花月嵐 021

”源泉”・・・を食べ終えると 無性に”花月嵐”の・・・・とあるメニューを食べてみたくなったので サクッと ”らあめん花月嵐 海老名店”を訪問してみたのでした( ̄ー ̄)ニヤリ!。
券売機で よどみなくそのメニューの食券を購入して カウンター席に着席・・・(´ー`)フッ!。

とりあえずは”食券”を店員さんに渡しつつ ”ニンニク”をコールしたのですが、驚くべきことに店員さんには・・・・Σ(゚Д゚ノ)ノオオォッ!、「1人前で宜しいすか?。」・・・・と切り替えされたわけですが、今度は ”2人前”でコールしておくことに致しましょう・・・ウンウン(゚▽゚*(。_。*)!。

花月嵐 024

こんなものや・・・・

花月嵐 023

花月嵐 025

あんなものを見ながら提供を待ったわけですが、まずは”ニンニク”が提供されたのでした・・・ほぅほぅ(*゚д゚))。

花月嵐 026

花月嵐 027

小粒なものの、鮮度自体はマズマズ・・・・と言ったもので、花月嵐にしては合格点の部類のものですね( -Д-) ゚Д゚)フムフム。
下手すると メチャクチャ干からびたものが提供されますから・・・( *´艸`)クスクス。

7~8分の時間を要して 提供されたのが・・・・((o(´∀`)o))ワクワク、

花月嵐 028

”ブラックモンスター”740円(税込)だったのでした(´ー+`)キラッッ!。

花月嵐 029

見るからに”背脂”がギトギトチックな印象ですね(。´pq`)クスッ!。

花月嵐 034

麺は どちらかと言えば”太麺”・・・のもので 平打ちタイプ・・・のもの(●'ェ'))コクコク。
スープ色に染まっている感じですが、元々の色合いもこんなものかもしれません・・・・(´ェ`)ン-・・?。
コシもあるし シッカリとした咀嚼感もあるもので ”花月嵐”の麺の中でも 比較的好きなタイプの麺ではありますかね・・・(*´・д・)*´。_。)ゥミュ!。

花月嵐 033

スープは”背脂”がドロドロチックなもので、”源泉”でヘヴィーならーめんを食べた後だったので こりゃキツイな・・・・(。ノω<。)ァチャ-って印象は受けたのでした( *´艸`)クスクス。
味噌の味わい自体も かなり濃いめに感じられ、トッピングで”キャベツ”もつけておくんだった・・・ε-(o´_`o)ハァ・・っと後悔してみたのでしたトホホ・・(;´д`)ノ| 柱 | 。

花月嵐 031

具材は いつものペラペラのチャーシュー(バラタイプ)が2枚・・・・で、厚みさえあれば 結構美味しいものなのでは・・・とは思わされるものの、ペラペラ感は隠しようも無く 所詮はチェーン店のもの・・・・の印象ですね(-ε-●)!。

花月嵐 032

あとの具材は ”モヤキャベ”・・・・で、このあまりに濃厚&脂ギッシュなスープには ”量的”な物足りなさは 存分に感じられるものでァィ(。・Д・)ゞ?、やはり”キャベツ”のトッピングは付けておきたいところでした(。´゚ェ゚)。´_ _)ゥン。

ついでに言わせてもらえば こちら1軒だけなら”ライス”も必須か・・・とも思われたのでした・・・・(o-∀-)b))そぅそぅ!。

花月嵐 030

最初から ”刻みニンニク”もソコソコの量は載せられていますが、コールした”ニンニク”も全てクラッシュしてポィ(o'д')ノ ⌒ ○・・・・っとしておきました(・∀・)ウン!!。
クラッシュした”ニンニク”は あまりに微々たる量で、もう1人前は やはり( ゚д゚)ホスィ...・・・と感じたのは ヲサ~ンだけですかね・・・

花月嵐 022

卓上調味料は いつもの感じのもので・・・・

花月嵐 035

”激辛壷ニラ”・・・・を

源泉 花月嵐 036

程々の量をポィ(o'д')ノ ⌒ ○・・・っとしつつ、食べ進めたわけですが、どうにもヘヴィーさ・・・というか クドさが感じられてしまい スープは半分残しで終了・・・・アチャ──(ノдノ)──・・っとなったのでした(*・ω・)*_ _))ペコリン。

”源泉”で食べた後だったし、あまりに胃が重たくて屈辱的な敗北をしてみたようです・・・ε-(‐ω‐;)。

箸休め・・・・になる ”もやし”か”キャベツ”さえ注文していれば また違った展開になったかとは思われるのですが・・・・ント・・σ( ・´_`・ )。oO(悩)?。

基本的には好きな部類のラーメンだし、体調の良い時にまたキッチリと食べてみたい・・・とは思われたのでした・・・・ぅん((´д`*)ぅん。

”黒武者”・・・・も 久々に登場するし また再訪してみましょう・・・( ̄ー ̄)ニヤリ。


それでは またぁ~

お好み度・・・★★★+


住所 海老名市中央2-1-5 営業時間 11:00~翌1:00
定休日 無休