BlogPaint

らーめんネタにも乏しくどこから書けば良いのか・・・・ヽ(~~~ )ノ ハテ?なんですが、無駄な文章のオンパレードなので、読むのがかなり面倒だし、食べ物のレポでもないので 思いっきりスルーしてやってください(゜▽゜=)ノ彡☆ギャハハ!!。

いつもの石岡市での”かね喜”の後は 通常なら ここでヲサ~ンも撤収ー!! (-o-\) λλλλλ,,,,,ゾロゾロ・・・なわけですが、今回はあるイベントに参加するために午後も引き続き 石岡市にとどまっていたのですが、そのイベントは 女子高生の・・・・(中略)ブラ・・・(中略)・・・を写真に撮ったり・・・・って
エエッ? (;゜⊿゜)ノ マジ?・・・・と 変なとこで略すととんでもないのですが、女子高生のブラスバンド部員さんの演奏を写真に撮ったりしている役員の方もいらしたりするイベントで 浴衣の女子大生さんに 無料でビールや たこ焼き・カツサンド等を頂ける・・・ワーイ ( ^-^)o-o<※ ☆ パンッという かなり。( ̄∇ ̄*)oグッド!!d(* ̄∇ ̄)。な小規模な”お祭り”に参加させて頂いたわけですが、早い話しが帰宅するのが面倒になるのでは・・・・(・へ・;;)うーむ・・・・?ってことで、前日に 上野にカプセルホテルを予約しておいたのでした。

激安なとこなので 帰宅する気力があれば当日キャンセルしてもいいや・・・・だったのですが、果たして”激安カプセルホテル”は どんな感じなのかな?・・・との興味もあったので 御徒町で下車・・・・、”六角家御徒町店”のあとに ブラブラしつつチェックインしてみたのでしたウ・・ ウン(・_・;)。
場所的には 上野駅と御徒町駅の中間くらいで どちらの駅からも同じくらいです。

フロントで 名前を書くだけの簡単な”受付”をすると 券売機で3000円の券を購入するように言われ(つまり宿泊料金は3000円・・・ですね。)、券と引き換えに下足箱に靴をいれスリッパに履き変えるシステム・・・( ̄。 ̄)ホーーォ。
下足箱の鍵と引き換えに 荷物用のロッカーの鍵を渡されて部屋の番号を聞いて エレベーターでそちらへ向かう・・・・って感じでした(¨ )(.. )(¨ )(.. )ウンウン!!。

BlogPaint

ヲサ~ンもカプセルホテルを利用するのは 20年ぶりくらいですかね「(´へ`;ウーム?。
こちらの建屋は結構年数は経っているようで、”年季”・・・を感じさせられるもののようでした。
上段の方は 現在は使用されていないみたいです(´ρ`)ヘー。

カプセル 018

中は ”座って半畳、寝て一畳”風味な空間で、一応 歯ブラシ・髭剃り・寝巻き・タオル大小が1枚づつ・・・に 浴衣・掛け布団が用意されておりました(o*。_。)oペコッ。

BlogPaint

ブラウン管のテレビ(・m・ )クスッ・・・や、ラジオ・・・ライト・換気扇・音量の調節等のパネルがあったりします。
かなりくたびれた印象です・・・・、それゆえ”激安価格”なんですね
一応 機能的には問題なく使用できましたウ・・ ウン(・_・)。

トイレは共用・・・で、ウォシュレット付き・・・では勿論ありませんΣ(; ̄□ ̄A アセアセ。

暫く テレビなどを見た後、そろそろ風呂にでも入るか・・・(*´・д・)*´。_。)ゥミュ・・・と、地下にある”浴室に向かったのですが、

カプセル 023

カプセル 024

こんな感じで、お酒も含めた飲料の自販機も置かれた ”休憩所”から浴室に行くわけなのですが、まだそんなに遅い時間ではないので、もしかしたら 風呂場は混んでいるかも・・・ント・・σ( ・´_`・ )。oO(悩)?・・・と エレベータを降りて、浴室に向かおうとすると、休憩所のソファにはなぜか 女性が一人でポツン・・・と座っていたのでした・・・(;゚д゚)ェ. . . . . . .?。

こちらのカプセルホテルは 男性専用だし、その時は 「あぁ・・・、清掃係かなにかの従業員さんが帰宅前に チョット休んでいるのかな?。」・・・くらいに思って 風呂場に行ったのでした。

こちらの風呂は 1人用のシャワー室と 湯船のある浴室にはシャワーが4つで、ヲサ~ンは シャワー室をチョイスしましたニコッ♪(〃'▽'〃)。
着替える場所は かなり狭いスペースしかなく、3人だとかなり窮屈だな・・・(。ノω<。)ァチャ-といった感じで、丁度風呂上りの方と入れ違いで ヲサ~ン1人だったのはラッキーでした

ヲサ~ンは汗を流してサッパリとした気分で浴室を出たのですが、(〟-_・)ン?・・・、なぜか休憩所には まだ女性がおり、とても違和感・・・というか 得体の知れないオーラを感じ、ホントは休憩所でビールでも飲んで体を休めたかったのですが、本能的に これはまずいな・・・・と 危険予知能力をビンビンに発揮していたのでした。
通常なら 休憩所にはビールを飲んでくつろいでいる人も それなりにいても不思議ではないのに、確かにこの雰囲気の中では到底ムリ(乂д´)・・・って感じですかね(゚∀゚ ;)タラー?。

女性はうつむき加減で 鏡に向かって自分の顔をジッと見つめているようでしたが、ヲサ~ンがさりげなく|д´)チラッ見すると 「あっ・・・オ○マさんだ・・・(゚∀゚ ;)タラー!。」と瞬時に察知したのでした

化粧は濃いめ・・なものの、♂であることは ほぼ100%間違いない・・・と思われ ヲサ~ンは ”味濃いめ”が好みではあるものの、化粧に関しては”薄化粧”が好き・・・(〃▽〃)ポッなタイプなのですが、男では・・・なので、震える指先で 小銭を取り出し、自販機でビール&ハイボールの缶を買って 逃げるようにエレベーターのボタンを押したわけですが、エレベーターがこの階に到着するのが 異常なまでに遅く感じられたことは言うまでもありませんでしたε-(o´_`o)ハァ・・。

とても背後が気になり 振り向けばそこに例の女性風味な男性がピッタリと・・・・・ギャアア(*`ロ´ノ)ノ・・・なんて恐怖を感じながらも そんなこともなく、無事にエレベーターに乗れたのでした(。´゚ェ゚)。´_ _)ゥン。

ヲサ~ンの部屋(カプセル)のある階にエレベーターが到着し、「ε-(´・_・`)ハァ・・┐(´∀`)┌ヤレヤレ((。・д・)oダナ!!。」と安堵の思いの中・・・・エレベーターの扉が開くとなぜかそこには 本来はいるはずのない例の女性風味な男性が カッ・・・と眼を見開いて立っており・・・カタカタ(((;゚;Д;゚;)))カタカタ・・・ってこともなかったので、ホッとしたのでしたニコッ♪(〃'▽'〃)。
どうやらヲサ~ンは 女性風味な男性?の好みの対象外・・・だったようで、C=(^◇^ ; ホッ!としたのでした。

しかしながら、このカプセルホテルの空調はフロア自体は適温で良いものの、カプセルに入ってしまうとヲサ~ンには やや蒸し暑く感じられ、夏場には必需品の100円ショップで買った扇子でパタパタとして涼をとったのでした(*´・д・)*´。_。)ゥミュ。
扇子がなかったら かなり厳しい状況だったな・・・と、備えあれば憂いなし・・・ってところでした☆^∇゜) ニパッ!!。

寝る時も少々暑く感じられたので 中が見えないようにするブラインドカーテン?は 半開きにして喚起を良くしたものの、寝汗を結構かいていたようでした(ノ∀`)アチャー。

かなり早起きしてしまったので 始発の電車にあわせて帰るとするか・・・と 着替えをすまし喉も渇いたので なにか飲み物を・・・とエレベーターで地下の休憩所に向かうと・・・・

カプセル 025

「(。´・д・)エッ・・・ま、まだ・・・いるの・・・(((;゚д゚)))。」

例の女性風味な男性?の荷物がソファーには置かれたままだったのでした(;゚д゚). . . . . . 。

風呂に入っているのかな・・・?。
だったらチャンス・・・とばかりに、
得体の知れない恐怖に包まれたヲサ~ンは 自販機でウーロン茶を購入すると逃げるように とりあえずは自室に戻ったのでした(*´Д`)/ヽァ/ヽァ・・。

午前4時過ぎあたりに チェックアウトを済ませ、カプセルホテルの外に出るとベロンベロンに酔っ払った女性を介抱しつつ・・・の1組のカップルさんがいましたが、女性はホテルの看板に寄りかかり 悪態をついていたのでした(^Д^)ギャハハ!。
男性はスッカリとあきれた様子で、「・・・ちゃん、帰るよぉ(;´д`)=3トホホ・・。」・・・と先行逃げ切りの体勢に入っていたのでした(。´pq`)クスッ。
付き合ってる男女の仲・・・とは思われませんでしたが、どうでしょう・・・ント・・σ( ・´_`・ )。oO(悩)?。

ちなみに ホテルの写真の看板のところをよーく観察するとその女性が かすかに写っていたりもしますが、判別不能かと思われるので まぁ・・・そのままで問題ないでしょう( * ^)oo(^ *) クスクス。

テクテクと JR御徒町駅まで行くと、まだ駅のシャッターは空いておらず 暫く待機・・・となったのですが、この時間でも”富士そば”は営業しているんですね(*'∀'人)ワォ☆!。

食べるかどうか迷ったのですが、ちょっとしたスペースで(´・д・)y-~・・・していると、いきなり東南アジア系のとてもスタイルの良い女性に声をかけられたわけですが、軽く手をフリフリしてお断りしておきました・・・って、何を断ったんだ?・・・って話しですが つまり・・・その・・・・断ったのでした(^Д^)ギャハハ!。

そうこうしていると 駅のシャッターも開いて、品川駅まで出て東海道線にのって・・・・帰宅・・・となりました。
家の近所のコンビニに寄ると お馴染みのおばちゃん店員さんが 「今日は 早いですね(*゚Д゚) アレ?。」風味に声をかけてくれたのですが、ヲサ~ンにはいつもは夕方にいる おばちゃん店員さんが朝早くからいたことの方が驚きだったのでした(o-∀-)b))そぅそぅ。

そんなわけで 夏の一夜の、こわーいお話でしたクスクス(´゚艸゚`*)クスクス。
あんまし 怖くなかったですか・・・そうですか・・・、それは何よりでした・・・o( _ _ )o ショボーン。

それでは またぁ~