吉野家 001

この日は どうにか昼食をとる余裕も出来たので 東名高速下りの足柄SAにある ”そば処 吉野家 足柄SA下り店”を訪問してみたのでした(*´・д・)*´。_。)ゥミュ。
吉野家 016

お店の前には 季節限定・・・の ”牡蠣そば”690円(税込)・・・の立て看板が力強く設置されていたので、興味を持ったわけです・・・(´ー+`)キラッ!。

若い頃のヲサ~ンなら見向きもしなかった”牡蠣”・・・に興味を惹かれる点は 大人・・・を感じさせられます(o´・ω-)b ネッ♪。

BlogPaint

”お得なセット”・・・にも出来る・・・とのことで、”牛丼(並)”・・・とのセットで 合計1030円・・・という 少々お高くなってしまったものを注文したのでした

食券を購入すると厨房に注文が自動的に入るシステム・・・・なんですが、牛丼に関しては”つゆだく”は出来ないし、そのあたりはとても残念ではありますね・・・トホホ・・(;´д`)ノ| 柱 | 。

ヲサ~ンはカウンター席に着席していたのですが、提供口を見ていると とりあえずは”牛丼”のみがすぐに トレイに載せられての待機状態・・・・(*゚Д゚) アレ?、まさか あれがヲサ~ンの注文したものではないよね・・・・ぅん((´д`*)ぅん?と思っていると 数分経ってから”牡蠣そば”が そのトレイに載せられて 番号がコールされたのでした・・・(。ノω<。)ァチャ-。

提供口に それを取りに行って、元の席に戻ろうとすると なぜかその席にはかなり太った女性の2人組が着席していたのでした・・・(;゚д゚)ェ. . . . . . .?。
お水の入ったコップも置いているし 気付かないはずはないのでは・・・と思ったものの、他の席も空いていたし 無用のトラブルを避けるためにも 別のテーブル席に素直に着席したのでした( ´Д⊂エーン。

吉野家 004

それはそれとして(;^ω^)、こちらが 提供された ”牡蠣そば+牛丼(並)”1030円・・・なわけですが、

吉野家 003

提供口には こんな感じで調味料類と 紅生姜&揚げ玉が用意されていたので、とりあえあずは 蕎麦には”七味唐辛子”と”揚げ玉”・・・、”牛丼”には ”紅生姜”をポィ(o'д')ノ ⌒ ○・・・っとしておきました(o゚ω゚))コクコク。

吉野家 005

牡蠣そば・・・は単品で690円・・・ってところの価格に見合うものかどうか・・・?ってところがポイントなわけですが、

吉野家 008

”牡蠣”は 中程度の大きさのものが5個載せられており、これは単独で食べれば ソコソコ美味しいものだったのですが、”そばつゆ”に浸った上での”美味しさ”・・・ってところは然程には感じられず、牡蠣の旨みが”そばつゆ”に染み渡って・・・ってことも全く感じられない点はとても残念でした・・・ε-(´ω`●)ハァ・・。

吉野家 009

具材の”ほうれん草”?がタップリ・・・って点は良かったものの、どうにも”ほうれん草”と”そばつゆ”との相性が良くないようで、”ほうれん草汁”が ”そばつゆ”の旨みに侵食しまくっていて 全てを台無しにしてしまっている感さえあったのでした・・・ント・・σ( ・´_`・ )。oO(悩)?。
通常・・・そんなに相性が悪いとは思えないのですが・・・・エト・・(´・ω・)y-~?。
量的にも多すぎたのですかね・・・

”柚子”・・・も載せられていて このあたりはヲサ~ン的には大歓迎ヘ(´ー`ヘ) カモーン・・・だったのですが、なんだかこれも 今ひとつ・・・グッと来るものは無かったのでした(。ノω<。)ァチャ-。
ヲサ~ンは ”柚子”は大好きなのですが・・・・

吉野家 011

”蕎麦”は 太さの違う2種類のものが混ぜられた”十割蕎麦”・・・・ってことで、風味は悪くはないものの ボソッとした食感・・・言い換えれば”つなぎ”が使われていない分だけ パサツキ気味のモゴモゴ感が これまた今ひとつ・・・で、チェーン店の”十割蕎麦”の限界が垣間見えた気もしたのでした・・・・( ゚_¨゚)´_¨`)ふむふむ。

吉野家 006

”牛丼”は まぁ・・・普通に美味しかったのですが、やはり・・・というか、最早 他店に比べてのアドバンテージは全くないものかと思われ・・・・たものの

吉野家 013

比較的 ”ツユ多め”・・・の感じで ご飯にもつゆがタップリと染みていた点はΣd=(・ω-`o)グッ♪な
印象でした。
しかしながら やはり個人的には”お新香”も( ゚д゚)ホスィ...・・・し それなくしては ヲサ~ン的には”吉野家”で牛丼を食べる意味は全くない・・・と言っても過言ではなかったのでした・・・ε-(‐ω‐;)。

”かきそば”・”牛丼”・・・がセットなので お腹だけは満足はしたものの、どちらもお味的にはそれほどでも・・・・ってところではありました(*・ω・)*_ _))ペコリン。

吉野家 014

”そば湯”もポットに用意されており こちらは熱々のもので良かったのですが、あまり”そば湯”を感じさせない”薄味チック”?なもので このあたりも”ありがたみ”は感じられませんね・・・

食べ終えてみると・・・・、ント・・σ( ・´_`・ )。oO(悩)?・・・なんだかねぇ・・・・といった感じでした

”さぼてん”・・・で”とんかつ”を食べた方が良かったかも・・・・とは思われたものの、仕方ないのでァィ(。・Д・)ゞ? また訪問してみましょう・・・(。・w・。) ププッ。

それでは またぁ~

お好み度・・・★★+

住所 静岡県駿東郡小山町桑木南の原599 営業時間 24時間
定休日 無休

お店のHPは こちらです。