らーめん・雑記 おいしいので逝っときました

ども…、ジーザスです(;^_^A。 このところは ラーメン以外の食べ物を多く食べたい気がしておりますが、ラーメンも引き続き・・・って感じです。 美味しい魚貝類やその他諸々・・・リーズナブルな価格の物を中心に食べていきたいです(^ー^)ノ。

鎌倉市

かまくらそばDila大船店@鎌倉市3

かまくらそば

”大船軒”を食べ終えると まだ物足りなさ・・・ァィ(。・Д・)ゞ?も感じていたので 同じNREが経営する ”かまくらそばDila大船店”でも食べてみることにしたのでした(*´・д・)*´。_。)ゥミュ。
もちろん 大船駅構内で連食ですね・・・(;´-`)。oO(ぇ・・・)?。
続きを読む

大船軒(大船ホームそば店)@鎌倉市3

大船軒

休日の土曜日・・・・(´ー+`)キラッッ、 前日の夜は 多分・・・そこらの小学生よりも早めに寝たので・・・Σ(・ω・ノ)えっ! 普段の土曜日と違ってちゃんと起きれたのでした゚*。(*゚ェ゚ノノ゙☆パチパチパチ!。

んじゃぁ・・・なんか食べに行くか・・・(*´・д・)*´。_。)ゥミュ・・・と電車に乗ってみたものの、特にあてもなかったので 以前から多少なりとも気にはなっていたJR大船駅、東海道線下りホーム(3・4番線ホーム)にある ”大船軒(大船ホームそば店)”で食べてみることにしたのでした
続きを読む

鎌倉家@鎌倉市2

鎌倉家 001

”大原家”を出た後は、この日の本来の目的である ”横浜家系ラーメン 鎌倉家”に戻ってみると 今度はちゃんと営業しており、サクッと入店すると 店内のカウンター席は既に半分は埋まっており 新店・・・ってことで ソコソコの客入りはあるようでしたw(゜ー゜;)wワオッ!!。

鎌倉家 013

メニューは ”豚骨醤油”を筆頭に ”豚骨塩”や”つけ麺”も用意されていますね(* ̄ρ ̄)”ほほぅ…。

鎌倉家 016

席にも一応 メニュー表は置かれています(・_・D フムフム。

そんな中から ”豚骨醤油ラーメン”690円+”キャベもや”130円・・・・を注文しておきました
好みを聞かれたので ”麺硬め”・・・のみにしておいたのでした(;´▽`A``。
しかしながら、”醤油キャべもや”820円・・・の食券もあったのには 後から気づきました(ノ∀`)アチャー。

(゜O゜;アッ!・・・店員さんは全員、大陸系の方々のようですね(゜ー゜)(。_。)ウンウン。

価格的には ややお高め・・・(・へ・;;)うーむ・・・・の印象のものですが、11:00~18:00までは セルフで”ライス”が食べ放題・・・と この辺りもシッカリと価格には転嫁されているようです(T▽T)アハハ!。

厨房内は殆ど見えなかったものの、調理は声からして若いおねーさんが担当しているようでした・・・・ってことは、おそらくはありがちな工場生産品のスープを使用したものが出される可能性が高そうだな・・・(━_━)ゝウーム?などと思いつつ、然程には時間はかからず提供されたのが こちらものもの・・・でした。

鎌倉家 019

ついでに もう1枚・・・・なわけですが、

鎌倉家 020

( ̄へ ̄|||) ウーム?・・・”キャベもや”は、いきなり丼にのせられてきたか・・・・、出来たら別皿提供にしてもらいたかったのですが・・・・とは 個人的な嗜好でそう思っただけです(;´▽`A``。

鎌倉家 023

麺は ダンボールに入れられており製麺所は不明・・・で、かなり平打ち度の高い、黄色が強めの太麺寄りのもので 食感的にはゴワゴワ感がかなり感じられ しなやかさに欠けるかな・・・ヽ(~~~ )ノ ハテ?の印象のものでしたウ・・ ウン(・_・;)。
ヲサ~ン的には 好みのタイプの麺では無かったように感じられたし、”家系”に この麺では・・・・と思われたものの、この辺りは好みの問題ですね(。・・。)(。..。)(。・・。)(。..。)ウンウン。

茹で加減は ”かなり硬め”・・・のもので、硬め指定しない方が良かったかも・・・・でしたアチャ・・・(ノ_< ;)。

鎌倉家 021

スープは ”豚骨醤油”で 白濁感のあるクリーミーなタイプで、油のマッタリ感もソコソコあるタイプ・・・・。
醤油感も程々に感じられ、マズマズいけるな・・・( ゜ー゜)( 。_。)ウン♪とは思われたのですが、こちらのスープもこれまた かなりのショッパさ&化調感を持つもので、ヲサ~ンは即座にスープを飲み干すことは出来ないな・・・と冷静沈着な判断がなされた点においては 正しい判断だったかと思われました<( ̄- ̄)> エッヘン!。

”キャベもや”をつけても この塩分濃度・・・・では・・・、これは”ライスがすすむ君”・・・ですね(゜▽゜=)ノ彡☆ギャハハ!!。
ヲサ~ンが 歳のせいで”塩分”に弱くなってきている・・・(・・∂) アレ?って部分も多分にあるかとは思われるので、全然へっちゃらな人も多いかもしれませんが、ヲサ~ンは”汁完”は避けておきたい部類のスープでした(; ̄ー ̄川 アセアセ。

ただ、その点を除けば、豚骨のダシ感はシッカリと出ていると思うし、良く出来ているスープだとは思われましたv(・_・) ブイッ。
・・・・となると これだけのスープを、あのお若い大陸系の にーさん&ねーさん・・・が作ったとは思えなくなるものだし、やはり・・・・なのかなぁ・・・(´ヘ`;) う~ん・・・?の疑念は消し去るどころか、より膨らんでいったのでした

鎌倉家 022

具材は 定番チックに、チャーシュー・ほうれん草・海苔・・・に、トッピングした”きゃべもや”・・・で、チャーは豚バラタイプのもので、普通に美味しく頂けました(*゜▽゜)ノ。
脂がクドくないのも良かったです。

ほうれん草は 特に・・・・で、海苔は厚み的には若干薄いかな・・・?と 思われたものの、それなりに風味も感じさせてくれるし 麺に巻いても破れることもなく合格点ではありました('▽'*)ニパッ♪。

鎌倉家 014

卓上調味料は にんにく・刻み生姜・玉ねぎ・・・・・に、

鎌倉家 015

きゅーちゃん・豆板醤・・・・

鎌倉家 018

ゴマ・醤油・コショウ・お酢・唐辛子・・・・と それなりに揃っている印象でしたが、ラー油はあったかなヽ(~~~ )ノ ハテ?・・・でしたが、餃子を提供しているので 間違いなくあるものと思われますが、気が付きませんでした('-'*)エヘ。

ヲサ~ンは まずは”にんにく”を投入して、”玉ねぎ”をザクザクと大量に(/--)/ ⌒〝≫○ ポイポイッ・・・として、スープを飲みやすくしよう・・・と試みたわけですが、かなりキツイ・・・・な、の状況は変わらず 最終兵器の”お酢”を投入して なんとかソコソコ食べることに成功しました(*゜▽゜)ノ・・・・と 大本営発表では ”連戦連勝”ヽ(゜▽゜*)乂(*゜▽゜)ノ バンザーイ♪・・・・と、なされていますが スープは3分の2は残して、麺も半分は残してしまう・・・という現実は 顔を背けたくなる程の悲惨な結果でした(*_ _)人ゴメンナサイ。

お腹に余力は十分あったものの、塩分&化調感がタップリのこのスープとあまり好みではない麺・・・との組み合わせにすっかりと撃沈されたのでした( ´△`)アァ-。

しかしながら こちら1軒だけ・・・なら それなりに食べられていたと思われるし、店員さんの接客も 大陸系の方々が運営されるお店の中では 割と落ち着いたキチンとした感じもあるし、まぁ・・・良い部類なのでは・・・とは 思われました( ゜ー゜)( 。_。)ウン♪。

再訪時は 麺柔らかめ・・・だと あの麺はどうなるのか 一応試してみたいところですが、他のお店を訪問してしまうかも・・・・ですかね(='m')くすくすっ♪。

2軒続けて 家系のスープがこうもショッパく感じすぎてしまうとは、ヲサ~ンの体調もあんまし良くなかったのかもしれないですね・・・( ̄へ ̄|||) ウーム?。
麺の違和感・・・も 気になるところだし・・・(´ヘ`;) う~ん・・・?。

今回のブログは あんまりあてにしないでd(^-^)ネ!・・・・って、最初から あまりあてにはされていませんね・・・・そうでした・・・o( _ _ )o ショボーン。

それでは またぁ~

お好み度 ★★+

住所 鎌倉市大船1-5-5 営業時間 11:00~翌2:00
定休日 無休?




大原家@鎌倉市3

大原家 

約1年ぶりに ”大原家”を訪問してみました
前回訪問時は こちら・・・を食べています(*- -)(*_ _)ペコリ。

こちらのお店をお目当てに・・・と言うわけではなかったものの、”お目当てのお店”が開店時間を5分過ぎても開店しなかったので 痺れを切らしての訪問でした(。・m・)クスクス。

店内左側奥にある”券売機”の前に立つと やはり以前より消費税の影響で値上げされているようでした・・・(・へ・;;)うーむ・・・・。

”チャーシューメン”900円と”きゃべつ”110円の食券を購入して、好みは”麺硬め”・・・のみで注文しておきました(*¨)(*・・)(¨*)(・・*)ウンウン。
(゜O゜;アッ!・・・、食券はプラ券ですv(・_・) ブイッ。

この時間帯は 前客2名・・・にヲサ~ンの後からは3~4名と・・・混む兆しは十分に感じられていたのでした・・・(゜▽゜*)ニパッ♪。

大原家 

案外サクッと提供されたのが こちらのもので、パッと見は 吉村家直系のラーメンにも見えますねw( ̄o ̄)w オオー!。

盛りつけ・・・というか、タレをいれたり キャベツの用意等は奥さま?が行っており 店主さんは麺上げはしているようでしたo(*^▽^*)oあはっ♪。

大原家 

丼は ちょっと小さめ(;´▽`A``な気はするものの、なかなか色合いも良いし ( ̄▽ ̄)b グッ!な雰囲気は醸し出しているようです(・_・D フムフム。

大原家 

麺は 家系定番にして最強?・・・(゜∇゜ ;)エッ!?と噂される”酒井製麺”のもので 茹で加減も やや硬めくらいのものでヲサ~ン好みのものv(・_・) ブイッ。
特に スープとの絡みもこの太さの麺とは とても良くあっているように思われました(⌒^⌒)b うん。

大原家 

スープは 豚骨の濃厚感は十分にあり鶏油も比較的マッタリとしたタイプで 重量感を感じさせるものですね・・・(; ̄ー ̄A アセアセ・・・、オープン当初はもっとヘビーさがあった気もしますが、今のヲサ~ンは これでも十分に重量級を感じさせられるものでした・・・・歳はとりたくないものですねアチャ・・・(ノ_< ;)。
醤油ダレも かなりキツメに感じられ ちょっとショッパイかなヽ(~~~ )ノ ハテ?・・・と感じられるものだったので、再訪時は”味薄め”にしておこう・・・・(。・・。)(。. .。)ウンと かなり弱気です( ´△`)アァ-。

家系で”味薄め”・・・なんてした記憶は ほぼ無いんですが、そんなお年頃なのでしょう・・・・(キ▼д▼;)トホホ・・。

(゜O゜;アッ!・・・そうそう、チャーの影響からか スープ表面はかなりぬるく感じられたのですが、油の下には熱々のスープが潜んでおりました(・0・。) ほほーっ!。


大原家 

具材は チャーシュー・ほうれん草・海苔・・・で、メインのチャーシューはホロホロタイプの柔らかいもので、基本的には美味しいものなのですが、スープ同様にかなり味付けが濃いめ・・・o( ̄ー ̄;)ゞううむ?の印象で、価格的には ややお高さを感じさせられるものの ボリューム的にはタップリだし納得感はあるものでした( ゜ー゜)( 。_。)ウン♪。
しかしながら こちらもスープ同様にショッパサが強め・・・となると、ライスかきゃべつは 注文しておきたいところですかね

ほうれん草は少量でしたが、それなりのもので、海苔はパリッとタイプで”家系”として不足感は無いものでした( ̄▽ ̄)b グッ!。

大原家 

きゃべつは 湯通しされたもので、湯通しされて なおかつこれだけの量がある・・・ってことは ソコソコの量はある・・・ってことっですね(・_・D フムフム。
チャーも厚みのあるコロタイプのものが 写真で見える部分以外にもきゃべつの奥底に潜んでおり お得感はかなり高いです(*゜▽゜)ノ。
こちらのチャーも湯通し?されているのか蒸気で蒸されているのかわかりませんが、 ラーメンに入ってくるチャーよりは 無駄な?塩分が削がれた感じの優しい味わいで 今回はヲサ~ン的には こっちのチャーの方が食べやすくて美味しくも感じられたのでした(゜ー゜)(。_。)ウンウン。

ラーメンのスープが ヲサ~ン的にはかなり濃く感じられていたので、キャベツを( 。・・)/⌒□ポイ ・・・っとして 中和を図ったものの、もう1個 ”きゃべつ”の注文が必要なようでしたヾ(≧▽≦)ノギャハハ☆。
”きゃべつ”は どちらにしても必須だな・・・ウ・・ ウン(・_・;)と 思われたのでした。

大原家 

大原家 

卓上調味料は コショウ・唐辛子・にんにく・豆板醤・・・・の他に お酢もあるのですが、ヲサ~ンの席からはとれない位置に置かれており、数も少なめですね(´ヘ`;) う~ん・・・?。
このあたりは 別の調味料と同様に用意して欲しいところでしたウ・・ ウン(・_・;)。
(・・∂) アレ?・・・・、以前には置かれていたゴマも無かったような・・・ヽ(~~~ )ノ ハテ?。

いつもの感じで にんにくを( 。・・)/⌒□ポイ ・・・としたものの、生姜は用意されてないし お酢は取れない位置だし・・・で、ちょっとだけ不満を覚えたものの マズマズ美味しくは頂いてスープは半分残しで終了・・・となりました。
ちょっとヲサ~ンには 味が濃すぎてショッパかったですかね(; ̄ー ̄川 アセアセ。
なんだか ”生姜”・や”玉ねぎ”・・・のようなc(・。・) ちょこっと・・・サッパリさせてくれる調味料も断然欲しい気はしましたが・・・・(・へ・;;)うーむ・・・・?。

しかしながら、ラーメンの出来栄えとしては問題なく、お若い方々には絶賛されても全く不思議でないものではありました(゜▽゜*)ニパッ♪。

ヲサ~ンは 再訪時は 硬め・薄め・油少なめ・・・・という ヲサ~ンらしからぬパターンでの注文になりそうですが・・・(゜▽゜=)ノ彡☆ギャハハ!!。

それでは またぁ~

お好み度・・・★★★++


住所 鎌倉市大船1-11-20 営業時間 11:00~22:00 (祝)~20:00
定休日 日曜日


横濱一品香 FC大船店@鎌倉市3

一品香 

またしても JR大船駅で下車して ”横濱一品香 FC大船店”を訪問してみました

なんだか”餡かけ系”のラーメンが食べたいな・・・との理由だけでした
基本的には”タンメン”・・・がイチオシのお店のようなのですが、あまり興味も無く今日まで未訪だったわけです(;´▽`A``。

一品香 

”おすすめ「得」ランチ”・・・のメニューもありましたが、そんなものには目もくれずに注文したのが こちら・・・・ですヽ( ´ー)ノ フッ。

一品香 
一品香 

”五目うまにそば”830円?・・・なわけですが、価格については一抹の不安があり 多少違っていたらごめんなさいペコリ(o_ _)o))です。

パッと見の印象は 具材も豊富な感じで彩りも良いし( ̄▽ ̄)b グッ!な印象ですね(゜-゜*)(。。*)ウンウン。

一品香 

麺は自家製(自社製?)らしい 平打ちストレートタイプの物で、やはり中華麺らしく・・・( ̄△ ̄;)エッ・・?ややコシには欠けるか・・・o( ̄ー ̄;)ゞううむのものではありました。
しかしながら、当然麺には然程の期待もしていなかったので まぁ・・・こんなものかな・・・ウ・・ ウン(・_・;)的な感じで食べることが出来ました。

一品香 味菜登庵 015

スープは豚骨・鶏ガラベースのようで、餡を混ぜずにそのまま飲んでみた時は 醤油感・ダシの旨み・・・共にやや弱いかな・・・とは思われたものの、味付けされた餡を混ぜてからの方が断然に美味しく感じられるものでした( ̄。 ̄)ホーーォ。。
醤油もエッヂのある・・・ってタイプではないのですが、まろやかな風味を感じさせられるもので・・・って 単に薄い・・・とも言われそうな気もしますねヾ(≧▽≦)ノギャハハ☆。
しかしながら 醤油の味わいが希薄・・・ってことはありませんでした
スープ全体からは 程よい甘みが感じられる点も良かったと思うし、結構美味しくいただけました(゜▽゜*)ニパッ♪。

一品香 

一品香 

具材は 豚肉・パプリカ・イカ・青菜・マッシュルーム・キクラゲ・小エビ・ネギ・にんじん・白菜等・・・で かなりの具沢山ですw( ̄△ ̄;)wおおっ!。
豚肉は量的にもタップリで 味わい的にもシッカリと感じさせてくれるもので美味しい物でした(⌒^⌒)b うん。
小エビはプリプリっとしたもので食感も良いし、イカも噛み切るのに苦労するような物でもなく( ̄▽ ̄)b グッ!なものでしたv(・_・) ブイッ。

”餡”のトロミは比較的強めのものですが、全体的に満遍なく混ざる感じでベースのスープとのバランスもとても良いですね・・・(゜ー゜)(。_。)ウンウン。

一品香 

卓上調味料は ラー油・コショウ・醤油・お酢・・・・で、コショウを少々に 〆にお酢を( 。・・)/⌒□ポイ ・・・の定番パターンでキッチリと無理なく美味しく食べきることが出来ました

特に これだ・・・っいう点は無いのですが(; ̄ー ̄川 アセアセ、万人向けの王道をいく”餡かけもの”・・・で、食材の質も高級・・・と言うことではないのですが、きちんとした物で提供されていると思われたし これは是非”タンメン”も食べてみたくなりました( ゜ー゜)( 。_。)ウン♪。
ちょっと麺がね・・・(;´▽`A``・・・ってとこはありますが

なんだかチェーン店とのことで あんまし期待していなかったのですが、期待を上回って美味しくいただけました(゜▽゜*)ニパッ♪。

今回のブログは結構淡白にまとめられたと思うのですが、実は久しぶりに 無駄な文章タップリに書いたものがちょっとしたミスで飛んでしまう・・・・(/・_・\)アチャ-・・という大惨事に見舞われたので、ガックリと肩を落としつつ 再度書いてみたのでした(⌒▽⌒)アハハ!・・・・・( p_q)エ-ン。

無駄な文章を書かないと ブログのアップも効率的に出来るな・・・・( ̄∧ ̄)(_ _)フムフム・・・と気づかされたのでした。

それでは またぁ~

お好み度・・・★★★+

住所 横浜市栄区笠間2-2-1  営業時間 11:00~21:00(LO20:45)
定休日 木曜日                                   


お店のHPはこちらです(o*。_。)oペコッ。


壱六家 大船店@鎌倉市2

壱六家 018

"石狩亭”を出ると ”ネギ”のたくさんのったラーメンが食べたかったので すぐそばの、”浜風”を訪問してみたのですが・・・なんとオォォー!!w(゚ロ゚)w・・・・!。

浜風

リニューアル休業・・・ってことで、「あぁ・・・そぅ・・・・・・・・・・( ̄  ̄) しらぁ~。」・・・と うしじまくんチックに あっさりと”壱六家 大船店”に矛先を向けたのでした(*´・д・)*´。_。)ゥミュ。
以前は 同系列が至近距離に3店舗あったのですが 現在はこちらの店舗だけになってしまいました
前回訪問時は こちらを食べていたりします(*・ω・)*_ _))ペコリン。

まぁ・・・、あんまし興味が無いお店・・・というか 壱六家の中でも独自路線の味わい・・・というか、ブレが大きい・・・というかのお店で ヲサ~ンが”壱系”に飽きてるという理由もあって 大船に来てもそれほどには訪問しないお店ですね(o-∀-)b))そぅそぅ。
”大原家”が営業していれば そちらに行ってしまいますからね

先客は4~5名・・・といったところで、後客は3名ほど・・・でした。

壱六家 019

食券制で 外の看板に掲示されていた他店では平日にしか提供されていないメニューを注文しよう・・・と思ったものの、食券機には そのメニューの押しボタンは無いし・・・ゥ──σ(・´ω・`;)──ン・・・ってことで、素直に”醤油ラーメン”680円を注文しておきました。
好みは ”硬め”・”濃いめ”・・・ですね(o゚ω゚))コクコク。

壱六家 023

壱六家 022

カウンター席正面には こんな感じの定番チックなものが掲示されておりました( -Д-) ゚Д゚)フムフム。

待たされた感もなく 提供されたのが こちらのラーメン・・・で、

壱六家 024

なんだか ”鶉の玉子”さえなければ、パッと見は六角家とか本牧家・・・近藤家の家系ラーメンと見間違えてしまいそうな色合いですね(。´pq`)クスッ。
丼が青色・・・ってこともありますが・・・(;^ω^)。

壱六家 028

麺は こちらでは定番の”長田屋製麺”のもので、平打ち度の高い中太麺・・・・、硬めコールのとおりに 程よい硬さで提供されました

壱六家 026

スープは豚骨100%・・・とのことですが、ややこの時間帯は濃度にかける印象で、”濃い目”指定した”醤油ダレ”ばかりが かなり強力にしょっぱさを演出していました(。ノω<。)ァチャ-。
ほんのつい最近までは ”壱系”・・・は”醤油感”に欠けたスープ・・・ってのが ヲサ~ン的には定評だったわけですが、このところは そのあたりもシッカリと改善されてきており、醤油感に不足はなくなってきているようですね・・・ほぅほぅ(*゚д゚))。

しかしながら 今回のスープは豚骨のダシ感が ”壱系”にしてはかなり弱めのもので、醤油ダレを受け止め切れておらず、醤油感は十分に伴いながらも ”しょっぱい”だけ・・・・といった感じのものでした( -д-)ノ。
これでは おそらくは好み”普通”・・・で注文していてもきつかったのでは・・・と思わされるものではありましたント・・σ( ・´_`・ )。oO(悩)。

壱六家 027

壱六家 029

具材は チャーシュー・ほうれん草・海苔・・・に こちらの系統定番の”鶉の玉子”・・・で、チャーはやはりいつもの感じの 豚バラチャー・・・で、脂のくどさは然程には感じられるものでもなく ソコソコ美味しくは頂けるものでした(。´゚ェ゚)。´_ _)ゥン。
海苔は 不満の無いレベルのもので、ほうれん草も量的には 一般的な量も盛られており 質的にもそんなに悪くは無かった印象ではありました(o゚ω゚))コクコク。
”鶉”・・・は パクッと食べてしまって印象に残ってません・・・( *´艸`)クスクス。

壱六家 020

壱六家 021

卓上調味料は 壱六家定番の”ワールドソース”を始めとして、おろしにんにく・揚げニンニク・刻み生姜・ゴマ・豆板醤等がキッチリと用意されており、当然 手始めに”おろしニンニク”からポィ(o'д')ノ ⌒ ○・・・としたわけですが、さらに”生姜”も投入したものの、スープがしょっぱ過ぎて こりゃスープの完飲は無理だな・・・(ノ∀`)アチャーと思いつつも、揚げニンニクを入れてみると これはスープにタップリと浸ると美味しいですね(*・ω・)ノ。

何とか”お酢”で・・・と 一縷の望みを託してポィ(o'д')ノ ⌒ ○・・・したものの、やぱしムリ(乂д´)・・・ってことで、スープは 半分以上残して終了・・・・となりましたε-(o´_`o)ハァ・・。

”味濃いめ”が定番のヲサ~ンですが、濃度不足のスープに この濃いめの”醤油ダレ”はちょっときつかったみたいですね・・・(゚∀゚ ;)タラー。
うんまぁ・・・ちょっとね・・・・・・の出来栄えではありました

再訪時は 味の濃さはとりあえずは”普通”・・・にしておきましょう・・・・ぅん((´д`*)ぅん。

それでは またぁ~

お好み度・・・★★++

住所 鎌倉市大船1-9-13 営業時間 火~土11:00~翌2:00 日祝~22:00
定休日 月曜日&第1日曜日
※ お店のHP http://www.ichirokuya.co.jp/oishisa.html



石狩亭@鎌倉市3

石狩亭 

JR大船駅笠間口を出て 右方向に歩けばすぐのところにある ”石狩亭”を訪問してみました
こちらのお店が メイン・・・というわけで訪問したわけではないのですが(;^ω^)、10:30~の営業なので、前回食べた”広東麺”はお高いものの、美味しかったので まだ他店は営業前だし・・・ってことでの訪問でした(*´・д・)*´。_。)ゥミュ。

10:40頃の訪問で 前客3名(2階席は不明です。)・・・・で、ヲサ~ンの後からは 他にお客さんが結構いらしてました(*'∀'人)ワォ☆。

口頭注文の後払い制で、基本のメニューはこんな感じです・・・・。

石狩亭 

石狩亭 


少々見づらいかと思われるので、麺類のアップは こちら・・・で、


石狩亭 

石狩亭 

”サンマーメン”か”広東麺”を注文しよう・・・(。´゚ェ゚)。´_ _)ゥンと 思われた矢先に 壁には別のメニューが張り出されていたのに気づき、”具だくさんとん汁ラーメン”800円を注文してみました

フロアの店員さんに 「玉子はいれますか?」・・・と聞かれたので、よく分からないまま 「お願いしま~す(*゚∀゚)っ!。」・・・ってことで そうしてみました。

石狩亭 

7~8分後に 後客さんの分と同時に提供されたのが こちら・・・・で、後客さんは ”とん汁ライス?”・・・だったかのメニューを注文していました( ゚д゚)ホゥ。
こちらの とん汁とライスのセットメニューのようですね(●´∀)bぅんぅん。
提供時に 「サービスライスつけますか?」・・・と聞かれたのですが、連食のつもりなのでお断りしておきました(*・ω・)*_ _))ペコリン。

石狩亭 

”とん汁”・・・ってことで、当然 味噌ベースのものなのですが、以前食べたことのある味噌らーめんのスープとは 色合いも違うようだし・・・ヽ(~~~ )ノ ハテ?のものですね。

石狩亭 

麺は 中太ストレートタイプのもので、ちょっと語弊があるかもしれませんが、ちゃんぽん麺をやや細めにした感じの麺・・・ッぽい(´・_・`。)ヵナァ・・?と ヲサ~ン的には感じられたのですが、なにせあんまし”ちゃんぽん”を食べる事が無いもんで・・・(^Д^)ギャハハ。
しっかりとした噛み応え・・・ってのは十分に感じさせてくれる麺ですねΣd=(・ω-`o)グッ♪。

石狩亭 

スープは確かに ”とん汁”・・・なんですが、ダシは多分 鶏がらの中華スープが使われているっぽい感じのスープで、通常食べている一般的な”とん汁”とは 一味違うかな・・・エト・・(´・ω・)y-~?とは思わされるものでした。
コク・・・って部分もシッカリとあるし、白味噌ベースのもので 思っていたよりは全然美味しいですね(*゚∀゚)*。_。)*゚∀゚)*。_。)ウンウン。
”なんちゃってメニュー”ではなくて (*'-'*)ホッとしたのでした・・・・クスクス(´゚艸゚`*)クスクス。

石狩亭 

石狩亭 

具材は 豚肉・たけのこ・青ネギ・にんじん・玉ネギ・キャベツ・キクラゲ・ニラ等・・・に、

石狩亭 

”半熟たまご”・・・でした。
いやぁ~・・・、写真に撮らねばならないのに 割り方が”雑の極み”・・・ですねヾ(≧▽≦)ノギャハハ☆。

他の具材には、てっきり”ごぼう”とか”大根”なんかも入ってくるかと思ったのですが、それらはありあませんでした(ノД`)シクシク。

”豚肉”は量的にはタップリ(∩´∀`)∩オォ♪で、厚み・大きさ・・・も不満の無いものが 結構多めに盛られていました・・・味付もいいですね( ´∀`)bグッ!。
その他野菜類はそれなり・・・の印象で、”半熟たまご”は 野菜類とからめて食べると美味しかったです

石狩亭 

卓上調味料は コショウ・唐辛子・ごま塩・醤油・ラー油・お酢・・・に 写真には写っていないのですが ”自家製おろしにんにく”が用意されています(o゚ω゚))コクコク。

まずは このスープなら”唐辛子”だろう・・・・と 唐辛子をポィ(o'д')ノ ⌒ ○・・・っとしたわけですが、予想通りにあいますね(o^―^o)ニコ!。
続いて チビッとだけ”コショウ”も 唐辛子以外の部分に振ってみたわけですが、(*・`o´・*)ホ―・・・これも悪くないですね(。´゚ェ゚)。´_ _)ゥン。

んじゃぁ・・・メインの”にんにく”を・・・ルン♪ (p・ェ・)p ルン♪と思ったものの、ヲサ~ンの席から ”にんにく”を取るためには 他のお客さま お二人にご迷惑をかけてしまうポジションに置かれていたので、不本意ながら今回は断念したのでしたε-(o´_`o)ハァ・・。
今回は・・・って 次はいつ来るのか分かりませんからね・・・( *´艸`)クスクス。

”にんにく”も 多分スープにあっていたかも・・・・、いや あっていただろう・・・、あっていたに決まってる・・・間違いない( -д-)ノ・・・・の怒涛の3段(4段?)論法で、にんにくは合う・・・ってことに決まったのでしたウンウン(゚▽゚*(。_。*)。

予想していた以上の 味わいは感じさせてくれるものだったし、”半熟たまご”+”サービスライス”をつければ 800円・・・って価格も高いものではないかな・・・(o-∀-)b))そぅそぅ、って気もするし 一度食べてみても良いものかもしれないですね( -Д-) ゚Д゚)フムフム。

他のメニューも 値上がりしていないようだし・・・・、再訪時は一品もののメニューも一緒に注文して 食べてみたいところではありますね(*´・д・)*´。_。)ゥミュ。

思っていた以上に 美味しくいただけました(*・ω・)ノ。

それでは またぁ~

お好み度・・・★★★++

石狩亭 


住所 鎌倉市大船1-5-4 営業時間 10:30~翌2:00(LO 1:30)
定休日 無休











日高屋 茅ヶ崎北口店@茅ヶ崎市3

日高屋 001

約3ヶ月ぶりくらいに ”日高屋 茅ヶ崎北口店”を訪問してみました
日曜日だったので いつもの感じで寝坊してしまった・・・・ということです(゚д゚)(。_。)。

11:00チョット過ぎの訪問でしたが 前客数名・・・・、後客はドバッとΣ(゚Д゚ノ)ノオオォッ・・・の状況でした。

日高屋 002

この日のお目当ては ”モツ野菜ラーメン”570円だったので それと・・・・

日高屋 003

”ビール”300円・・・・、さらには・・・・

日高屋 005

”やきとり”160円・・・を注文しておきました(*´・д・)*´。_。)ゥミュ。

”ビール”⇒”やきとり”⇒”ラーメン”の順に 提供されたわけですが、

アルコール系の飲み物は サワー系やハイボール(260円)は氷ばっかりで、飲むところがないくらいにチョビっとなので”ビール”が ややお高めなものの一番無難ですかね(;・∀・)。

日高屋 006


”やきとり”は 甘めのタレにつけられた(かけられた?)ものに”薬味ネギ”が ほんのチョビっと・・・で、ホントに軽いおつまみ風味なもの・・・・(。-_-。)。
やや甘さが押してくるので、唐辛子なんかも調味料に( ゚д゚)ホスィ...ところでした(゚д゚)(。_。)。
160円・・・と 価格もお安いので仕方無いですね・・・(´ェ`)ン-・・?。

日高屋 007

日高屋 008

メインメニューである ”モツ野菜ラーメン”が提供されたわけですが、店員さんは「ごゆっくりドゥゾ(o´・ェ・)っ・・・。」・・・と言ってる割には メチャクチャ早口なマニュアルチックなもので、とてもせかされている印象すら受けますね・・・・クスクス(´゚艸゚`*)クスクス。
心のこもらない(客に向けられていない)ステレオタイプの言葉など むしろ無い方が良いくらいですかね・・・(^Д^)ギャハハ。

日高屋 012

麺は いつもの定番の麺・・・で 良いのですかねゥ──σ(・´ω・`;)──ン?。
今回は やや硬めの仕上がりみたいで、スープもよく絡んでいるようだし、マズマズ不満を感じることはありませんでした・・・(^-^)!。
もっとも 日高屋のものとしては・・・なんですが・・・・

日高屋 010

スープは 辛味噌タイプのもの(とんこつベース)ですが、ヲサ~ンでも十分に楽しめる範囲のもので、上級者にとっては 全く辛くない・・・(*´-ω・)ン?・・・って感じのもの(;・∀・)。
野菜類の旨みも 意外と溶け込んでおり、思っていた以上には美味しく感じられるものでした( ゚д゚)ホゥ。

日高屋 009

具材は キャベツ・キクラゲ・ニラ・にんじん・・・に メインの”モツ”・・・で、キャベツは芯の部分が当初 若干硬いかなぁ・・・( `・ω・) ウーム…?と 思われたものの、甘味は十分で 結構美味しく頂けるものでしたウンウン(゚▽゚*(。_。*)。

日高屋 011

”モツ”の部位も 2~3種類くらいはあったかなぁ・・・でしたが、ヲサ~ンは ホルモン系のことは良く分からないので 軽めにスルーしてみるわけですが、特に”臭み”・・・とか 硬すぎて・・・(。ノω<。)ァチャ-なんてこともなく 程よいコリコリ具合で美味しく頂けるものでした(o-∀-)b))そぅそぅ。

食べログなどを拝見すると ”臭い”&”硬い”・・・とかのコメントを結構お見かけしていたので 拍子抜けするくらいでした・・・って、ヲサ~ンがブルーカラー労働者・・・って点も軽視できないかもしれませんね( *´艸`)クスクス。
見かけによらず・・・(;゚д゚)ェ. . . . . . .(。´・д・)エッ? お下品な部類の人間だったりするかもしれないですからね・・・(^Д^)ギャハハ。

作業着は着ていても 心は錦・・・ですから・・・(o-∀-)b))そぅそぅ。

それなりにサクサクと美味しく食べ進めたわけですが、これならライスをつけても・・・(。_。(゚д゚(。_。(゚д゚ )ウンウンって感じではありました。

勿論 チェーン店ぽさ・・・を十二分に感じさせられるものではあったのですが、これは 悪くないんじゃないの・・・(^-^)!って感じのラーメンでした。

日高屋 004

卓上調味料からは コショウ・・・に・・・って、開店直後にもかかわらず 殆ど”カラ”だったのはマイナス点ですが、 〆にお酢をポィ(o'д')ノ ⌒ ○・・・として、スープは少々残して・・・の ほぼ完食(。-∀-)。
卓上調味料のチェックがなされていないようなのには憤慨したのでした・・・( ゚Д゚)㌦ァ!!・・・って ことは特にありませんでした・・・ぅん((´д`*)ぅん。
ソコソコの味わいで安くお腹を満たす・・・ってのが 第一義なお店ですからね・・・( -д-)ノ。

予想していたものよりは 満足感も高めに感じられ、程良い満足感に包まれて頂けました(^^♪。

それでは またぁ~

お好み度・・・★★★

住所 茅ヶ崎市新栄町8-1 営業時間 11:00~翌2:00 日・祝~23:00迄
定休日 無休
※お店のHP  http://hidakaya.hiday.co.jp/index.html





無双@鎌倉市2

無双 016

”大原家”を食べ終えると さてと・・・帰ろうかなぁ・・・(。´゚ェ゚)。´_ _)ゥンとは 思ったものの、まだ多少お腹には余力も見られる今日この頃・・・だったので、一応 新店・・・も訪問しておくか・・・と ”博多らーめん 無双”を訪問してみました
(株)ケンコーの 新店舗のようです( ゚д゚)ホゥ。
このところは 「3連食はやめようね<( ̄^ ̄)>。」キャンペーンを鋭意展開中ではあったのですが、ネタ稼ぎのために寄ってみました

無双 020


メニューを見ると ”つけ麺”があるので 弱腰風味は隠し切れずに ”濃厚魚介つけ麺”680円のボタンを押したわけですが、つけ麺だし、麺大盛100円も・・・と思ったものの やめておいたわけですが、これは大正解でした( ̄▽ ̄)b グッ!。
冷盛か温盛が選べるので 冷盛にしておきました(^▽^)。

無双 028

無双 029


ラーメン系は 替玉が1玉無料・・・ってとこは 嬉しいのですが、つけ麺はお得感はあんましいないのかなぁ・・・(・へ・;;)うーむ・・・・?と この時は思っていたのですが 後に大誤算であることに気づかされるのでしたw( ̄o ̄)w オオー!。

つけ麺なので 少々時間がかかり、後客さんに提供順はすっ飛ばされつつ 提供されたのがこちら・・・・、

無双 030

なんだか ちょっと寂しいビジュアルですね(^-^;!。
帰宅後 食券機の写真を見ると 味玉チックなものも載せられてくるようなのですが・・・ヽ(~~~ )ノ ハテ?。
忘れられたのかなぁ・・・でした。゚(PД`q。)゚。。

無双 032

麺は ”つけ麺用”と思われる麺で、

無双 031

全粒粉入りっぽい感じの中太麺でしたが、これがパサツキ感が意外と強いのが少々気になるな・・・( ̄ヘ ̄;)ウーンのもので、ヲサ~ン的にはあんまし好みではない部類の麺でした"o(-_-;*) ウゥム…。

ただ 提供された量は結構な量を感じさせられるもので、麺皿は平皿ではなく くぼみのあるものだったので、写真で見る以上に麺量はありましたw(゜ー゜;)wワオッ!!。
これで 大盛にしていたら・・・と思うと ((´д`)) ブルブル…と背筋に寒気を覚えました( *´艸`)クスクス。
まぁ・・・、ここ1軒なら別に同ってことも無い量ですが・・・ウ・・ ウン(・_・)。
あんまし美味しい麺ではなかったし・・・、(´▽`) ホッとしました・・・(゜▽゜=)ノ彡☆ギャハハ!!。

無双 033

つけダレは トロミのあるもので 一般的な”豚骨魚介”タイプ・・・ウ・・ ウン(・_・)。
麺量に対しては つけダレの量が やや少なくてほぼ残らない・・・という微妙な量ですかね

無双 034

無双 035

具材は ネギ・チャーシュー・メンマ・・・で、どれも特に・・・でしたが、コロタイプのチャーが結構入っていたのは好印象v(・_・) ブイッ。
やはり”味玉”は ないですね・・・(´-ω-`)。

無双 027

卓上調味料は ゴマ・らーめんダレ・お酢・高菜・にんにく・・・で、・・・(・・∂) アレ?、この系統定番の ”紅生姜”がないな・・と、あたりの調味料類を見渡したものの 全くなく、何気に後ろの厨房のほうを見ると、タッパーに入れられた”紅生姜”を 女性店員さんが これから容器に入れるところでしたΣ(・ω・ノ)ノえっ!( ̄△ ̄;)エッ・・?。
時間は 既に11:50頃・・・・、お店が開店してから1時間弱・・・( ̄△ ̄;)エッ・・?・・・、これは どういうことだヽ(~~~ )ノ ハテ?・・・の感じはしてしまいますね。

調味料類など 開店前にキッチリと揃えて置くのが当たり前ではないのか・・・?、と 社会派の評論家気取りで思ってみたわけですがヾ(≧▽≦)ノギャハハ☆、ついでに言っておくと にんにくに関しても 前日から補充された気配はなく ヲサ~ンのあとに もう1人くらい使えば 空になってしまうのでは・・・の量・・・((( ̄へ ̄井) フンッ。
・・・などと思っていると 他の客さんから「紅生姜ないの・・・( ゚Д゚)ゴルァ!!。」の コールがありましたが、女性店員さんは 慌てることなく、生姜だけに「ショウガナイワネ・・・( ̄- ̄メ)チッ。」チックに 提供しておりましたクスクス(´゚艸゚`*)クスクス。

無双 036

ヲサ~ンは にんにくに 高菜を( 。・・)/⌒□ポイ して、麺量は多いのでヒィー(>ω<ノ)ノΣ(=Д=ノ)ノヒィィッ!!言いながら?も 完食(゜▽゜*)ニパッ♪。
ヲサ~ン的には あんまし美味しい麺ではなかったので かなり苦戦させられました(T▽T)アハハ!。
やはり つけダレも、もう少し量が欲しいところですね(。_。(゚д゚(。_。(゚д゚ )ウンウン。

余談ですが、紅生姜コールをした男性客さんは ”替玉”コールの際に 「かえだま」ではなく、「かえたま」と大声でコールしており、「そんな・・・(゜∇゜ ;)エッ!?、た・・・、たま・・・なんて・・・(〃▽〃)ポッ・・・やだぁ~(/ω\) はぁずぅかぁしぃぃ~・・・。」ヾ(≧▽≦)ノギャハハ☆・・・・などと 思ってしまったのですが、正しいのはどちらなんですかね(・へ・;;)うーむ・・・・?・・・と、つまらないところで少々考えてしまいました。
味玉を あじだま・・・とは あんまり言わないし・・・"o(-_-;*) ウゥム…でした。

結構 お客さんは入っていましたが、ヲサ~ン的には つけ麺はチョットね・・・アチャ・・・(ノ_< ;)!・・・の部類ですかね( -д-)ノ。
素直に ラーメン+替玉・・・が よろしいみたいでしたウ・・ ウン(・_・)。
せめて調味料類は 開店時間までには”きっちり”とネッ(oゝД・)b・・・ってとこを まずはお願いしたいところです

それでは またぁ~

お好み度・・・★★

住所 鎌倉市大船1-8-5 営業時間 11:00~24:00
定休日 無休



大原家@鎌倉市4

大原屋 

”石狩亭”のあとは この日の本来の目的店である”横浜家系ラーメン 大原家”を 訪問してみました

11:10頃の訪問でしたが 前客2名・・・に 後客3~4名でした( ゚_¨゚)´_¨`)ふむふむ。

食券制ですが、通り沿いの扉は現在は使用されておらず、お店に入って左側奥にある食券機で ”ラーメン”650円+”きゃべつ”100円の食券を購入して、好みは 麺硬め・味濃いめ・・・・で注文。

大原屋 

大原屋 



前回訪問時・・・にブログに書いた 「再訪時は ああしたい・・・こうしたい・・・。」的な反省が全く生かされていない注文内容なわけですがヾ(≧▽≦)ノギャハハ☆、自分の過去のブログくらいは 読んでから訪問しろよ((( ̄へ ̄井) フンッ!・・・って話しです┬|ω・`)ショボーン。
過去に囚われず、いつも新鮮な気持ち・・・恋はいつでも初舞台・・・を信条にしております( -д-)ノ。

大原屋 

店主さんが見あたらなったのですが、途中からご登場・・・で、まずは きゃべつ⇒ラーメンの順で提供されました。

大原屋 

感想的には 前回訪問時と同様に美味しかったわけで、特に不満も見当たりませんでした(*´・д・)*´。_。)ゥミュ。

大原家

麺は 家系定番の酒井製麺で、他の方々のコメント等を拝見すると、硬め指定でも”普通”・・・との感想も多いみたいですが、今回は茹で加減もヲサ~ンの好みの硬さで よかったですねv(・_・) ブイッ。

大原屋 

スープは 豚骨の濃厚感が存分にあり、”味濃いめ”指定・・・なので、醤油ダレはややショッパいか・・・(・へ・;;)うーむ・・・・?、”普通”で良かったかも・・・・?で、前回訪問時の教訓が全く生かされておらず、同じ失敗を何度も繰り返す(≧◇≦)乂ダメ人間ッぷりを 余すことなく発揮しておきました<( ̄^ ̄)>。
”きゃべつ”も注文しているし・・・と 毎度おなじみの言い訳ですね(T▽T)アハハ!。
そんなんじゃ 普段の仕事の方も駄目なんじゃないの・・・( ̄△ ̄;)エッ・・?・・・って声も聞こえてきそうですが そのとおりですv(・_・) ブイッ。

オープン当初の 超弩級なトロミのある・・・ってタイプでは現在はないものの、それでも十分に濃厚だし、むしろ現在の方が一般的には食べやすくなっていますかね(・_・D フムフム。

大原屋 

具材は チャーシュー・ほうれん草・海苔・・・の家系定番仕様で、チャーは味付け濃いめのもので、見た目的にはややアチャ・・・(ノ_< ;)でしたが、マズマズ美味しいですね( ̄▽ ̄)b グッ!。以前はバラだった気が・・・しなくもないですが・・・ヽ(~~~ )ノ ハテ?。
ほうれん草は まぁ・・・あれで(^-^;、海苔は パリッとタイプで良かったです(゜▽゜*)ニパッ♪。

大原屋 

大原屋 

きゃべつは 茹でられたもので 写真には写ってはいないものの、キャベツに隠れてコロチャーも大きめなのが4~5個入っており、やはり味付けはかなり濃いめ・・・なので、ビールが欲しいところですね(*´・д・)*´。_。)ゥミュ。

大原屋 

大原屋 

卓上調味料は にんにく・お酢・豆板醤?・ゴマ・コショウ・唐辛子・・で、当然 にんにく・お酢を( 。・・)/⌒□ポイ っとして、キッチリと完食してしまいました(^▽^)!。
ホントは 塩分もかなりのものみたいだし(^-^;、汁完は避けておこう・・・と思ったのですが、一気に飲み干しておきました

全体的には 味濃いめ・塩分キツメ・・・の部類のラーメンなので、きゃべつや味玉・・・等のトッピング類で 一息つく部分は欲しくはなるタイプ・・・・ではあるかもしれません(人'д'o)ネッ!。
お若い方には 関係ないかとは思われますが・・・(T▽T)アハハ!。
出来たら ライスも・・・ですか・・・(o-∀-)b))そぅそぅ。

とても美味しくいただけましたv(・_・) ブイッ。

それでは またぁ~

お好み度・・・★★★★


住所 鎌倉市大船1-11-20 営業時間 11:00~22:00 (祝)~20:00
定休日 日曜日



記事検索
最新コメント
livedoor プロフィール
livedoor 天気
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ