豚壱家

この日は ガッツリと”二郎チック”ならーめんを・・・と 思ったわけですが、茅ヶ崎の”えぼし麺 菜良”・・・は あんまし気が進まないし、藤沢に出て ホントの二郎・・・をとも思いつつも 以前に いろんな方のブログ等で拝見した ”G系ラーメン 豚壱家”を訪問してみました

ちなみに JR東海道線 国府津駅から 徒歩10分くらいのところにあります(゚д゚)(。_。)。

11:20頃に到着したわけですが、すぐそばの オロチョンラーメンのお店は 開店前から待ち客さんが列を作っているのに比べると 些か寂しい印象ですね(゚∀゚ ;)タラー?。

しばらく柱の影に隠れて待っていると 前客さん?1名が登場・・・(ノ゚ο゚)ノ オオォォォ-、さらに開店直前に 2名がヲサ~ンより先に お店に入りました
ヲサ~ンのあとからは 4名ほどが ご来店・・・(ノ゚ο゚)ノ オオォォォ-・・・と 中々の客入りではありました(*・ω・)ノ。

豚壱家

食券制で ヲサ~ンは ”小豚”680円を 麺硬め・野菜マシ・にんにくマシマシ・・・・で 注文しておきました(*^^)v。
好みは カラメ・・・は無いようでしたが、野菜・にんにく・油+麺の硬さ・・・は お好みによって調整可能なようですね( ゚ー゚)( 。_。)。
油(脂)は 背脂スリ(●'∀`人'∀`●)スリ・・・のものが 提供されていたように見えました。
やはり 油(脂)も・・・注文しておけば・・・・と 若干の後悔は残りました・・(;´∀`)。

豚壱家

豚壱家

しばらくして提供されたのが こちらのものですが、野菜の盛りっぷりは大したことなくて、これなら野菜マシマシも必須ダナッd(`д´*)・・・・の 少々物足りない盛りっぷりのものでした(つд⊂)!。

豚壱家

麺は マルキ・・・の麺箱が見てとれましたが、平打ちタイプの中太麺で この系統では (*゚Д゚) アレ?・・・的なものですが、意外とコシ&モッチリ感も備えたもので、茹で加減も指定通りのもので 案外まぃぅ―( ´)艸(` )―♪(´・_・`。)ヵナァ・・・・・の ものですかね(^^♪。

豚壱家

スープは 殆ど乳化していないタイプで 醤油ダレは キッコーマンや ヒゲタやら ヤマサ・・・の一斗缶やらのダンボール等が見受けられ、ブレンドしているのか 安く仕入れられたものが 順次使われているのかは全く不明です(^Д^)ギャハハ。醤油感も程々に感じられ 悪くないのですが ベースの豚骨があまりにも希薄なのが チョット(人д〃)ネッ★・・・風味なのが とても残念なところではありますかね(・_・;)?。

豚壱家

お好みで注文した にんにくマシマシは 小さじ山盛り2杯分くらいの量で タップリなのは好印象・・・ワーイ♪ヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノワーイ♪。

豚壱家

具材は モヤキャベが ソコソコに 豚バラチャーシューが2枚で このチャーシューは 結構美味しくて ”中豚”で注文してもよかった(´・_・`。)ヵナァ・・のものでしたうんうん。

野菜類は もやし8に対して キャベツ2くらいの比率で マズマズ良かったかな・・・・・・・のもの。

豚壱家

豚壱家

卓上調味料は コショウ・唐辛子・ラー油・お酢・醤油・・・に自家製の ”ネギラー油”・・・で、この”ネギラー油”は 中々良い味わいデス!(●・w・●)ゝネッ(oゝД・)b・・・、ただし 辛味・・・+ネギの風味と酸味も結構強めなので 使い手を選ぶ調味料かもしれません・・・ホゥホゥ(o-∀-))!。

この程度の量だと ヲサ~ン的には どうってこともなく キッチリと完食(汁完)

豚壱家

案外美味しくいただけてしまった(´・_・`。)ヵナァ・・・・・のものでは ありましたが、スープが かなり残念な出来栄えで、もう少し乳化した豚骨の旨みが前面にでても良いかも・・・と思われたものではありました(;^ω^)。
麺も 二郎チックな ワシワシ・・・・ってタイプではないものの これはこれで結構美味しかったし・・・で、スープが もうチョットだけ 動物系の旨みを感じさせてもらえるものであれば さらに印象も良いものになるのでは・・・・の ラーメンでした

そんなに悪くは 無かったですが・・・(^^♪。

マー油入り・・・や 油そば・・・もメニューにあるようなので 再訪時はそちらでも・・・と考えております(*・ω・)*_ _))ペコリン(*´-ω・)ン?。

豚壱家

営業時間と定休日は こんな感じです(*・ω・)*_ _))ペコリン。

それでは またぁ~

お好み度・・・★★★

住所 小田原市国府津2494-4
営業時間 平日11:30~14:30 17:00~23:00 土日祝 11:30~23:00