らーめん・雑記 おいしいので逝っときました

ども…、ジーザスです(;^_^A。 このところは ラーメン以外の食べ物を多く食べたい気がしておりますが、ラーメンも引き続き・・・って感じです。 美味しい魚貝類やその他諸々・・・リーズナブルな価格の物を中心に食べていきたいです(^ー^)ノ。

マー油

麺や げんまん@小田原市3

げんまん 023

”横濱飯店”を食べ終えると 茅ヶ崎駅周辺をウロウロしていたりしたのですが、未訪店も見つけたものの また今度・・・ネッ(oゝД・)b的に 電車に乗って”鴨宮駅”で下車したのでしたウンウン(゚▽゚*(。_。*)。

鴨宮も昨年辺りから 続々とラーメン店がオープンしていますね( ゚д゚)ホゥ。

とりあえずは 普段と反対側の出口からテクテク(*´д`*)ハァハァ・・として ”麺や げんまん”を訪問してみたのでした

14:00頃?だったかとは思うのですが、前客1・後客1・・・の状況でした。

げんまん 008

”味噌らーめん”や”サンマーメン”にも 惹かれたものの”黒ちゃーしゅー”880円を注文しておきました(●゚ェ゚))コクコク。

げんまん 014

麺のお好みを聞かれたので、当然 反射的に(。ノω<。)ァチャ-、”中太麺”を選択・・・・・( *´艸`)クスクス、

げんまん 015

”小ライスサービス”は 密かにもう1軒・・・を狙っていたのでお断りしたのですが、結果的には食べときゃよかったな(-ε-●)・・・の 根性無しとして終わったのでした(^Д^)ギャハハ!。

げんまん 011

げんまん 012

卓上のメニュー表は こんな感じでしたが、期間限定の”魚介とんこつつけ麺”や”とんこつ塩つけ麺”もあったりしまいした(´・∀・`)ヘー。
”とんこつ塩つけ麺”は レモンも入っているようで こっちも食べてみたかったのですが・・・(;^ω^)。

げんまん 016

「お熱いので お気をつけて・・・(@^▽^@)ニコッ!。」・・・・と提供されたのが こちらのラーメンで、確かに丼を持ってカウンターテーブルに移す際には 「こりゃ 熱いわ・・・Σ(`□´/)/。」を実感させてくれるものではありました(●'ェ'))コクコク。

まずは ”マー油”の香りがビンビンに鼻腔を襲ってきますね( ゚_¨゚)´_¨`)ふむふむ。
ヲサ~ンは にんにくは大好きなものの、こと ”マー油”に限ってはあんまし・・・ε-(´ω`●)ハァ・・ってところもありますからね(o-∀-)b))そぅそぅ。

げんまん 022

麺は 中太麺・・・とはいえ、家系を食べなれていると 細麺の部類かな?・・・的には感じられ、比較的パツパツとした食感はあるものですが ポキポキ感はないです(・∀・)ウン!!。

げんまん 018

スープは ”豚骨醤油”・”マー油”・・・・の構成のようで あの有名店”なんつっ亭”に非常に近いものらしいのですが、ヲサ~ンが ”なんつ”で食べたのは旧店舗時代で・・・って いったい何年前だ( ゚Д゚)㌦ァ!!・・・な話しなので 比較のしようもないわけですが、その際はあんまりお好みではなかったようで、それ以来”なんつ”は行ってなかったりします(^Д^)ギャハハ!。

こちらのスープは マー油の出来栄えはそれなりに良いみたいで、案外 マー油が好きではなさそうな印象を受けるヲサ~ンでも比較的美味しく頂けるものでした
苦味が強すぎることも無くて ベースのスープの味わいにうまく+αされており結構いいかも・・・ホゥホゥ(o-∀-))でした。
もっとも”マー油”がメインである事に間違いはなさそうですが・・・(。・m・)クスクス。
もちろん 豚骨自体は十分な濃度を感じさせてくれるもので 醤油っぽさも生きている感じのスープで美味しいですねグッ(+´゚∀゚`)=b!。

げんまん 019

ε-(´ω`●)ハァ・・・・、チャーシューは またしても”バラ”か・・・やっちまった(。ノω<。)ァチャ-。
ご丁寧に チャーシューメンにしてるし・・・ちゃんと下調べをしないから・・・( ゚Д゚)ゴルァ!!と 目を覆いたくなるほどの惨状でしたが、炙が入っているものの その効果はやや疑われる・・・的ではあったものの 少なからず余計な”脂”は落ちてはいるのでは・・・などと考えつつ 結果的には 然程しつこくは無く食べられたのですが、1枚でいいかな・・・いいとも・・・イェ──ヽ( ゚Д゚)人(゚Д゚ )ノ──ィではありました

これはチャーの出来栄えが悪いわけではなくて ヲサ~ンがバラタイプのチャーに このところ拒絶反応に近いものもあったりするからだけなので、バラチャーファンの方々にとっては とても美味しく頂けるものかとは思われるものでした。
実際 ヲサ~ンもなんだかんだ言いつつも ペロリと平らげていますので・・・( *´艸`)クスクス。

げんまん 021

げんまん 020

その他の具材は もやし・青ネギ・メンマ・・・で、もやしとネギの存在は やや癖のあるこのスープにはとても良く合いますね( ≧▽≦)b Good Job!。
もやしの シャキサクとしたサッパリ感はとても好印象でした(o-∀-)b))そぅそぅ。
トッピングで ”ねぎ”150円をつけてみても良かったかなぁ~でしたが、100円なら・・・ント・・σ( ・´_`・ )。oO(悩・・ってところでした。
メンマは 比較的味付けはしっかりとした感じであったような気はしています(;´・ω・)?。
あんまし 印象に残っていないみたいですね・・・ヾ(≧∀≦ )ブハハッ!!。

げんまん 009

卓上調味料は ”自家製ラー油”を筆頭に 唐辛子・ラー油・お酢・醤油・コショウ・・・で、まずはコショウを もやし中心にフリフリしつつ・・・・唐辛子もチビッとポィ(o'д')ノ ⌒ ○・・・っとした後に、

げんまん 013

げんまん 010

”自家製ねぎら~ゆ”を投入したのでした( ゚_¨゚)´_¨`)ふむふむ。

にんにくはスライスされたものが入れられており、説明書きどおりの にんにく&ネギの風味が存分に感じられるもので、特に意外性のある味わいは無く まさに・・・的ではあったものの 思っていたよりも辛さも控えめで 軽くスプーン3杯くらいをポィ(o'д')ノ ⌒ ○っとしたわけですが、辛いのが苦手なヲサ~ンにも十分許容範囲で美味しくいただけるものでした・・・ウンウン(゚▽゚*(。_。*)。

〆にお酢を投入して スープは少しだけ残して終了・・・となりました(*・ω・)ノ。

うん・・・予想していたものより ずっと美味しかったですねΣd=(・ω-`o)グッ♪。
サンマーメン・タンメン・味噌らーめん・・・も 気になるところではあるので 再訪してみましょう(*゚∀゚)*。_。)*゚∀゚)*。_。)ウンウン。

それでは またぁ~

お好み度・・・★★★++

住所 小田原市矢作26-1 営業時間 11:00~15:00 17:00~21:00
定休日 火曜日




壱八家 本厚木店4

壱八家 012

”きんか本舗”を食べ終えると 本厚木駅周辺まで戻ってきたわけですが、”二代目 梅家”や ”謹ちゃん”は まだ営業していないし・・・(・へ・;;)うーむ・・・・の状況だったので 5~6年ぶりに 本厚木駅南口にある”壱八家 本厚木店”を訪問する事にしました

今までにも何度か お店の前には行っているものの、いつも混雑風味で 混んでる店は大嫌い・・・_s(・`ヘ´・;)ゞ..ゆったりと食べたいヲサ~ンは中々訪問できないでいたのでしたウ・・ ウン(・_・;)。
流石に 開店直後の11:05頃だったので余裕だろう・・・と

壱八家 017

壱八家 016

こんなメニューに目をやりつつ、お店に入ると・・・(;゚д゚)ェ. . . . . . .( ̄△ ̄;)エッ・・?・・・、既にカウンター席は ほぼ埋まっている状況・・・でしたが 引くに引けない状況だったので 仕方なく食券機で ”特製らーめん(醤油)”800円の食券を購入して 残り少ないカウンター席に案内されたのでした(*´・д・)*´。_。)ゥミュ。
テーブル席も 既に満席で、なんでそんなに繁盛してるの・・・w(゜ー゜;)wワオッ!!っと驚きを禁じえませんでした。
ちなみに ヲサ~ンの前客さんは女性の方で単独でのご入店でした・・・へぇ~_〆(・∀・*)。

好みは ”麺硬め”・・・のみをコール( -_-)フッ。

厨房には 男性店員さん(店主さん?)1名に 盛り付けのサポート兼フロア係の女性1名・・・に まだ新人店員さんっぽい フロア専用の女性が1名・・・でした。
これだけのお客さんがいても テキパキとした作業が行われており 無駄な動きとかは無いのは流石・・・( ゚д゚)ホゥの印象でしたウンウン(゚▽゚*(。_。*)。

”壱八系”は 増殖しまくった 某壱系店のグループとは異なり、各店舗で スープは仕込みますからね・・・ブレと背中合わせなものの、いつどこで食べても同じもの・・・よりは むしろ好感が持てるくらいです(適度な誤差の範囲内で・・・の話しですが・・・(。´pq`)クスッ。)(o-∀-)b))そぅそぅ。
ソッチ(*・д・)σ系の某壱系グループ(FC店含む)は スープ作りなど学べるはずもなく、送られた素材・スープを簡易調理で提供するだけですからね((( ̄へ ̄井) フンッ。
経営ノウハウは別としても 単にラーメン作りに関しては3日間の講習で十分だろう・・・(*´・д・)*´。_。)ゥミュ、ソコソコのお金と店舗のあてさえあれば誰にでもすぐに開業出来る・・・とは思われるものですね(●゚ェ゚))コクコク。
店舗・・・って部分が難しそうですが・・・ウ・・ ウン(・_・;)。

壱八家 019

トッピングやサイドメニューは こんな感じでかなり豊富ですが、キャベチャーは250円と高価格なのでやめておいたのでしたチェ~ッ… ( ̄、 ̄)。

先に 提供されたのは・・・

壱八家 021

マー油で 「よくかき混ぜて ご使用ください(*^-^)ニコ。」・・・とのことでした( -Д-) ゚Д゚)フムフム。

それから2分後くらいに 提供されたのが”特製らーめん”・・・・で

壱八家 022

壱八家 023

らーめん650円・・・のものよりも 味玉半個・チャーシュー1枚・海苔2枚がプラスされており、150円アップは お得感があるようで全く無いような・・・・ヽ(~~~ )ノ ハテ?・・・、しかし ”マー油”がついてくるし・・・(━_━)ゝウーム?と 微妙な価格設定ですね(; ̄ー ̄A アセアセ・・・。

壱八家 027

麺は こちらの系統定番の ”長多屋製麺”のもので 結構久しぶりに 長多屋の麺は食べる気もしましたが 特に良くも悪くも無い印象で、茹で上げは 深ザル方式・・・、茹で具合は 程よいやや硬めくらいのものでよかったです(゜▽゜*)ニパッ♪。

壱八家 025

スープは トロミを感じさせる濃厚感のあるもので丼には 醤油ダレ・鶏油が先に入れられてから 豚骨スープが注がれる”壱系”のオーソドックスなタイプ。

タレや油を注ぐ前に 丼がシッカリと暖められていた点も好印象( ̄▽ ̄)b グッ!ですね。

ヲサ~ンは 正直なところ ”壱系”・・・と呼ばれる このタイプのスープには飽き飽きしてしまっており 下手をすると 一口すすって(* ̄◇)=3 ゲプッ ・・・っとなったりするのですが、そんな飽きが来ているタイプのスープの中でも 今回提供されたスープは ”旨いな”・・・と言わざるを得ないかな・・・o( ̄ー ̄;)ゞううむ・・・と 思わされるものでした。
壱系の中では比較的 醤油感も感じさせてくれるスープだし、豚骨の旨味も十二分に感じささせてくれるもので、客入りが良いのもなるほどな・・・(・_・D フムフムとは 思わされるものでした(。_。(゚д゚(。_。(゚д゚ )ウンウン。

”マー油”も程よい苦味で、苦過ぎてスープをぶち壊すものでもなく こちらも中々良い出来栄えものでしたv(・_・) ブイッ。
お好みで 量を自分で調節できる点も( ̄▽ ̄)b グッ!ですね・・・って ヲサ~ンは結果的には 全部ポィ(o'д')ノ ⌒ ○・・・としてしまうわけなんですが(゜▽゜=)ノ彡☆ギャハハ!!。

壱八家 024

壱八家 026

具材は チャーシュー・味玉・海苔・ほうれん草・薬味ねぎ・・・、チャーはバラタイプのもので 家系のバラチャーシューは これまたウンザリ(;´д`)=3トホホ・・・・風味なことが 多いのですが、このチャーは脂の部分が ありがちなベッチャリとした脂ギッシュさは控えめで 強いて言えばハムに近い脂感・・・と言えばよいのか?・・・の印象のもので 脂身の部分もさほどのクドさは感じさせらず 美味しく頂く事ができましたウンウン(゚▽゚*(。_。*)。

海苔は 若干薄さを感じさせれるものでしたが マズマズパリッと感もあるし、ほうれん草もソコソコの量は確保されていました。
味玉は 特に・・・ではあるものの、仄かな甘みを感じさせてくれるもので、まぁ・・・よいのでは・・・でした( -Д-) ゚Д゚)フムフム。

壱八家 020

卓上調味料は 粗引き唐辛子・おろしニンニク・・・・に ちょっとよく分からなかったのですが、揚げネギ?かニンニクチップ?風味なものも置かれていました(^-^;。
使ってみればよかったですね・・・(/・_・\)アチャ-・・。

壱八家 018

唐辛子・コショウ・お酢・醤油・ゴマ・ふりかけ・ラー油?・・・の構成で、ヲサ~ンはいつものように にんにく・粗引き唐辛子・お酢をポィ(o'д')ノ ⌒ ○・・・・として 2軒目にもかかわらず キッチリと完食してしまいました(。´pq`)クスッ。
塩分の撮り過ぎが心配です・・・(-"-;A ...アセアセ。

壱系の中でも 随分と食べていなかったせいもあってか(半蔵では食べていたりもしますが・・・。) 期待以上に美味しくいただけてしまいましたヾ(≧▽≦)ノギャハハ☆。

何気に美味しかったです(*- -)(*_ _)ペコリ。

スタンプカードで お得なサービスもあるみたいですね。
また 空いている時を狙って・・・とは 思っております(*・ω・)*_ _))ペコリン。

それでは またぁ~

お好み度・・・★★★★

住所 厚木市旭町1-25-5 営業時間 11:00~26:00 日・祝~25:00
定休日 無休
※ お店のHPは こちらです。





本気うま亭相模原本店@相模原市3

本気うま亭 011

仕事の合間を見つけて ”本気(マジ)うま亭本店”を訪問してみました(*´・д・)*´。_。)ゥミュ。

既に ”本気うま亭”・・・は こちらの 相模原本店だけで あとの”本気うま亭”は ”さん吉食堂”で リニューアルオープンされているようです

本気うま亭 001

本気うま亭 002

メニューは かなり簡素化されたようで 基本の ”てるてらーめん”系に ”黒てるてらーめん”&”赤てるてらーめん”・・・のようで あとは 定食系・・・が用意されていましたほぅほぅ(*゚д゚))。

本気うま亭 004

飲み物もドリンクバー形式にリニューアルされていたわけですが 単に普通の”お水”を飲みたい人は どうすれば・・・ハッ!!Σ(ll゚Д゚ノ)ノ・・・では ありますね

ヲサ~ンは 1杯目はコーラを・・・、2杯目はウーロン茶を選択して置きましたウンウン(゚▽゚*(。_。*)。

注文は 口頭注文の後払い制で、”黒てるてらーめん”650円+”にんにくチップ”100円を ”麺硬め”で注文しておきました(^-^)。

待たされた感もなく提供されたのが こちら・・で、

本気うま亭 005

パッと見はショボイな・・・( `・ω・) ウーム…?の印象を受けるものですが 丼も大きめのものだし 特に不足感はありませんでした(o゚ω゚))コクコク。

本気うま亭 010

麺は 低加水タイプの細麺で、これなら提供時間も早いだろう・・・のもの。
噛みごたえは シッカリとしているし この麺なら忙しい時間帯でも あんまり待つことは無く提供されるかな・・・(;^ω^)のものでした。

本気うま亭 006

スープは マー油+豚骨・・・のもので ベースは てるてらーめんですね(;^ω^)。マー油は 苦味もなく万人向け・・・の印象のものですが ヲサ~ンの求める”にんにく感”・・・ってものは感じられないのが残念なところですね( -д-)ノ。
マー油は 熱したサラダ油・ゴマ油・ラードの中に 長ネギ・刻みニンニクを加えて、3段階に分けて仕上げられたもの・・・とのことで、あんまり焦げた苦味もないし、強烈なマー油風味は感じられないものの 一般的には悪くないもののように思えましたウンウン(゚▽゚*(。_。*)。
苦いばかりのマー油でない点は 良かったかな・・・って感じでした(●゚ェ゚))コクコク。

本気うま亭 007

本気うま亭 008


具材は バラチャー・キクラゲ・味玉半個・ネギ・・・に トッピングした”にんにくチップ”・・・で、チャーは 味付けも濃い目のもので、味玉は 甘さが目立つ感じのもの・・・( -Д-) ゚Д゚)フムフム(o゚ω゚))コクコク。

にんにくチップはスープを存分に吸収して これは美味しかったですね(*^^)v。

麺は 臭みのないとんこつスープを存分に吸収して、それなりに美味しく頂けました

本気うま亭 003

卓上調味料は お酢・醤油・ラー油・塩ダレ(餃子用)・唐辛子・ごま・コショウ・・・・で、ごまとお酢をポィ(o'д')ノ ⌒ ○して キッチリと完食しました(^^♪。

豚骨系のラーメンだし、調味料類には 生姜系のものや にんにくも是非とも常備して欲しい感じはありますね・・・(。_。(゚д゚(。_。(゚д゚ )ウンウン。

特に コレといった特徴的な?ラーメンではないものの、一般的には案外良いかも・・・( ゚_¨゚)´_¨`)ふむふむ・・・のもので、ラーメン自体と直接的な関係はないですが こちらのお店で使用されている丼は ラーショほど平べったいものではないものの 丼の淵から底迄の傾斜角は緩めのもので スープを飲み干したい時にも レンゲのみで95%は飲むことが出来るかな・・・゚+。(ノ`・Д・)ノオォオォ。+゚・・・のもので、丼に直接口をつけて飲む必要もないところは 女性にも嬉しいのではないですかね・・・ほぅほぅ(*゚д゚))。

特に不満を覚えることもなく 美味しく頂けました(*´・д・)*´。_。)ゥミュ。

”さん吉食堂”でも こちらのらーめんも提供されているし、定食・うどん・そば・カレー・丼もの・天ぷら・・・セットメニューも用意されているようなので、今度 ”倉見店”にでも寄ってみることにしましょう・・・、大衆食堂に衣替えしたみたいですね(;´∀`)。

それでは またぁ~

お好み度・・・★★★

住所 相模原市緑区下九沢1644-1 営業時間 11:00~22:00
定休日 無休

お店の HPは こちらです<(_ _)>。

らーめんBUBU@茅ヶ崎市3

BUBU

22日(日)訪問分で 1週間前になりますね

JR茅ヶ崎南口から徒歩1~2分のところにある ”らーめんBUBU”を訪問してみました(^^♪。

BUBU

今回注文したのは ”みそブラック”800円・・・で、麺は 細麺or中太麺から選択できるので中太麺を選択( ゚ー゚)( 。_。)。ヲサ~ンの場合、このような選択肢があると ほぼ98%位は中太麺(太麺)を選択していますね(^Д^)ギャハハ。
ホントは 細麺の方が合うのでは・・・( `・ω・) ウーム…?と 内心思っているケースがないことは無い・・・のですが、細麺にして お腹が物足りなく感じてしまったら(´・д・`)ヤダなぁ・・・・食感が物足りなかったら・・・゚(゚´Д`゚)゚ってのが理由だったりします(;^ω^)。
太麺を ガッツリと・・・が 基本的にお好みですからネッ(oゝД・)b。

今回の”みそブラック”は 感想を(・ェ・o)メモメモ・・・は してあるものの、既に食べた印象の細かいところは 忘却の彼方・・・な感じなので さらっ・・・と読み流しておいてくらはい(*・ω・)*_ _))ペコリン。


BUBU

麺は・・・って ピンボケですが(;^ω^)、厚みのある平打ち縮れタイプの麺で モッチリ&コシも感じさせられるもので 茹で加減もやや硬めぐらいで良かったように思えました(*´・д・)*´。_。)ゥミュ。
麺の硬さは 好みでリクエスト出来るようですね

BUBU

スープは 豚骨濃厚味噌に ”にんにく+くるみ”の焦がし油が かけられたもので、くるみのお陰か 一般的なマー油よりは ほのかな甘さと香りの良さを感じられた印象が残っています(o゚ω゚))コクコク。
ありがちな嫌な苦味も殆ど感じさせないものでしたが、ややクドめに感じられるかもしれない味噌を程よく引き締めるには うってつけの油のようには感じた気はしています・・・・(;^ω^)。

BUBU

BUBU

具材は チャーシュー・メンマ・ネギ・コーン・モヤシ・・・等で チャーはホロホロタイプでしたがマー油チックなものと合わさった味わいは結構美味しかったです・・・ウンウン(゚▽゚*(。_。*)。
もやしとネギの シャキサク感のコラボも良かったと思うし 価格に見劣りする内容のものでは決して無かったです

BUBU

卓上調味料から ゴマをスリ(●'∀`人'∀`●)スリしつつ、当然のにんにくを大量にポィ(o'д')ノ ⌒ ○して きっちりと完食(*^^)v。
期待していたより ずっと美味しくいただけたわけですが、この日 気になったのは新人(30代中頃?)の男性店員さんで まだ注文を取ったり、お会計やら・・・・食器の上げ下げとかに慣れていなかったようで 先輩の女性店員さんから「早くしてください・・・ヽ(`Д´)ノ!。」・・・とか叱られている姿を見るとなんだかチョット悲しくなりました・・・(つд⊂)エーン。
お弟子さん・・・なんですかね・・・( `・ω・) ウーム…?。
頑張ってくださいね・・・、応援しております(*・ω・)*_ _))ペコリン。

そんなこんなで・・・(。´・д・)エッ?、美味しかった・・・・・という記憶です

それでは またぁ~

お好み度・・・★★★++

住所 茅ヶ崎市幸町22-26 営業時間 11:00~15:00 18:00~翌1:00
定休日 火曜日

お店のHPは こちらです(ωV_vω)ペコ。
記事検索
最新コメント
プロフィール

ジーザス

livedoor 天気
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ