小林屋用田店

この日は ”真鍋家”に寄ろう(´・_・`。)ヵナァ・・と 思いつつ、用田交差点を挟んだ対角線上にある ”小林屋 藤沢用田店”を訪問してしまいました
こちらの 小林屋には 初訪ですね(゚∀゚ ;)タラー。

デフォの”味噌らーめん”が 500円に値下げされ、コストパフォーマンスも より高くなったお店です(人'д'o)ネッ!。

食券制で ”札幌らーめん”600円に バター100円+生にんにく50円・・・の計750円で 注文しておきました
前回 同メニューを食べたのは 座間店です(^^♪。

小林屋用田店

小林屋用田店

小林屋用田店

小林屋用田店

店内には こんな掲示もされており、卓上に ”おろしにんにく”が 常備されたのはポイントが高いですウンウン(゚▽゚*(。_。*)。

以前は有料だった ”特製辛味”も無料だし、生にんにくも値下げされているしで、集客力は格段にアップしたものかと 思われますo(`・д・´)o ウン!!。

小林屋用田店

小林屋用田店

しばらくして 提供されたのがこちらの らーめんですが、大盛りにせずとも このボリューム感・・・(o゚ω゚))コクコク。
これで デフォ600円なら なんら不満はないです(*・ω・)*_ _))ペコリン。

小林屋用田店

生にんにくも 50円で これだけの量が提供されるなら (∩´∀`)∩バンザ──イ・・・ものですね(^^♪。
もっとも 座間店では どうなっているのかとても気にかかるところではありますが・・・(;´∀`)。
バター100円が 少しだけ残念なところではあります・・・か・・・( `・ω・) ウーム…?。

小林屋用田店

麺は 小林製麺の 中太縮れの多加水タイプ・・・で、コシもあって なんら不足の無い麺でした。
茹で加減も やや硬めくらいの好みのもの・・・(o^―^o)ニコ。

小林屋用田店

スープは 野菜類の旨みも存分に感じられるものですが、問題は この”味噌”自体が好みかどうか・・・に関わるわけです・・
日高昆布・コラーゲン・・・仙台味噌・・・・etc・・・・等、なんたらかんたらが謳われております(。´pq`)クスッ。
ヲサ~ン的には 絶賛するほどではないものの、比較的美味しく頂くには十分な部類のものではあります

小林屋用田店

小林屋用田店


具材は 豚挽肉・玉ねぎ・もやし・キャベツ・きくらげ・にんじん・ネギ・焦がしネギ・・・等の 野菜類がたっぷりに 味玉半個・ほぐしチャーシューもたっぷりとのっており、満足感は十二分にありました(n‘∀‘)η。

チャーは 味付けもしっかりと感じられるものだし 柔らかいし、量的にもタップリのもので不満は全くありませんね(。_。(゚д゚(。_。(゚д゚ )ウンウン。以前は 通常の巻きバラタイプのものがのっていたように思えますが、まぁ・・・仕方ないところです(。_。(゚д゚(。_。(゚д゚ )ウンウン。その時の お店の状況なんかもあったりするのかは 定かではありません(;^ω^)。

味玉は 一般的には濃厚な味付け・・・と言って良いかもしれませんが、このスープに浸ってしまうと味わい的には 影が薄くはなってしまうものかもしれませんね・・・(;^ω^)。

ラーメン自体は スープと共に炒められた野菜類もたっぷりの量だし、なんら不足感は感じられないです(*^^)v。

小林屋用田店

生にんにくを 6粒ほどクラッシュ・・・(。´・д・)エッ?して投入したあとは 唐辛子・自家製辛味をポィ(o'д')ノ ⌒ ○して キッチリと完食( ゚ー゚)( 。_。)。
完全に 好みのタイプの”札幌味噌らーめん”・・・というわけではないものの、どちらかと言えば好みの部類だし 以前は750円していたものが、デフォで600円という価格を考えれば お得感は十分な らーめんですね

卓上調味料に おろしにんにくがラインアップされた点もポイントはとても高いです(o゚ω゚))コクコク。
生にんにくよりも 辛味&香りも少なく マイルド風味なニンニクの味わいも楽しめます。

この内容のラーメンを 600円で提供されてしまうと・・・・・、すぐそばの”真鍋家”は・・・・と 思わないことはありませんが、全く別物のラーメンだし、道路の上下線が逆側のお店だし・・・で あんまり関係ないかもしれませんね(;´∀`)。

コストパフォーマンスに優れた1杯であったことは 否定のしようもありません(。_。(゚д゚(。_。(゚д゚ )ウンウン。

価格を考えると 十分以上に美味しく頂けました
ちなみに ”醤油”・”塩”・・・も デフォ500円で提供されております。

それでは またぁ~

お好み度・・・★★★++

住所 藤沢市用田1541 営業時間 11:00~24:00
定休日 無休