちらです(o*。_。)oペコッ。


麺屋 万年青(おもと)@綾瀬市5

麺屋 万年青 002

この日は程よく仕事も手間隙がかかったので、久々に  麺屋 万年青”を17:00過ぎあたりに訪問してみたのでした
今回のブログも 訪問順序は度外視で先行してのアップです(*・ω・)*_ _))ペコリン。

麺屋 万年青 001

駐車場は きれいに整地されて⑧~⑪番の4台分のスペースが横並びで用意されるようになっていました(・0・。) ほほーっ。
あとは お店の前の2台分?・・・でしたかね(;´▽`A``?。

いつものように 「(^-^*)/コンチャ! 。」・・・・と お店に入ると既に 前客さん1名でしたw( ̄△ ̄;)wおおっ!。

麺屋 万年青 005

食券機はお店の入り口左側にあり、今回は 期間限定の”冷やしゴマつけ麺”850円+”とりマヨごはん”160円を注文しておきました(*゜.゜)(*。。)ウンウン。
先日 ”ユタカマン1号さん”が先行して食べていたりもします(;´▽`A``。

麺屋 万年青 004

基本的なメニューは こんな感じだったり・・・・・

麺屋 万年青 003

ランチセットや 各種セットメニュー・・・・、(゜O゜;アッ!・・・・夜の部でもシッカリとセットメニューがあります( ゜ー゜)( 。_。)ウン♪。

”冷やしゴマつけ麺”は 提供まで10分ほどかかるとの貼紙もされていました・・・・が、安田店主とそれなりに近況報告風味なお話をしていたので それほど時間はかかった気もせずに提供されたのが こちら・・・・でした。

麺屋 万年青 008

麺屋 万年青 010

麺屋 万年青 009

麺量も結構ありそうだし、つけダレもビジュアル的にも”ラー油”?の色合いがアクセントになっていて いい感じ( ̄▽ ̄)b グッ!ですね。

麺屋 万年青 015

麺は・・・・ピンボケなのはいつものことですが(/・_・\)アチャ-・・、キッチリと冷水で〆られたストレートタイプの太麺で、食感的にはかなりのコシを感じさせてくれるもので、噛む楽しさ(美味しさ?)・・・ってのを与えてくれるものでした(゜-゜*)(。。*)ウンウン。

麺屋 万年青 012

つけダレは”夏向きの冷製つけダレ”・・・とのことで、安田店主いわく 「結構体が冷えますよ(´m`)クスクス!。」・・・とのことでした。
冷やし中華のゴマダレをイメージして作られたそうで、ベースのダシは主に”昆布”や”魚介(かつお等)”だそうです(・_・D フムフム。
ピリ辛風味は軽めのもので、ヲサ~ンでも十分に楽しめるものでしたv(・_・) ブイッ。
もっとも 卓上にはラー油もあるので物足りなければ それらを使用して・・・ってところですね。

麺屋 万年青 018


つけダレの中には 味付濃いめの”挽肉”が どりゃ・・・ポィ(o'д')ノ ⌒ ○っと隠されており、ゴマペーストの坦々麺チックなスープにタップリと浸ったこれはとても美味しいものでした
ご飯にのっけて食べても当然美味しいものですね!。
”青ネギ”も食感はもちろんのこと 彩りも良いし、ヲサ~ンはさらにネギ増量して欲しかったところは いつもと同じです(゜▽゜=)ノ彡☆ギャハハ!!。

麺屋 万年青 013

麺屋 万年青 014

麺皿の方の具材は ”細切りされたきゅうり”に ”鶏もも肉の冷しゃぶ風に食べて欲しいもの”がスタンバイされており、これは当然 ゴマダレベースのつけダレに合わないはずも無く、厚み的にはそれほどないものの 程よい噛み応えがあるもので これもかなり美味しくいただけましたw( ̄o ̄)w オオー!。

麺屋 万年青 016

試作の”冷製和風ダレ”も提供して頂けたのですが、こちらはよりサッパリといただけるし、鶏もも肉自体の旨みは こちらの方がより生かされてくるかな・・・?と感じさせてくれるものですね・・・・って、このあたりは好みもあるし 要はどちらでも美味しくいただけます・・・ってことです( * ^)oo(^ *) クスクス。
こちらも”冷製”・・・ってところがポイントですね(゜▽゜*)ニパッ♪。
麺もつけて食べてみましたが、若干このままだとショッパイかも・・・(・へ・;;)うーむ・・・・?って気もしましたが 強いて言えば・・・ってところで、基本的には問題ないです(⌒^⌒)b うん。

”半熟味玉”も品の良い甘さがあるもので美味しかったですv(・_・) ブイッ。

麺屋 万年青 011

”とりマヨご飯”は ”つけ麺”がとても美味しかったので、”つけ麺”を食べきってから食べることになってしまったわけですが(; ̄ー ̄A アセアセ・・・、ツナ風味な鶏とマヨをかき混ぜて 一挙にパクパクと平らげてしまいました(゜ー゜)(。_。)ウンウン。

麺屋 万年青 001

”冷やしゴマつけ麺”はヲサ~ン的には とても美味しくいただけて、卓上の調味料も使うことを忘れてしまっており 今回は 信じられないことに”ニンニク”すら未投入で( ̄△ ̄;)エッ・・?エッ? (;゜⊿゜)ノ マジ?・・・・キッチリと食べきっていたのでした(ノ゜⊿゜)ノびっくり!!。

最後には 安田店主から 「体も冷えたでしょうから こちらをどうぞ・・・(*゜▽゜)ノ。」・・・・と、提供されたのが・・・・

麺屋 万年青 019

なんでも名古屋コーチンのみでダシをとったスープだそうで、こちらは温かいスープです

鶏臭さも殆ど感じられず、スッキリとした飲み口で なおかつ旨みとコクも存分に味わえる優れもののスープでしたw(゜ー゜;)wワオッ!!。
ただ安田店主によると 「今回はたまたまお安く手に入ったので 試しに作ってみたけど、やぱしコストがかかりすぎるので提供は無理かなぁ~(´ヘ`;) う~ん・・・?。」とのことでした。
そのあたりは 割り切って、若干お高い期間限定ラーメン・・・として提供しても良いかもしれないですね(*゜▽゜)ノ。

普段は あんまし坦々麺風味なものや”つけ麺”・・・ってものにはそれほどには興味を惹かれないヲサ~ンですが、今回の”冷やしゴマつけ麺”は ヲサ~ン的にはかなり美味しくいただけるものでした(*゜.゜)(*。。)(*゜.゜)(*。。)ウンウン。

もっと気温の高くなったときに その真価が発揮されそうですね(゜▽゜*)ニパッ♪。
ジャージャー麺とかもやるみたいですよ!。

とても美味しくいただけましたペコリ(o_ _)o))。

麺屋 万年青 007

ボクシングの ”井上尚弥”選手のサインもありました・・・w(゜ー゜;)wワオッ!!。

相変わらず 何を食べても美味しいな・・・のお店ですね
もっと訪問頻度を増やしたいところなんですが・・・ント・・σ( ・´_`・ )。oO(悩)?。

それでは またぁ~

お好み度・・・★★★★★

住所 綾瀬市小園1030-2 営業時間 11:00~15:00 17:00~21:30
定休日  月曜

※ 駐車場は 店舗前に2台 店舗横の貸駐車場の8番~11番の 計6台分あります。




泉州(せんしゅう)@茅ヶ崎市2


泉州 021

”ラーメン泉州”を訪問してみたのでした

茅ヶ崎市柳島にある”中国家庭料理 泉州”の2号店・・・というか ラーメンに特化したお店・・・とのことですが、ヲサ~ンが訪問すると何故か営業していなかったり(・・∂) アレ?・・・で、訪問が延び延びになっていたりもしました
お昼前の訪問でしたが、前後ともに他にお客さんはなし・・・のちょっと寂しい感じですかね(;´▽`A``。

泉州 012

食券制で ”野菜たっぷりみそラーメン”を食べようと思っていたものの、”ニンニク”の文字に心を奪われ 暫し迷ったと”あさりタンメン(ニンニクと唐辛子入り)”750円を注文しておきましたv(・_・) ブイッ。
厨房には大陸系の女性の方だけで、この方が調理もするようですね(・0・。) ほほーっ?。

泉州 014

提供を待っている間に店内を観察すると 新聞・雑誌が置かれていましたが、雑誌は”女性自身”と”女性セブン”・・・の2種類のみで、女性客がメインであることを窺わせますね・・・チャウ(・_・ 三・_・)チャウ!。

泉州 015

泉州 016

10分はかからない程度で提供されたのが こちらのもので・・・、

泉州 019

麺は細めの縮れが入った物で、一般的な中華麺よりはコシも感じられるもので 比較的終盤近くになってもヤワヤワ感は然程気になるタイプではなかったような気はするものでしたウ・・ ウン(・_・;)。

泉州 017

スープは透明感のあるダシの旨みが殆ど感じられないスッキリとしたスープで・・・・って( ̄△ ̄;)エッ・・?・・・(゜▽゜=)ノ彡☆ギャハハ!!、多分・・・”鶏ガラ”・・・で いいのかなぁ・・・(´ヘ`;) う~ん・・・?とちょっと自信が持てなくなるくらいのものなのですが、”塩”のエッヂ感は結構強烈に感じられて 簡単に言うとかなり”しょっぱい”ですね(T▽T)アハハ!。
仄かに”あさり”の味わいと”青菜”の青臭さ・・・的な風味は感じられるものでしたウ・・ ウン(・_・;)。
”ニンニク”の風味は それなりに・・・・って感じでした( ´△`)アァ-。
”タンメン”・・・なので もう少し素材類の旨みがスープに溶け込んでいても・・・なんですが・・・(-ω-;)ウーン?。
唐辛子は赤い断片が入ってはくるものの、時折ピリ辛風味を楽しませてくれる程度で、それほどの影響力はないですね・・・(゜ー゜)(。_。)ウンウン。

泉州 020

泉州 018

具材は メインの”あさり”に・・・、”もやし”・”きくらげ”・”青菜(+茎)”マッシュルーム”・”ネギ”・・・等で、あさりは10個ほど入っており これはそこそこ美味しかったのですが 1個だけ砂が吐き出されていないものが混ざっており お口の中でジャリッ・・・としてしまいましたo(;△;)o エーン。
ヲサ~ンは とても打たれ弱いナイーブな性格なので これで一挙に興醒めしてしまったのでした( ´△`)アァ-。

青菜の茎の部分の味わいが かなり強烈で、スープにこの風味が存分に移ってくるので印象的には”茎ラーメン”・・・って感じもしますね(。・m・)クスクス。
ネギは細かめに刻まれたものと お鍋に入れるときみたいな斜めにカットされたものとが入っておりました(⌒^⌒)b うん。

泉州 013

卓上調味料は コショウ・醤油・ラー油・お酢・・・で、お酢を( 。・・)/⌒□ポイ ・・・っとしたものの スープがあまりにもヨワッチィ印象なので 特にダシの旨みが引き立つことも無く 麺&具材は食べきったもののスープは半分残しで終了・・・となりましたペコリ(o_ _)o))。

(´ヘ`;) う~ん・・・?・・・・、これはどうなのかなぁ・・・って感じのラーメンで 酔った勢いで食べる分にはともかく、昼営業はきついのでは・・・って気もします(; ̄ー ̄A アセアセ・・・。
お得なセットメニューなんかも 特に用意されていないようでしたし・・・(・へ・;;)うーむ・・・・?。
この日は たまたま他にお客さんがいなかったので なおさらそう感じてしまったのかもしれませんが・・・
もっとも 他のメニューを食べていないのでなんとも・・・なんですが、ベースのスープが同様だとすると ちょっと苦戦は免れない印象も・・・ってところですかね(;´▽`A``?。

もうちょっと・・・って言うか、かなりスープには塩味以外の部分が欲しい感じですウ・・ ウン(・_・;)。
飲んだ後には 意外と美味しいのかも・・・って気はしないではないですが・・・

食べ終えると女性店員さんが きっちりとお見送りしてくれた点は好印象でした☆^∇゜) ニパッ!!。

基本的には スープをもっと改良して、このメニューが”売り”・・・ってのを作ったほうが良い気もしました( ̄∧ ̄)(_ _)フムフム・・・。

このままでは 少なくとも昼営業する意味は・・・・ヽ(~~~ )ノ ハテ?・・・などは余計なお世話ですねペコリ(o_ _)o))。

泉州 011


それでは またぁ~

お好み度・・・★★

住所 茅ヶ崎市共恵1-5-1 営業時間 11:00~14:00 21:00~翌3:00
定休日 日曜・祭日(場合により火曜日休みもあり)





ラーメン竜家@高座郡寒川町5

ラーメン竜家 009

仕事でΣ(=Д=ノ)ノヒィィッ!!ヒィー(>ω<ノ)ノ・・・・言いながらも なんとか17:00頃には ”ラーメン竜家”に到着したのでした

(o-∀-)b))そぅそぅ・・・早速の駄目押しの連絡事項からですが・・・・、

ラーメン竜家

明日24日(土)~29日(木)まで 連休となっていますのでご注意を・・・ってところです(*´・д・)*´。_。)ゥミュ。

ラーメン竜家 004

一応、券売機の写真を撮り直してみたのですが、再度とり直しが必要ですね・・・(^Д^)ギャハハ!。

ラーメン竜家 007

ラーメン竜家 003

ラーメン竜家 001

今回はヲサ~ンの定番チックに ”半ラーメン”580円+”ネギチャーご飯”150円+”キャべチャー”100円+”薬味ネギ増し”100円=930円・・・と コンパクトにまとめておきました( -Д-) ゚Д゚)フムフム。
好みは特に言いませんが、無言の了解事項・・・ということで、”硬め・濃いめ・多め”・・・、ヲサ~ンの竜家での定番スタイルでのものですね

さて・・・・今日も美味しく頂けました(*・ω・)*_ _))ペコリン。・・・って、あまりにも手抜きが目立つ気もしますが 近いうちにキッチリとしたものを久々にアップしてみるか・・・・(o゚ω゚))コクコクと 鋭意検討中です・・・(;^ω^)。

やはり平日にブログを書くのは無理(ヾノ・∀・`)ムリムリ・・・があるか・・・と、最近は生意気にちょっと仕事が忙しくなってきいるので弛んでいるようです(。ノω<。)ァチャ-。

ラーメン竜家 002

いつものように にんにく・生姜・粗引き唐辛子・お酢をポィ(o'д')ノ ⌒ ○・・・っとしたわけですが、粗引き唐辛子は やや多めに投入して 辛さを楽しむ大人の余裕もみせておきましたゴホゴホ(( +д+))o=3=3。
ちょっと 辛さにむせたみたいでした・・・・

当然ながら キッチリと完食したわけですが、食後のマスターとのお話は ”麺の月”の脇店主は インテリさんなんだね・・・ホゥホゥ(o-∀-))( ゚д゚)ホゥとか、”麺屋 万年青”でも 新しい期間限定メニューが出ているみたい・・・等の話題が出たわけですが マスター自身は ”来来亭”を訪問してみたとの事でした(。´pq`)クスッ。
ほんとは ”いっぱち”に行きたかったようなのですが 営業時間に間に合わなかったみたいです(^Д^)ギャハハ。

ヲサ~ンも ”いっぱち”にはご無沙汰なので 近日中に訪問してみましょう(。´゚ェ゚)。´_ _)ゥン。

そんなこんなで撤収フリフリ(。´Д`。)ノシ バィバ~ィ・・・となったわけですが、相変わらず満足度は高く美味しくいただけました(o´・∀・`o)ニコッ♪。

それでは またぁ~

お好み度・・・★★★★★

住所 高座郡寒川町一之宮3-5-7 営業時間 11:00~21:00
金曜日は 11:00~15:00迄の営業になっています。
定休日 日曜日


極味家@茅ヶ崎市3

極み家

この日は JR相模線寒川~JR茅ヶ崎駅まで行くと・・・・なんと゚+。(ノ`・Д・)ノオォオォ。+゚、人身事故のため 東海道線は運行見合わせの状況で予定を変更して、素直に茅ヶ崎で下車して ”ら~麺 極味家”を再訪することにしてみました

極味家 

(〟-_・)ン?・・・・、なんでも 第3土曜日は ら~めんがお安くなるらしい・・・( ゚д゚)ホゥ・・・ラッキー・・・って感じでの訪問でした。

極味家 

11:00ちょっと過ぎに店内に入ると すでに前客さん1名・・・で、写真を撮っていたりしたのでブロガーさんなのかな・・・?とも思われる人でした(*´・д・)*´。_。)ゥミュ。

券売機上段右側の”550円”のボタンと ”青ネギ”150円のボタンを押して 店員さんには ”豚骨”・・・塩か醤油が選べる・・・とのことで”醤油”をコールしたのでしたウンウン(゚▽゚*(。_。*)。

極味家 

極味家 

パッと見の印象はやはりボリューム感はないな・・・(;^ω^)?って感じのものですが、丼自体は比較的円錐形チックな形状のもので、ソコソコのスープ量は確保できているようでした(o゚ω゚))コクコク。

極味家 

麺は かじや製麺の太麺で ほぼストレートタイプ・・・・で コシもシッカリと感じられるし特に不満は・・・のものですね(o゚ω゚))コクコク。

極味家

スープは濃厚感のある”豚骨醤油”・・・で、特徴的なのは”油”・・・のようで・・・ほぅほぅ(*゚д゚))・・・、マッタリとした粘性がそれなりにあるタイプで このラーメンの特徴づけは この油でなされている感じのものでした(*´・д・)*´。_。)ゥミュ。
醤油感は程々で、マイルドな味わいのタイプですが 基本的には美味しくいただけるものでした

極味家 

極味家 

具材は チャーシュー・メンマ・海苔2枚・薬味ネギ・・・に トッピングした”青ネギ”・・・で、チャーはロースタイプのかなり大判のもので(*'∀'人)ワォ☆、しっとりとしたなめらかな食感と味わいを感じさせてくれるもので、グッ(+´゚∀゚`)=bな部類のものでした

メンマはピンボケですが・・・(゚∀゚ ;)タラー、まぁ・・・普通に美味しくいただけるものですね。
海苔はパリッとタイプで ヘナチョコでない点は好印象で、これならライスをくるんで食べても全然OKです(*・ω・)ノ。
トッピングした”青ネギ”はスープを存分に吸収して とても美味しく頂けるものだし、麺との絡みも抜群で美味しかったです(。_。(゚д゚(。_。(゚д゚ )ウンウン。

極味家 

ヲサ~ン的には とても残念なのが卓上調味料類で、前回から変更は無く コショウ・醤油・ラー油・お酢・・・といったところですが、やはり”にんにく”は( ゚д゚)ホスィ...し、豆板醤か粗引き唐辛子は 是非とも・・・な感じは受けますかね(。-`ω´-)ンー?。

中盤以降・・・どうしても味変的な要素が欲しくなるかな・・・って気がするのですが、このあたりはヲサ~ンが”家系”フリークだったりもするので 仕方の無いところかもしれませんね・・・( *´艸`)クスクス!。
ヲサ~ン的には 中盤以降のスープの味わいにやや物足りなさを感じてしまったのですが、それでもキッチリと汁完させるだけの力は持っているスープではありました(●'ェ'))コクコク。

極味家 らーめんぼん 002

平日なら ”小ライス無料”・・・とのことなので、ソコソコの満足感は得られるかとは思われました(*´・д・)*´。_。)ゥミュ。

ヲサ~ン的には 前回食べた”鶏ガラ醤油”よりも、やはり”豚骨”の方が 好みかな・・・(o-∀-)b))そぅそぅ・・・って感じでしたが、”塩系”も一応抑えておきたいところです(●´∀)bぅんぅん。

月に1回のサービスデーはお安いものの、通常営業日の価格だと 内容的にはややお高め・・・(´ェ`)ン-・・?の印象はどうしても・・・ってところではありますが、美味しい部類のラーメン店ではありますね( -Д-) ゚Д゚)フムフム。

再訪時は ”塩・・・も食べてみることにいたしましょう(o´・∀・`o)ニコッ♪。

それでは またぁ~

極味家 


お好み度・・・★★★+

住所 茅ヶ崎市幸町2-10 営業時間 11:00~15:00(LO14:30) 17:00~翌1:00(LO 0:30)
定休日 不定休



壱六家 大船店@鎌倉市2

壱六家 018

"石狩亭”を出ると ”ネギ”のたくさんのったラーメンが食べたかったので すぐそばの、”浜風”を訪問してみたのですが・・・なんとオォォー!!w(゚ロ゚)w・・・・!。

浜風

リニューアル休業・・・ってことで、「あぁ・・・そぅ・・・・・・・・・・( ̄  ̄) しらぁ~。」・・・と うしじまくんチックに あっさりと”壱六家 大船店”に矛先を向けたのでした(*´・д・)*´。_。)ゥミュ。
以前は 同系列が至近距離に3店舗あったのですが 現在はこちらの店舗だけになってしまいました
前回訪問時は こちらを食べていたりします(*・ω・)*_ _))ペコリン。

まぁ・・・、あんまし興味が無いお店・・・というか 壱六家の中でも独自路線の味わい・・・というか、ブレが大きい・・・というかのお店で ヲサ~ンが”壱系”に飽きてるという理由もあって 大船に来てもそれほどには訪問しないお店ですね(o-∀-)b))そぅそぅ。
”大原家”が営業していれば そちらに行ってしまいますからね

先客は4~5名・・・といったところで、後客は3名ほど・・・でした。

壱六家 019

食券制で 外の看板に掲示されていた他店では平日にしか提供されていないメニューを注文しよう・・・と思ったものの、食券機には そのメニューの押しボタンは無いし・・・ゥ──σ(・´ω・`;)──ン・・・ってことで、素直に”醤油ラーメン”680円を注文しておきました。
好みは ”硬め”・”濃いめ”・・・ですね(o゚ω゚))コクコク。

壱六家 023

壱六家 022

カウンター席正面には こんな感じの定番チックなものが掲示されておりました( -Д-) ゚Д゚)フムフム。

待たされた感もなく 提供されたのが こちらのラーメン・・・で、

壱六家 024

なんだか ”鶉の玉子”さえなければ、パッと見は六角家とか本牧家・・・近藤家の家系ラーメンと見間違えてしまいそうな色合いですね(。´pq`)クスッ。
丼が青色・・・ってこともありますが・・・(;^ω^)。

壱六家 028

麺は こちらでは定番の”長田屋製麺”のもので、平打ち度の高い中太麺・・・・、硬めコールのとおりに 程よい硬さで提供されました

壱六家 026

スープは豚骨100%・・・とのことですが、ややこの時間帯は濃度にかける印象で、”濃い目”指定した”醤油ダレ”ばかりが かなり強力にしょっぱさを演出していました(。ノω<。)ァチャ-。
ほんのつい最近までは ”壱系”・・・は”醤油感”に欠けたスープ・・・ってのが ヲサ~ン的には定評だったわけですが、このところは そのあたりもシッカリと改善されてきており、醤油感に不足はなくなってきているようですね・・・ほぅほぅ(*゚д゚))。

しかしながら 今回のスープは豚骨のダシ感が ”壱系”にしてはかなり弱めのもので、醤油ダレを受け止め切れておらず、醤油感は十分に伴いながらも ”しょっぱい”だけ・・・・といった感じのものでした( -д-)ノ。
これでは おそらくは好み”普通”・・・で注文していてもきつかったのでは・・・と思わされるものではありましたント・・σ( ・´_`・ )。oO(悩)。

壱六家 027

壱六家 029

具材は チャーシュー・ほうれん草・海苔・・・に こちらの系統定番の”鶉の玉子”・・・で、チャーはやはりいつもの感じの 豚バラチャー・・・で、脂のくどさは然程には感じられるものでもなく ソコソコ美味しくは頂けるものでした(。´゚ェ゚)。´_ _)ゥン。
海苔は 不満の無いレベルのもので、ほうれん草も量的には 一般的な量も盛られており 質的にもそんなに悪くは無かった印象ではありました(o゚ω゚))コクコク。
”鶉”・・・は パクッと食べてしまって印象に残ってません・・・( *´艸`)クスクス。

壱六家 020

壱六家 021

卓上調味料は 壱六家定番の”ワールドソース”を始めとして、おろしにんにく・揚げニンニク・刻み生姜・ゴマ・豆板醤等がキッチリと用意されており、当然 手始めに”おろしニンニク”からポィ(o'д')ノ ⌒ ○・・・としたわけですが、さらに”生姜”も投入したものの、スープがしょっぱ過ぎて こりゃスープの完飲は無理だな・・・(ノ∀`)アチャーと思いつつも、揚げニンニクを入れてみると これはスープにタップリと浸ると美味しいですね(*・ω・)ノ。

何とか”お酢”で・・・と 一縷の望みを託してポィ(o'д')ノ ⌒ ○・・・したものの、やぱしムリ(乂д´)・・・ってことで、スープは 半分以上残して終了・・・・となりましたε-(o´_`o)ハァ・・。

”味濃いめ”が定番のヲサ~ンですが、濃度不足のスープに この濃いめの”醤油ダレ”はちょっときつかったみたいですね・・・(゚∀゚ ;)タラー。
うんまぁ・・・ちょっとね・・・・・・の出来栄えではありました

再訪時は 味の濃さはとりあえずは”普通”・・・にしておきましょう・・・・ぅん((´д`*)ぅん。

それでは またぁ~

お好み度・・・★★++

住所 鎌倉市大船1-9-13 営業時間 火~土11:00~翌2:00 日祝~22:00
定休日 月曜日&第1日曜日
※ お店のHP http://www.ichirokuya.co.jp/oishisa.html



石狩亭@鎌倉市3

石狩亭 

JR大船駅笠間口を出て 右方向に歩けばすぐのところにある ”石狩亭”を訪問してみました
こちらのお店が メイン・・・というわけで訪問したわけではないのですが(;^ω^)、10:30~の営業なので、前回食べた”広東麺”はお高いものの、美味しかったので まだ他店は営業前だし・・・ってことでの訪問でした(*´・д・)*´。_。)ゥミュ。

10:40頃の訪問で 前客3名(2階席は不明です。)・・・・で、ヲサ~ンの後からは 他にお客さんが結構いらしてました(*'∀'人)ワォ☆。

口頭注文の後払い制で、基本のメニューはこんな感じです・・・・。

石狩亭 

石狩亭 


少々見づらいかと思われるので、麺類のアップは こちら・・・で、


石狩亭 

石狩亭 

”サンマーメン”か”広東麺”を注文しよう・・・(。´゚ェ゚)。´_ _)ゥンと 思われた矢先に 壁には別のメニューが張り出されていたのに気づき、”具だくさんとん汁ラーメン”800円を注文してみました

フロアの店員さんに 「玉子はいれますか?」・・・と聞かれたので、よく分からないまま 「お願いしま~す(*゚∀゚)っ!。」・・・ってことで そうしてみました。

石狩亭 

7~8分後に 後客さんの分と同時に提供されたのが こちら・・・・で、後客さんは ”とん汁ライス?”・・・だったかのメニューを注文していました( ゚д゚)ホゥ。
こちらの とん汁とライスのセットメニューのようですね(●´∀)bぅんぅん。
提供時に 「サービスライスつけますか?」・・・と聞かれたのですが、連食のつもりなのでお断りしておきました(*・ω・)*_ _))ペコリン。

石狩亭 

”とん汁”・・・ってことで、当然 味噌ベースのものなのですが、以前食べたことのある味噌らーめんのスープとは 色合いも違うようだし・・・ヽ(~~~ )ノ ハテ?のものですね。

石狩亭 

麺は 中太ストレートタイプのもので、ちょっと語弊があるかもしれませんが、ちゃんぽん麺をやや細めにした感じの麺・・・ッぽい(´・_・`。)ヵナァ・・?と ヲサ~ン的には感じられたのですが、なにせあんまし”ちゃんぽん”を食べる事が無いもんで・・・(^Д^)ギャハハ。
しっかりとした噛み応え・・・ってのは十分に感じさせてくれる麺ですねΣd=(・ω-`o)グッ♪。

石狩亭 

スープは確かに ”とん汁”・・・なんですが、ダシは多分 鶏がらの中華スープが使われているっぽい感じのスープで、通常食べている一般的な”とん汁”とは 一味違うかな・・・エト・・(´・ω・)y-~?とは思わされるものでした。
コク・・・って部分もシッカリとあるし、白味噌ベースのもので 思っていたよりは全然美味しいですね(*゚∀゚)*。_。)*゚∀゚)*。_。)ウンウン。
”なんちゃってメニュー”ではなくて (*'-'*)ホッとしたのでした・・・・クスクス(´゚艸゚`*)クスクス。

石狩亭 

石狩亭 

具材は 豚肉・たけのこ・青ネギ・にんじん・玉ネギ・キャベツ・キクラゲ・ニラ等・・・に、

石狩亭 

”半熟たまご”・・・でした。
いやぁ~・・・、写真に撮らねばならないのに 割り方が”雑の極み”・・・ですねヾ(≧▽≦)ノギャハハ☆。

他の具材には、てっきり”ごぼう”とか”大根”なんかも入ってくるかと思ったのですが、それらはありあませんでした(ノД`)シクシク。

”豚肉”は量的にはタップリ(∩´∀`)∩オォ♪で、厚み・大きさ・・・も不満の無いものが 結構多めに盛られていました・・・味付もいいですね( ´∀`)bグッ!。
その他野菜類はそれなり・・・の印象で、”半熟たまご”は 野菜類とからめて食べると美味しかったです

石狩亭 

卓上調味料は コショウ・唐辛子・ごま塩・醤油・ラー油・お酢・・・に 写真には写っていないのですが ”自家製おろしにんにく”が用意されています(o゚ω゚))コクコク。

まずは このスープなら”唐辛子”だろう・・・・と 唐辛子をポィ(o'д')ノ ⌒ ○・・・っとしたわけですが、予想通りにあいますね(o^―^o)ニコ!。
続いて チビッとだけ”コショウ”も 唐辛子以外の部分に振ってみたわけですが、(*・`o´・*)ホ―・・・これも悪くないですね(。´゚ェ゚)。´_ _)ゥン。

んじゃぁ・・・メインの”にんにく”を・・・ルン♪ (p・ェ・)p ルン♪と思ったものの、ヲサ~ンの席から ”にんにく”を取るためには 他のお客さま お二人にご迷惑をかけてしまうポジションに置かれていたので、不本意ながら今回は断念したのでしたε-(o´_`o)ハァ・・。
今回は・・・って 次はいつ来るのか分かりませんからね・・・( *´艸`)クスクス。

”にんにく”も 多分スープにあっていたかも・・・・、いや あっていただろう・・・、あっていたに決まってる・・・間違いない( -д-)ノ・・・・の怒涛の3段(4段?)論法で、にんにくは合う・・・ってことに決まったのでしたウンウン(゚▽゚*(。_。*)。

予想していた以上の 味わいは感じさせてくれるものだったし、”半熟たまご”+”サービスライス”をつければ 800円・・・って価格も高いものではないかな・・・(o-∀-)b))そぅそぅ、って気もするし 一度食べてみても良いものかもしれないですね( -Д-) ゚Д゚)フムフム。

他のメニューも 値上がりしていないようだし・・・・、再訪時は一品もののメニューも一緒に注文して 食べてみたいところではありますね(*´・д・)*´。_。)ゥミュ。

思っていた以上に 美味しくいただけました(*・ω・)ノ。

それでは またぁ~

お好み度・・・★★★++

石狩亭 


住所 鎌倉市大船1-5-4 営業時間 10:30~翌2:00(LO 1:30)
定休日 無休











記事検索
最新コメント
livedoor プロフィール
livedoor 天気
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ