壱源家 016

"大正麺業”を あとに JR相模線にのって 茅ヶ崎駅から 二宮駅に・・・・と思っていたものの、"特別快速”・・・なる電車に乗ってしまい、二宮に停車しない・・・ってことなので 小田原駅まで行ってしまいました(T▽T)アハハ!。

お昼時のいい時間帯(12:20頃なので 混んでいるかな・・・ヽ(~~~ )ノ ハテ?・・・と思いつつも "ラーメン宿場町”を覗いてみると (・・?))アレ((?・・)アレレ・・・ッてくらいにガラ空きでした( ̄△ ̄;)エッ・・?。

途中の 小林屋や日高屋は 大繁盛・・・の様子でしたが・・・(・へ・;;)うーむ・・・・?。

そんなわけで 前回訪問し損ねた "源壱家 宿場町店”を 訪問してみました

こちらは 3号店で、1号店の レポは こんな感じですペコリ(o_ _)o))

壱源家 009

メニューは こんな感じですが 食券制です(*´・д・)*´。_。)ゥミュ。

"家系魚介チャーシューメン”900円を 好みは "麺硬め”・・・のみで注文しておきました(。_。(゚д゚(。_。(゚д゚ )ウンウン。

店内に入り カウンター席に着席すると お水が出てこないので セルフかな・・・ヽ(~~~ )ノ ハテ?・・・と思い 勝手にコップを取って お水を注いだわけですが、後客さんには フロアの女性店員さんがキッチリと お水を提供していたので そんなことは無いようです・・・。・゚・(ノД`)・゚・。。

"大正麺業”といい、この日は 女性店員さんには泣かされる日のようで、そんな自分にガッカリ・・・の日でもありました( p_q)エ-ン。

壱源家 010

壱源家 011

10分少々待たされて 提供されたのが こちらのもので、

壱源家 015

麺は "大橋製麺”の特注 中太平打ち麺(やや細め)で 低加水タイプのもの。
深ザルで 茹で上げられたもので 麺はダマになっているし・・・・(/・_・\)アチャ-・・・・で、こりゃ駄目だな・・・のものでした。

壱源家 013

スープは 温くて 業務用の魚介油・魚介粉ベースのチープな印象の豚骨(鶏ガラ)醤油・・・のものかと思われ、 やや魚介系の嫌な臭みすら感じさせられるもの・・・
もう少し スープが熱ければ然程気にはならないとは思われるものでしたが、ちょっとヌル過ぎ・・・の印象でした

壱源家 012

壱源家 014

具材は チャーシュー・海苔・ネギ・味玉・ほうれん草・・・で チャーは バラタイプの脂がややクド目で、ロースか モモ肉なんかもあっても良いかな・・・とは 思わされました(。´゚ェ゚)。´_ _)ゥン。

海苔は なぜか4枚・・・で このあたりは たまたま・・・ですかね(^-^;?。

味玉・・・も 特に・・・で、全体的にこれが標準的に提供されるものなら 客足は遠のくのでは・・・・と 思わされる仕上がりですかね・・・( -д-)ノ。

壱源家 017

六角家直伝の・・・・と 宣伝文句もありますが "六角家”系とは 程遠いスープで、麺あげも 平ざるではなく 深ざる・・・って 点も個人的には納得のいくものではないし、満足度はかなり低めでした"o(-_-;*) ウゥム…?。

女性店員さんの 心のこもらない 無表情風味な単に仕事しています・・・((( ̄へ ̄井) フンッって雰囲気も好きではないですね・・・_s(・`ヘ´・;)ゞ..。

再訪はなし・・・ってところで 他の美味しい"家系店”で食べたいな・・・と 力強く思わされました(。´pq`)クスッ。

それでは またぁ~

お好み度・・・★++

住所 小田原市栄町2-8-18 営業時間 月~土11:00~22:00 日11:00~21:30
定休日 不定休