真鍋家 010

昨日は 上手いこと午後の仕事に1軒キャンセルが入り余裕ができたので、復活オープンした”真鍋家”を訪問できたのでした
オープンして2週間・・・、そろそろ落ち着いてきたかも・・・ウ・・ ウン(・_・;)?っと 程よい頃合での訪問なのでした☆^∇゜) ニパッ!!。

店舗概観の写真は 駐車場側から撮ったので、店名の確認も出来ませんが ヲサ~ンは大丈夫です<( ̄- ̄)> エッヘン!・・・・ヾ(>▽<)oきゃはははっ!。
再訪時にでも撮り直しましょう・・・(T▽T)アハハ!。

15:40頃の訪問で、前後共にヲサ~ン以外はお客さんはなし・・・ヽ( ´ー`)ノフッ。
まさに狙い通りの時間帯で・・・( ̄  ̄)………( ̄∇ ̄)ニヤッ。

そ~っと忍者風味に気配を悟られないように店内に入り 券売機に向かうと・・・・・

真鍋家 002

( ̄0 ̄;アッ・・・券売機の写真は撮っておりませんが、メニューはかなりシンプルで こんな感じです(^ー^)ノ。

食券を購入して店主さんに食券を渡そうとすると・・・店主さんは 「お久しぶりですね・・・訪問して頂いてありがとうございます・・・ぺこ <(_ _)>。」・・・と シッカリと覚えていただいていた様で、相変わらずの低姿勢で深々とお辞儀をなさって下さったのには 恐縮の至り・・・でした

「この時間帯が お昼(昼食)ですか?。」・・・・との 店主さんからの問いには 「いやぁ~・・・早朝からの仕事なもので(どちらかと言うと 夜に近いのですが・・・(T▽T)アハハ!。)、帰宅の途中です(;^ω^A テレテレ。」・・・などと ちょこっとお話しを交えながら・・・・注文したものは・・・

真鍋家 003

”ラーメン中盛”800円+・・・・トッピングした”チャーシュー”250円・・・・さらには・・・ヽ( ´ー)ノ フッ

真鍋家 005

”キャベツ”100円・・・・、これは用田店時代のものよりもボリューム的にはアップしており好印象・・・('▽'*)ニパッ♪。
生キャベツに醤油ダレがかけられたものので、ゴマ油の風味は 特には感じられ無かったような・・・ヽ(~~~ )ノ ハテ?のものでしたウ・・ ウン(・_・;)。

さらに恐ろしいことには・・・・エッ? (;゜⊿゜)ノ マジ?

真鍋家 006

”ライス”100円・・・も洩れなく注文しており、ライスにはタクアンが2切れ添えられておりました(^O^)!。

真鍋家 004

肝心のラーメン・・・なのですが、この時間帯は店主さんお一人での切り盛り・・・で、調理は当然店主さん・・・・なわけで、様々な情報からは あまり店主さんは調理をしていないのでは・・・ハッΣ(゜ロ゜〃)的なものも多かったので、願ったり叶ったり・・・なのでしたv(*'-^*)bぶいっ♪。

真鍋家 008

麺は酒井製麺・・・のもので このあたりは王道ですね(゜▽゜*)ニパッ♪。
店主さんの調理なら・・・ってことで、好みは ”硬め・濃いめ”を指定したわけですが、食感的には ”普通”かな・・・ヽ(~~~ )ノ ハテ?の印象のものではありました・・・(⌒▽⌒)アハハ!。
ただ、終盤にきてもヤワヤワには感じられることも無く 定番チックにおいしく頂けるものではありました

真鍋家 009

・・・・で、もってスープなのですが・・・・。。。o(゜^ ゜)ウーン?、これが以前の真鍋家よりは かなりライトなスープ・・・の印象で もう少し動物系の旨みは感じさせて欲しい・・・かな・・・のもので、ちょっとスッキリとし過ぎている印象で、トロミのある以前の用田店時代のものとは別物・・・といって良いかもしれないですねヽ(~~~ )ノ ハテ?。
”醤油感”・・・に関しても ”普通”・・・の印象で、今ひとつピンと来る部分には乏しいか・・・o( ̄ー ̄;)ゞううむといった印象のものでした。

まぁ・・・ちょうどアイドルタイム・・・ってところだし、用田店時代もこの時間帯はちょっとハズした事が多かった気もするし・・・・なので、本来の実力よりは やや劣っている時間帯でのスープだったのかもしれません・・・

それでも一般的には飲みやすいタイプのスープだし、汁完するには何の不都合も無いものではありました
”油多め”・・・でも良かったかもしれないですね・・・・ウ・・ ウン(・_・;)?。

真鍋家 007

具材は チャーシュー・海苔・ほうれん草・薬味ねぎ・・・で、真鍋家らしさは この絞りすぎの?”ほうれん草”・・・に凝縮されている感じで(≧m≦)ぷっ!、チャーシューも用田店時代とは 異なる印象のロースタイプのもので 味付はシッカリめの ややショッパイ位の物で、これはヲサ~ン好みでd(-_^)good!!・・・だったものの、かなり小さめだし厚みも どちらかといえば薄い・・・感じの物で少々ガッカリ・・・;;;;(;・・)ゞウーン?なものには感じられたのでした( ´△`)アァ-。

”中盛”・・・にしてしまったせいか これでチャーシューメン・・・( ̄△ ̄;)エッ・・?って感じも正直受けました

真鍋家 001

卓上調味料は にんにく・生姜・豆板醤・お酢・コショウ・・・で、まずは少々コショウをフリフリしつつ・・・、にんにく・生姜を(*・・)σ ⌒・ ポイッポイッっとして、〆にはお酢を( 。・・)/⌒□ポイ っとしてキッチリと完食(^ー^)ノ。
にんにくを投入してからの方が グッとスープがしまった感じもして、おいしく頂けたのでしたv(*'-^*)bぶいっ♪。

ライスには スープを( 。・・)/⌒□ポイ ・・・っとしてマンマチックに こちらも美味しく頂いて ごちそうさま・・・(o*。_。)oペコッ。・・・・となりました。

以前の”真鍋家”の印象で訪問すると チャーシュー&スープに関しては(._. )( ・_・)(・_・ )( ・_・)アレ?・・・って感じも受けるものの、美味しく頂ける部類の家系ラーメンではありますかね・・・o( ̄ー ̄;)ゞううむ?。
ブレの時間帯の可能性も高かったし・・・((゜ー゜*)ンダンダ。

ヲサ~ン的には 醤油ダレのキレや 動物系のスープの旨みがもう少し欲しい・・・って気はしましたが・・・

再訪時は 開店と同時の訪問で そのあたりを確認してみましょう・・・・(゜▽゜*)ニパッ♪。

食べ終えた後、どうしても気になっていた点を 店主さんに聞いてみたわけですが・・・、その”気になっていた点”・・・とは・・・エッ? (;゜⊿゜)ノ マジ?

用田店時代には 通称”よしおくん”・・・と呼ばれる(ヲサ~ンが勝手に そう呼んでいただけ?) タレントの小島よしおさんに似た助手さんがいたのですが、ヲサ~ンは”よしおくん”のことが気にかかり、思い切って店主さんに聞いてみたわけですが、店主さんによると 「お父さんのお仕事(ラーメンとは全く関係ない仕事)を継いだようですよ!。」・・・とのことでした( ̄。 ̄)ホーーォ。。

よしおくんは 当時”自分の店を持つ”・・・と言っていたので楽しみにしていたのですが・・・ウ・・ ウン(._.;)、よしおくんなら別の分野の仕事でも大丈夫でしょうから そちらでもがんばって欲しいですね(゜▽゜*)ニパッ♪。

そんなこんなで、お店をあとにしようとすると 店主さんは 「また是非寄ってください(o*。_。)oペコッ。」・・・と またまた恐縮するくらいに 丁寧にお辞儀もされてしまったので、近日中に再訪してみましょう・・・柱|-^)v。
人柄も”味のうち”・・・ですからね☆^∇゜) ニパッ!!。

これがベスト・・・とは思えないので、楽しみにしつつ・・・ですね

それでは またぁ~

お好み度・・・★★★+

住所 藤沢市石川3-22-3 営業時間 11:00~21:30
定休日 月曜日