さぼてん

いつものように仕事に関しては 実力以上・・・・いや、実力通りのものを発揮してしまったので・・・(´ー+`)キラッッ、裾野の仕事の前に腹ごしらえ・・・ということになり、”さぼてん(東名高速足柄SA下り)”に またしても寄ってみたのでした
BlogPaint

今回は 丼ものとしては定番の”卵とじ”されたもの・・・との2択でしたが、ここはあえて・・・の、”京風タレカツ丼”820円(税込)を注文してみました(・∀・)ウン!!。

ポイントは”京風タレ”・・・ってどんなかなぁ~ント・・σ( ・´_`・ )。oO(悩)?ってところで、イメージ的には薄味チックなサラッとした”タレ”が使用されているのかなぁ・・・っと 漠然としたイメージでの注文でした(o-∀-)b))そぅそぅ。

前客(ヲサ~ンの注文時点での提供待ちの客数)は0・・・だったものの、提供までは約8分・・・は ”カツ”は揚げ立てのものが提供されるので、このあたりは仕方の無いところです( ゚_¨゚)´_¨`)ふむふむ。

さぼてん

こちらが噂の”京風タレカツ丼”・・・なわけですが、提供口に置かれた調味料からは ”辛し”と”タルタルソース”も持って来ておきました( ̄ー ̄)ニヤリ。
調味料には 他には”岩塩”・・・とかもありました(´・∀・`)ヘー!。
”トンカツソース”も置かれていたので、半分くらいはかけておいても良かったかも・・・(。-`ω´-)ンー?とは 後に思わされる事となったのでした( *´艸`)クスクス。

さぼてん

さぼてん

”カツ丼”・・・は キャベツの敷き詰められたご飯の上に”カツ”が載せられており、”京風タレ”がかけられ ”ゴマ”がポィ(o'д')ノ ⌒ ○っと振られておりました(*・ω・)ノ。

さぼてん

”カツ”は 厚みのある”ロースカツ”っぽいもので 揚げたて熱々のもので、肉自体はとても美味しいですね( ≧▽≦)b Good Job!。
この”京風タレ”・・・なんですが、薄味すぎてヲサ~ンにはその内容が今ひとつ把握できなかったわけですが・・・ε-(´・_・`)ハァ・・?、アッサリ・サッパリとし過ぎた 味の無いウスターソース?風味な味で ヲサ~ン的には全く物足りないものでした・・・(;´д`)=3トホホ・・。

軽めに”生姜”の風味も感じられた気もしたものの、濃いめの味が好きなヲサ~ンは 通常の”濃厚トンカツソース”で食べたかった(´・_・`)カナー・・・と後悔もしておきました(。´pq`)クスッ。

さぼてん

”辛し”&”タルタルソース”をポィ(o'д')ノ ⌒ ○・・・っとつけて頂いたものの、どこか濃厚なソースの味わいが欠けているので この後に及んでも満足感は今ひとつ・・・(。ノω<。)ァチャ-ですかねε-(´ω`●)ハァ・・。
胸焼けもせずに、サッパリと食べられる・・・って点では良いかと思うのですが、それなら”大根おろし”+”醤油ダレ”系・・・っぽいものの方がよさ気には感じられるし・・・・でした・・・ぅん((´д`*)ぅん。

さぼてん

味噌汁は ”ネギ入りなめこ汁”・・・で、唐辛子も振っておきました(´ー+`)キラッッ!。
”なめこ”は ちっちゃいのが1個視認出来る程度・・・・ですね・・・キャハハハハッ!!(≧▽≦)彡☆!。
毎回”なめこ”は見事なまでに 1本だけ・・・なのですが、味噌汁1杯に対して ”なめこ”1本・・・は どうやって振り分けているのか 確認しておきたいところです(。_。(゚д゚(。_。(゚д゚ )ウンウン。

そんなこんなでしたが そうは言いつつもキッチリと食べきることはたやすかったわけで、”京風タレ”・・・に関しては あんましヲサ~ン的にはピンとくる美味しさは感じられ無かったものの、カツ自体は美味しかったし、お値段的にも他のつまらないお店で 同程度の金額を支払って食べるものよりは 良かったかも・・・(。´゚ェ゚)。´_ _)ゥンと、ある程度の納得感は得られたのでした(●゚ェ゚))コクコク。

再訪時は ”卵とじ”・・・の方の”カツ丼”・・・・を、ですね(●´∀)bぅんぅん!。

それでは またぁ~

お好み度・・・★★★

住所 静岡県駿東郡小山町桑木南の原599 営業時間 7:00~21:00
定休日 無休

お店のHPは こちら・・・です(*・ω・)*_ _))ペコリン。