大原屋 

”石狩亭”のあとは この日の本来の目的店である”横浜家系ラーメン 大原家”を 訪問してみました

11:10頃の訪問でしたが 前客2名・・・に 後客3~4名でした( ゚_¨゚)´_¨`)ふむふむ。

食券制ですが、通り沿いの扉は現在は使用されておらず、お店に入って左側奥にある食券機で ”ラーメン”650円+”きゃべつ”100円の食券を購入して、好みは 麺硬め・味濃いめ・・・・で注文。

大原屋 

大原屋 



前回訪問時・・・にブログに書いた 「再訪時は ああしたい・・・こうしたい・・・。」的な反省が全く生かされていない注文内容なわけですがヾ(≧▽≦)ノギャハハ☆、自分の過去のブログくらいは 読んでから訪問しろよ((( ̄へ ̄井) フンッ!・・・って話しです┬|ω・`)ショボーン。
過去に囚われず、いつも新鮮な気持ち・・・恋はいつでも初舞台・・・を信条にしております( -д-)ノ。

大原屋 

店主さんが見あたらなったのですが、途中からご登場・・・で、まずは きゃべつ⇒ラーメンの順で提供されました。

大原屋 

感想的には 前回訪問時と同様に美味しかったわけで、特に不満も見当たりませんでした(*´・д・)*´。_。)ゥミュ。

大原家

麺は 家系定番の酒井製麺で、他の方々のコメント等を拝見すると、硬め指定でも”普通”・・・との感想も多いみたいですが、今回は茹で加減もヲサ~ンの好みの硬さで よかったですねv(・_・) ブイッ。

大原屋 

スープは 豚骨の濃厚感が存分にあり、”味濃いめ”指定・・・なので、醤油ダレはややショッパいか・・・(・へ・;;)うーむ・・・・?、”普通”で良かったかも・・・・?で、前回訪問時の教訓が全く生かされておらず、同じ失敗を何度も繰り返す(≧◇≦)乂ダメ人間ッぷりを 余すことなく発揮しておきました<( ̄^ ̄)>。
”きゃべつ”も注文しているし・・・と 毎度おなじみの言い訳ですね(T▽T)アハハ!。
そんなんじゃ 普段の仕事の方も駄目なんじゃないの・・・( ̄△ ̄;)エッ・・?・・・って声も聞こえてきそうですが そのとおりですv(・_・) ブイッ。

オープン当初の 超弩級なトロミのある・・・ってタイプでは現在はないものの、それでも十分に濃厚だし、むしろ現在の方が一般的には食べやすくなっていますかね(・_・D フムフム。

大原屋 

具材は チャーシュー・ほうれん草・海苔・・・の家系定番仕様で、チャーは味付け濃いめのもので、見た目的にはややアチャ・・・(ノ_< ;)でしたが、マズマズ美味しいですね( ̄▽ ̄)b グッ!。以前はバラだった気が・・・しなくもないですが・・・ヽ(~~~ )ノ ハテ?。
ほうれん草は まぁ・・・あれで(^-^;、海苔は パリッとタイプで良かったです(゜▽゜*)ニパッ♪。

大原屋 

大原屋 

きゃべつは 茹でられたもので 写真には写ってはいないものの、キャベツに隠れてコロチャーも大きめなのが4~5個入っており、やはり味付けはかなり濃いめ・・・なので、ビールが欲しいところですね(*´・д・)*´。_。)ゥミュ。

大原屋 

大原屋 

卓上調味料は にんにく・お酢・豆板醤?・ゴマ・コショウ・唐辛子・・で、当然 にんにく・お酢を( 。・・)/⌒□ポイ っとして、キッチリと完食してしまいました(^▽^)!。
ホントは 塩分もかなりのものみたいだし(^-^;、汁完は避けておこう・・・と思ったのですが、一気に飲み干しておきました

全体的には 味濃いめ・塩分キツメ・・・の部類のラーメンなので、きゃべつや味玉・・・等のトッピング類で 一息つく部分は欲しくはなるタイプ・・・・ではあるかもしれません(人'д'o)ネッ!。
お若い方には 関係ないかとは思われますが・・・(T▽T)アハハ!。
出来たら ライスも・・・ですか・・・(o-∀-)b))そぅそぅ。

とても美味しくいただけましたv(・_・) ブイッ。

それでは またぁ~

お好み度・・・★★★★


住所 鎌倉市大船1-11-20 営業時間 11:00~22:00 (祝)~20:00
定休日 日曜日