らーめん・雑記 おいしいので逝っときました

ども…、ジーザスです(;^_^A。 このところは ラーメン以外の食べ物を多く食べたい気がしておりますが、ラーメンも引き続き・・・って感じです。 美味しい魚貝類やその他諸々・・・リーズナブルな価格の物を中心に食べていきたいです(^ー^)ノ。

家系ラーメン

孝太郎 茅ヶ崎店@茅ヶ崎市3

IMG_0436

夏季休暇・・・ってことで茅ケ崎に朝食(昼食?)をとりにノコノコと出向いたわけですが、とりあえずはいつもの感じで”日高屋”で軽く飲みつつ・・・と思っていたものの|д゚)チラッ・・・と目をやると いつのまにか”横浜家系ラーメン孝太郎”がオープンしていたのでした(* ̄- ̄)ふ~ん。
オダサガに本店があって、茅ケ崎店は2号店のようですね・・・(・_・D フムフム。
最近はラーメン情報に全く疎いもので・・・(;^_^A。


続きを読む

横浜らーめん源泉 海老名店@海老名市2

源泉 

休日は 元ラーメンブロガーらしくラーメンも食べておかねば・・・・(*´・д・)*´。_。)ゥミュってことでJR相模線海老名駅で下車、約半年振りくらいで”横浜らーめん源泉 海老名店”を再訪してみたのでしたv(・_・) ブイッ。
続きを読む

天空丸@平塚市2

天空丸 022

”まぐろ屋大将”を後にすると、テクテク・・・o(゜ー゜o)。。。。3と 次はどこに・・・的に徘徊したわけですが 一応 ”横浜家系ラーメン 天空丸”も訪問しておくか・・・多分・・・あのお店と一緒だけど・・・( ´△`)アァ-などと思いつつ、
天空丸 023

 天空丸 024

( ̄。 ̄)ホーーォ。・・・”味噌もあるんだ・・・あるとは確信していましたが(・m・ )クスッ・・・ってことで

まぐろ屋大将 天空丸 025

お店の入り口にある券売機で、”味噌ラーメン”750円+”もやきゃべ”50円の食券を購入して 店内のカウンター席に着席(゜▽゜*)ニパッ♪。
店内は”東京チカラめし”時代と 殆ど変わっていませんね・・・(・m・ )クスッ。

店員さんには 好みは”麺硬め”・・・のみを告げたのでしたウ・・ ウン(._.;)。

天空丸 029

天空丸 030

天空丸 031

提供を待つ間に 一応 これらの物を見たりしたわけですが、”壱角家”や”~商店”と殆ど一緒ですね(T▽T)アハハ!。

元々 ”東京チカラめし”があった場所だし、予想はしていたことではありますが・・・・
経営元は やはり”こちら”・・・のようです

天空丸 034

天空丸 033

”味噌ラーメン”と”もやきゃべ”・・・が提供されたわけですが、”もやきゃべ”は 相変わらず これだけで結構お腹は膨れるくらいの量で この点は十分に評価できるかと思いますd(-_^)good!!。

写真には隠れているものの、キャベツも思っていたよりは多目の印象で 醤油ダレ・ラー油・ごま油・・・?がまぶされており、丼の底には結構な量が溜まっていました・・・(゜▽゜*)ニパッ♪。

何回かにわけて 味噌ラーメンに( 。・・)/⌒□ポイ っとしつつ、食べ進めたわけですが
肝心の”味噌ラーメン”が こちらのもので・・・・

天空丸 035

ついでの もう1枚・・・・ですねヽ( ´ー`)ノフッ。

天空丸 039

麺は 中太平打ち縮れ・・・って感じのもので、程よい硬めの茹で加減はd(>_・ )グッ!・・・で、食べ応えを感じさせる麺で 見た目以上の食った感を 感じさせられる麺ですね・・・(⌒^⌒)b うん。
良く出来てる・・・(・0・*)ホ,(゜0゜*)ホ--ッッ!!!とは 思わされる麺ではありました

天空丸 036

スープは ”味噌豚骨”で・・・、味噌の味わいが かなり濃すぎてヲサ~ンをしても コリャちょっと・・・・アチャ・・・(ノ_< ;)的なもので、デフォでこれだと ”味濃いめ”にしたら どれだけのものになるのか恐ろしくなりますね・・・;;;;(;・・)ゞウーン?。
味噌自体の味わいは 本来は軽めのピリ辛チックなもので ヲサ~ンは結構好みのタイプで、これなら”味薄め”・・・で良かったなぁ・・(-_-;ウーン?と かなりの後悔を覚えたのでした( -д-)ノ。

トロミのある”重たさ”・・・っていうか 重たすぎる印象のスープでした(゜ω゜;)(-ω-;)(゜ω゜;)(-ω-;)ウ、ウンウン・・・。

天空丸 037

天空丸 038

具材は 定番の”豚バラチャーシュー”・”うずら”・”ほうれん草”・海苔”・”薬味ねぎ”・・・に もともと載せられている”もやし”・・・で、バラチャーは 脂がクドクない点は良かったです(´▽`) ホッ。

ほうれん草・うずら・・・は こちらの系統の定番的なもので 特に・・・といったところ。
海苔は パリッとタイプで良いですねv(・_・) ブイッ。

天空丸 027

スープを 2~3口啜ると ヲサ~ン的には こりゃ(;`O´)oダメだぁ!・・・・的な濃すぎる味わいだったので、早速の ”粗微塵にカットされた玉ねぎ”&”もやきゃべ”で 集中攻撃をかけ一挙に”濃すぎる味わい”を殲滅させる作戦にでたのでした( ̄^ ̄ゞ ケイレイ!!。

天空丸 028

更には ”にんにく”による集中砲火・・・””生姜”による波状攻撃も織り交ぜつつ・・・・

天空丸 026

しかしながら、これだけの戦力を投入しても 一向に根を上げないこの味噌スープには ”天空丸爆旨辛子”・・・なる”粗引き唐辛子”っぽいものも(/--)/ ⌒〝≫○ ポイポイッっとしたり コショウ・ゴマ・・・を上空から振りそそぎ、必殺の”お酢”をドリャ・・・っと(*・・)σ ⌒・ ポイッ・・・っとしてみたものの、スープは3分の2は残して(_ _,)/~~ コウサン ・・・・となりました( ´△`)アァ-。

麺・具材・もやきゃべ・・・に関しては 楽に攻略出来たものの このしょっぱくて濃すぎる味噌スープには完敗したのでした(/・_・\)アチャ-・・。
これは 血圧が急上昇しそうなスープでしたからね・・・

天空丸 032

こんなものも 掲示されておりますが、ヲサ~ン的には「(((((¬_¬) フンッ・・・別にいいもん・・・10回なんてこないもん・・・( p_q)エ-ン。」・・・と 負け犬の遠吠えチックに 逃げるようにお店を後にしたのでしたε=ε=ε=ε=\(;´□`)/。

いやぁ・・・もう少し ”味薄め”・・・なら美味しくは頂けたたかとは思うのですが・・・…c(゜^ ゜ ;)ウーン?。

基本的には セントラルキッチンで作られたどこで食べても みな一緒・・・の ある意味ブレもなく安定した味わいを提供してもらえるお店だし、家系のこの手のタイプの中では 出来栄えも良い部類かとは思います(今回の味噌の濃さはヲサ~ン的には あわなかったようですが・・・。)・・・が、少々お店が増えすぎてますよね・・・・ヽ(~~~ )ノ ハテ?。

この手の壱系ラーメンに縁が無かった人にとっては ハマルかもしれないですね・・・ウ・・ ウン(・_・;)?。

ヲサ~ンは たまに・・・で いいですけど・・・(T▽T)アハハ!。

それでは またぁ~

お好み度・・・★★++ 

住所 平塚市紅谷町1-9 営業時間 11:00~25:00
定休日 無休

武骨家茅ヶ崎店@茅ヶ崎市2

武骨家

平塚で ”日本海 庄や”・・・を食べ終えると プラプラした挙句、茅ヶ崎に戻ってきてしまったわけですが(;´・ω・) ント・・σ( ・´_`・ )。oO(悩)?、先日 訪問して気になっていた”和風中華そば”でも食べてみるか・・・・ってことで、”武骨家茅ヶ崎店”を再訪してみたのでした(*´・д・)*´。_。)ゥミュ。

12:15頃の訪問で、店内は席数の半分程度?の客入りで、新店効果も一段落しているようでした・・・(。´゚ェ゚)。´_ _)ゥン。

券売機に向かうと にゃんと!Σ(゚ω゚`ノ)ノ・・・・”和風中華そば”は ”売切れ”表示が・・・(。ノω<。)ァチャ-。
これなら ”麺屋 吉佐”に行くんだった・・・ε-(´・_・`)ハァ・・って とこだったわけですが、引っ込みもつかなくなってしまい、仕方なく ”濃厚魚介つけ麺”780円・・・を食べることにしたのでした

先日と同じ席に着席したのですが、一向に店員さんは食券を取りに来ないので 仕方なく店員さんを呼んだのでした
つけ麺は 麺の冷・温が選べるようなので、”冷”・・・で注文しておきましたぅん((´д`*)ぅん。

武骨家 031

・・・・でもって、10分はかからずに提供されたのが こちらのものです(*・ω・)ノ。

武骨家 036

麺は 基本的には”豚骨ラーメン”と一緒のもの・・・のようでしたが、キッチリと”冷水”・・・というか、冷たさから行くと”氷水”で〆られた印象の麺で、(´・∀・`)ヘーこれ自体は案外悪くない・・・( ゚д゚)ホゥのものでした(。_。(゚д゚(。_。(゚д゚ )ウンウン。
シッカリとしたコシもあるし、つけダレとの絡みも良いし・・・だったのですが、

武骨家 032

こちらの”つけダレ”の温度を下げるには 十分以上の効果はあるようで、ぬるくなるのがあまりに早すぎて このあたりはチョット・・・ではありますかね
お味的には 定番の・・・人によっては食べ( ゚д゚)アキタヨ・・感がタップリな 魚粉の浮いた豚骨醤油ベースのつけダレで、食べ飽きていなければ悪くはないものの・・・、出来の良いこの手のタイプの物を提供するお店に比べると お手軽にコピーした劣化版の”つけダレ”の印象は拭えませんかね・・・(。-`ω´-)ンー?。

つけダレの中には 特に具材と言えるものは ”ネギ”・・・のみですo(`・д・´)o ウン!!。
ネギとつけダレの相性は ( ´∀`)bグッ!・・・ではありました。 特に悪くはないけど‐‐‐(-_-;)?の感じです。

武骨家 033

麺皿の方に具材は載せられていて チャーシュー&メンマ・・・、海苔はのせられてはいないようです( ゚_¨゚)´_¨`)ふむふむ。

武骨家 035

豚バラのチャーシューは 当然?冷たいもので やはりヲサ~ン的には脂がクドイか・・・のものでしたが、”豚骨ラーメン”と違ってラードにベッチャリ浸かって・・・ってものではないので それなりには食べることは出来ました(●`w´●)ニァ・・。

武骨家 034

メンマは嫌な味わいでもなく マズマズ・・・の印象ではありました(o-∀-)b))そぅそぅ。

武骨家 030

武骨家 029

卓上調味料は 前回と同様で、つけダレに”にんにく”と”唐辛子”をポィ(o'д')ノ ⌒ ○・・・っとしつつ、〆にお酢を投入して 一応の完食

”スープ割り”が出来るのかは不明ですが、多分大丈夫でしょう・・・(。´д`) ン?。

けっして悪くは感じないものの、ありきたり・・・といって良いものだし 何か”つけダレ”や”具材”に 一工夫は( ゚д゚)ホスィ...感じもしました。
麺は”温”・・・の方が つけダレも急激に冷やされることも無くて、そちらの方が美味しくいただけるものかもしれないですね(´ェ`)ン-・・?。

やはり”売り”・・は ”ライス無料”・・・のようで、店員さんに食券を渡した時と つけ麺の提供時に 「ライスは無料サービスになっておりますので・・・。」・・・と2度ほどアピールされたのでした。

ヲサ~ンは この日3軒目だったので、かるく辞退したのでした・・・(^Д^)ギャハハ!。

とりあえずは”和風中華そば”・・・は食べてみたいのですが・・・(;^ω^)。
多分・・・予想しているとおりの・・・って感じはしますが・・( *´艸`)クスクス。

とりあえずは流行っている売れそうなタイプのラーメン(つけ麺)を 安直に作ってみました・・・って感じが どうしても拭い去れないのですが・・・・

まぁ・・・いいんじゃないですかね・・
17:00迄なら、十分にお腹を満たすことは出来るのは確かだし・・・(o-∀-)b))そぅそぅ。


それでは またぁ~

お好み度・・・★★++

住所 茅ヶ崎市新栄町1-1 営業時間 11:00~22:00
定休日 無休





一乃利@茅ヶ崎市4

一乃利 013

スッカリと電車に乗ってラーメンの食べ歩き・・・などする気力もなくなっている今日この頃・・・ですが、この日は 約4ヶ月ぶりに ”一乃利”を訪問したのでした

”ネギチャーシューメン中盛”1050円をサクッと注文してみましたv(・_・) ブイッ。
口頭注文の後払い制・・・です

好みは特に聞かれませんが、言えばやってもらえるという自己申告スタイルです・・・(・_・D フムフム。
ヲサ~ンは 最近は面倒くさがりなので、味濃い目・・・がいいかな?と思いつつも 全て”普通”のノーコールにしておきました(゜д゜)(。_。)(゜д゜)(。_。) ウンウン。

一乃利 018

アルバイトチックな 若い女性店員さんの手によって提供されたのが こちらのラーメン・・・・で、

一乃利 023

毎度の事ながら 麺は”増田製麺”の中太平打ちタイプ・・・・で、若干コシが弱い気もしますが まぁ・・・何とか・・・(;^_^A アセアセ・・・です。
麺が変われば更に好印象・・・かとも思われますが、消化の良さげなこの麺でも・・・ですかね
しかしながら 特に不満を感じる事も無く頂けるものではありました(・_・D フムフム。

一乃利 020

スープは 豚骨・鶏ガラベースの物で、化調感はそれなりにあるものの 鶏の旨みがとても良く引き出されたスープで とても美味しくいただけました('▽'*)ニパッ♪。
”一乃利”ならでは・・・を 感じさせてくれるスープで、ヲサ~ンも随分と”家系”・・・と呼ばれるラーメンを食べてきてはいますが、このスープは こちらのお店ならでは・・・って感じの味わいで、オリジナリティーがありますね(゜д゜)(。_。)(゜д゜)(。_。) ウンウン。

ヲサ~ンなどは ”竜家”と”一乃利”があれば ”家系ラーメン”に関しては基本的には もういいかな・・・って感じで、大好きな系統の吉村家直系も ”まつり家”や”厚木家”も行く気なら直ぐだし・・・で、非常に恵まれた環境でヌクヌクと過ごしているわけです(⌒▽⌒)アハハ!。 

”壱系”に関しては そこら中で食べられるので 特に気にしてません・・・(゜▽゜=)ノ彡☆ギャハハ!!。
”石を投げれば ”壱系”に当たる!。( ̄- ̄メ)チッ”・・・・なんて 昔の偉い人も言っているように、そんな格言も頷けるものです( -д-)ノ。

まだまだお若い方々には この格言の”( ̄- ̄メ)チッ”・・・の意味が理解不能・・・な方も多いとは思われますが・・・( * ^)oo(^ *) クスクス。
10~20年もすれば ヲサ~ンの言っている意味が良く分かるものかとは思われます(・_・D フムフム。

一乃利 019

具材のチャーシューは 油に馴染まされているようでシットリ感と甘みもあって とても美味しいものでした☆⌒d(*^ー゜)b グッ!!。

一乃利 021

”ネギ”は ごま油の風味がシッカリと感じられるもので、前回訪問時は 随分とサッパリとした油に変わったのかな・・・ヽ(~~~ )ノ ハテ?の感じでしたが、こちらの体調のせいだったのですかね・・・(゜-゜;)ウーン?。
単に ごま油の量が少なかった・・・・って事もあるかもしれませんが・・・(・m・ )クスッ。
量もタップリで 美味しいし、スープに混ざった”ごま油”の風味も格別なものでした(^ー^)ノ。

一乃利 024

その他の具材としては ほうれん草はそれなり・・・で、薬味ネギもシッカリと視認出来る量が入ってくるのは好印象(*゜▽゜*)!。
定番の "海苔”も特に不満のない物で、家系ラーメンとしてのコスパもかなり良い部類かとは思われます(*゜.゜)ホ・(*゜。゜)ホーーッ!!。

一乃利 014

一乃利 015

一乃利 016

卓上調味料は にんにく・生姜・・・を始めとして、”柚子唐辛子”・・・なんてものも用意されており、ヲサ~ン的には 当然の ”にんにく”・”生姜”・”柚子唐辛子”・・・に 〆にお酢を( 。・・)/⌒□ポイ ・・・っとしてキッチリと完食したのでしたv(・_・) ブイッ。
”柚子唐辛子”・・・が これまた良い感じですね(゜ー゜;)(。_。;)(゜-゜;)(。_。;)ウンウン!。

こちらの”家系ラーメン”は このお店ならではの味わいもあるし”一乃利ブランド”・・・と言っても良いのでは・・・(*゜0゜)ハッ!!って気もしますね!。

唯一弱点があるとすれば・・・・”麺”・・かなぁ・・・(・へ・;;)うーむ・・・・?って気はしないではないものの、これも好みの問題でしかないので、これはこれで・・・ですかね(^▽^;)?。

とても美味しく頂けました(*- -)(*_ _)ペコリ。

お若い方々よりは 40代以上の方には 特にお薦めしておきます☆^∇゜) ニパッ!!!。


それでは またぁ~

お好み度・・・★★★★++

住所 茅ヶ崎市萩園741-10 営業時間 11:00~22:00
定休日 水曜日
※ 15:00~17:00は中休みあり







一乃利@茅ヶ崎市4

一乃利 001

暫くは訪問順が前後するかとは思われるのですが、とりあえずは ”一乃利(いちのり)”を訪問してみました
竜家のマスターとの会話でも 「一乃利の価格はどうなるんだろうねぇ~( ̄へ ̄|||) ウーム?。」といった 話題も出ていたので少々気になっての訪問でした(o゚ω゚))コクコク。

さて、ここで新たに注意事項があるわけですが、”暫くの間 15:00~17:00の間はお休みします。」・・・・との事で、16:30頃に訪問してしまったヲサ~ンは とりあえずは他のお店に行ったのでした(/≧◇≦\)アチャー!!。

そっちのお店を食べ終えて、再度17:05頃に訪問してみると 前客さん1名・・・?というか 店主さんの知り合いの方のようで 注文はしていなかったような・・・…c(゜^ ゜ ;)ウーン?でした。

一乃利 018

気になるメニュー価格は こんな感じで、ラーメンは軒並み50円アップで トッピング&ライス等は据え置きのようです(。・・。)(。. .。)ウン。
一乃利の場合は 前の価格が600円でしたからね・・・(。_。(゚д゚(。_。(゚д゚ )ウンウン、このあたりは仕方のないところです。

ヲサ~ンはラーメン650円+ネギ100円+たまご(味玉)100円を 好みは特に指定せずに”普通”で注文しておきました(゜▽゜*)ニパッ♪。
好みは聞かれないので 自主申告して下さいね(@´゚艸`)ウフウフン。
ちなみに 口頭注文の料金は後払い制です(。_。(゚д゚(。_。(゚д゚ )ウンウン。

一乃利 019

サクッと提供されたのが こちらのラーメンで、海苔はバサッと被せられてきていたのですが、撮影用に立てています(゚∀゚ ;)タラー。

一乃利 022

麺は 増田製麺の中太平打ちタイプ・・・で、今回はややヲサ~ン的には柔らかく感じられる印象のものでしたが、一般的には"普通”・・・ですかね(。´pq`)クスッ。

一乃利 020

スープは豚骨・鶏ガラ・・・ベースで、鶏の旨みが存分に引き出されているもので、鶏油の出来の良さも見逃せませんね(●'ェ'))コクコク。
醤油ダレはエッヂのあるタイプではないものの、希薄感・・・ってところは感じられないのは良いところです(・m・ )クスッ。
トロミのある濃厚さ・・・っていうより、旨みの強さが感じられる濃厚さ・・・ってのを感じさせてくれるスープですね(^_-)vブイ!。
全体的なバランスはとても良くとれていて美味しいスープでした(゜▽゜*)ニパッ♪。

一乃利 021

一乃利 023

具材は家系定番チックに、チャーシュー・海苔・ほうれん草・薬味ネギ・・・・に トッピングした”ネギ”と”たまご(味玉)で、トッピングしたネギは以前は ゴマ油がかけられていたかと思うのですが、随分サッパリとしたタイプの油がかけられてきていました(´・∀・`)ヘー。
ほうれん草は マズマズの量で質的にも悪くないもので、海苔ももう少しだけ厚みは( ゚д゚)ホスィ...かな・・・的なもののフニャフニャ感もなくv(。・・。) オッケー♪なものでした。
チャーは脂身が多い部位のものでしたが クドサもなくて美味しくいただけるものでした

”たまご”は 角煮のタレに漬け込まれたものの様で、独特な甘みを感じさせてくれるものですね・・・ほぅほぅ(*゚д゚))。
なかなかお目にかかれないタイプの”たまご(味玉)”かもしれません(。_。(゚д゚(。_。(゚д゚ )ウンウン。

一乃利 016

一乃利 017

卓上調味料は にんにく・生姜・豆板醤・コショウ・お酢・ラー油・柚子唐辛子で、いつもの手順でニンニク~柚子唐辛子までポイッ (/・・)/⌒として・・・って、微妙に省略してみたりもしています(o´ェ`o)ゞエヘヘ。

この日は2軒目とはいえ キッチリと完食(^_-)vブイ!。
とても美味しくいただけました

店主さんも知人の方もいらしたせいか とてもリラックスした雰囲気で、いつもより柔和でソフトな接客のように思われました(。´∀`)クスクス(笑)。

出来栄え的には とてもよかった様に思われました・・・(゜▽゜*)ニパッ♪。


それでは またぁ~

お好み度・・・★★★★++

住所 茅ヶ崎市萩園741-10 営業時間 11:00~22:00
定休日 水曜日
※ 15:00~17:00は中休みあり



喜多家@伊勢原市3

BlogPaint

開店当初は 夜間営業のみ・・・だったので 訪問する機会がなかったのですが、何気なく家系ラーメン店を検索していたりすると なんと昼営業が始まっている・・・Σ(゚Д゚ノ)ノオオォッ・・・というわけで、小田急線伊勢原駅北口から徒歩4分くらいのところにある ”横浜家系ラーメン 喜多家”を訪問してみました
”千家”出身の店主さんのお店・・・ってことで、どうなのかなぁ・・・・(・へ・;;)うーむ・・・・?と 気にはなっていたお店です(*´・д・)*´。_。)ゥミュ。

千家系列・・・と言えば 比較的近くでは こちらこちらで食べていたりします・・・って 随分経ってますね(^Д^)ギャハハ。

11:00ちょうどの訪問で 1Fで食券を購入する際に 噂通りに2F席に案内されたのでした(●゚ェ゚))コクコク。
ご高齢の方には ややキツいかもしれないお店の作りですね( `・ω・) ウーム…。

喜多家 

さて 今回注文したのは”味玉ラーメン”750円+”キャベツ”100円で、好みは”硬め・濃いめ”をコールしておきました。
この時間帯(11:00~15:00)は 小ライスがサービスとのことでしたが 丁重にお断りしております(;^ω^)。

千家・・・と言えば ”ネギ”が有名なわけですが、基本的に辛いのでパス・・・(^_^;)、さらにカレーもなんですが、連食予定だし こちらも当然パス・・・・でした(;・∀・)。

喜多家 

喜多家 

注文後 約8分で提供されたのが こちらのもので、

喜多家 

麺は中太で縮れの入ったもので スープとの絡みもかなり良いですね・・・・( ゚д゚)ホゥ。
もっとも スープの粘度も高そうだし・・・ってとこですが、硬めの茹で加減もグッ(+´゚∀゚`)=bでよかったように思いますウンウン(゚▽゚*(。_。*)。
製麺所は 大橋製麺だそうです(´・∀・`)ヘー。

喜多家 

スープは 軽めにゴマの浮いた濃厚感のある豚骨スープで醤油ダレもシッカリと感じられ この辺りは”濃いめ”を指定したヲサ~ンの好みの通りのもので いい感じですね(●゚ェ゚))コクコク。
鶏油のヽ(´ー`)ノマターリ感も強目のスープで ”油多め”にしなくて良かったヽ(;▽;)ノ・・・・ってとこは ヲサ~ンのお手柄といっても良いものでしょう(^-^)。
これは 中々(゚д゚)ウマ-なスープですね

喜多家 

喜多家 

具材は チャーシュー・ほうれん草・ネギ・海苔・・・の定番に トッピングした”味玉”・・・ですが これがあまりにも美しくない写真ですね(^Д^)ギャハハ。

味付けはしっかりとしたもので美味しかったのですが 少々半熟・・・というよりは・・(*゚Д゚) アレ?・・・的なもので もう少し固めでも良いのでは・・・なものではありました(。´pq`)クスッ。
ヲサ~ンが 玉子を割るのが単に下手・・・・って噂もありますが 噂の域を出ておらず現状では未確認の状況ではあります・・・ほぅほぅ(*゚д゚))。

チャーは 大判のものでチョット噛み切り辛い部分もあったのは残念だったものの、大きい事はいいことだ・・・ですね(^^♪。味付けは スープに対してはアッサリ目の印象のものでした( ゚_¨゚)´_¨`)ふむふむ。

海苔は やや弱めの感じもしたものの、麺をくるんで食べるのに不足のあるものでもなく、ほうれん草はそれなり・・・で、薬味ネギは ごく少量・・・といったところでした

アッ・・・|゚Д゚)))、キャベツは茹でキャベツで量的にもタップリでコショウを少々フリフリしつつ、順次ラーメンにポィ(o'д')ノ ⌒ ○として美味しく頂けました(*´・д・)*´。_。)ゥミュ。


喜多家 

喜多家 

卓上調味料は にんにく・豆板醤・コショウ・ゴマ・粗挽き唐辛子・醤油・お酢・ラー油・・・で、にんにく・粗挽き唐辛子・ゴマ・・・・、〆にお酢をポィ(o'д')ノ ⌒ ○として キッチリと完食(^^♪。

今回は 油の量がうまくヲサ~ンの好みと合致したようで とても美味しく頂けました
良くも悪くも 油との兼ね合いで随分と印象の変わるラーメンかと思われ、一歩間違えるとかなりクドいラーメンになってしましいそうですね・・・( `・ω・) ウーム…?。

”油少なめ”からスタート出来れば・・・なんですが 2F席だと気軽に 「”油足して・・・。」なんてことも言えないだろうし、キャベツやもやし・ネギ・・・等を注文しておいて 油が多かったら野菜類に掬わせる手も考えておきたいところですかね(;´∀`)。

期待していた以上に 美味しく頂けました(*・ω・)*_ _))ペコリン。
3月いっぱいまで使用できるサービス券(チラシ)も頂けたので 機会があれば再訪したいところです(*´・д・)*´。_。)ゥミュ。

それでは またぁ~

お好み度・・・★★★++

住所 伊勢原市伊勢原1-3-26 営業時間 火~木11:00~翌1:00 金・土11:00~翌2:00 日11:00~24:00
定休日 月曜日




こんどう@海老名市3


こんどう 

最近は ”家系”の新店・・・と聞いても ”壱系”・”町田商店”絡みのお店が多いので スッカリと興味がなくなりスルーしている者なのですが、今回はあの「近藤家」のネクストブランド・・・ってことで 先日オープンしたばかりの ”家系ラーメンと四川料理 こんどう”を訪問してみました

珍しく朝から禁酒をして(単に起床時間が遅かっただけですが、休日は朝から(*~ρ~)ゞプハーとしていたりします。)・・・あたりまえでつか・・・(-ω-ll)、車でε=ε=ε=ε=ε=(o- -)o ブーンと 10:45には到着してしまい恥ずかしながら一番手・・・でした

11:00丁度に 暖簾がかけられてサクッと店内へ・・・・、
カウンター席と座敷席の構成で 開店したばかりとはいえとても綺麗なつくりですね( ゚д゚)ホゥ。

一人客なので当然 カウンターへ誘導されたわけですが、”家系”ラーメンのメニュー表は こんな感じで

こんどう 

こんどう 

こんどう 


”四川料理”のほうは・・・

こんどう 

こんな感じ・・・・のようでした。

こんどう 

お水は ”レモン入り”・・・ってところは好印象ですねv(・_・) ブイッ。

ヲサ~ンは 早速 ”チャーシューメン”900円+”味玉”100円を女性店員さんに注文したのですが、(゜O゜;アッ!・・・・”キャベチャー”150円を注文するのを忘れた(/・_・\)アチャ-・・と 店員さんのほうを見ると 時既に遅く厨房に向かったようでしたが 厨房の男性の方(こちらの店主さん?)が気を利かしてくれて 「なにか注文ございますか?。」・・・と聞いてくれたのは ('∇^d) ナイス☆!!アシストでした(゜ー゜☆キラッ!。
無事に ”キャベチャー”も注文しておきました(´▽`) ホッ。

言い遅れましたが 食券制ではなくて口頭注文の後払い制です(。´゚ェ゚)。´_ _)ゥン。
ちなみに 値段も内税ではなくて外税方式なのでお会計の際には消費税が+αされてきます。

後客さんも見えられて 家系を食べ慣れているのは一目瞭然・・・風味な方で チャーシューメン中盛を「麺硬め・・・(味濃いめ・・・?)で(゜▽゜*)ニパッ♪。」と 注文されていました。
特に 家系定番の好みの指定は貼り紙されてもいないし、聞かれもしなかったので ヲサ~ンはそのまま・・・でしたが、シッカリと受け付けてくれるみたいですね(´・∀・`)ヘー。

とりあえず、まずは ”キャベチャー”・・・から提供されて

こんどう 

こんどう 

”近藤家”らしい・・・、懐かしい容器?で提供され、キャベツは 醤油ダレ・ごま油・にんにく?で作られたタレにまぶされており、キャベツ自体はタレを良く吸収したしんなりとしたもので 冷やされたものとなっています(*´・д・)*´。_。)ゥミュ。
早速 パクパクモグモグしたわけですが、美味しいですねv(・_・) ブイッ。
量的にはタップリですが、150円・・・って価格が 若干お高めには感じてしまうものの、こちらの系統は以前から150円でしたしね・・・(-"-;A ...アセアセ。

さて、ラーメンの方は後客さんは ”麺硬め”・・・なので提供順はヲサ~ンの方が後となり提供されたのが こちら・・・・

こんどう 

海苔がバサッと・・・・のせられてくるスタイルで、麺やチャーシューは 結構人見知りするタイプ(/ω\) ハジカシーなのかな・・・と思われるものでした( *´艸`)クスクス。

こんどう 

遠慮なく海苔を Ψ(`∀´)Ψhehehe・・・と、むしりとって立てて撮影してみたわけですが、

こんどう 

ついでに もう1枚・・・・は いつものことです(o-∀-)b))そぅそぅ。

こんどう 

麺は 酒井製麺らしい・・・のですが麺箱の文字は隠されており読めませんでした(/・_・\)アチャ-・・。
近藤家だし 酒井で間違いないと思われますが・・・ウ・・ ウン(・_・;)。
中太平打ちタイプの麺で 最近では家系でも”中太平打ちタイプ”・・・ってのもトレンドなんですかねヽ(~~~ )ノ ハテ?。

どうしても 家系で平打ちタイプの麺だと食べ初めの ひと啜り・・・・した時は 柔く感じられてしまうのですが、まぁ・・・食べ進めるにつれ 柔くはないな・・・ウ・・ ウン(・_・;)、普通・・・かな・・・(。・・。)(。. .。)ウンには印象は変わっていきました(〃^∇^)o_彡☆あははははっ。
家系を食べる時の 麺をひと啜りしたときの ヲサ~ン的には定番の印象・・・とは異なるので そう感じてしまうのでしょう・・・・クスクス(´゚艸゚`*)クスクス。

こんどう 

スープは丁寧に作られた雑味の少ないマイルドな優しい味わい・・・( ゚_¨゚)´_¨`)ふむふむ・・・ってことになるんですが、あまりにサラッと感がありすぎて?、全体的には物足りなさを感じてしまうかなぁ・・・・と言えなくも無いもので、動物系の旨みはライトタイプ・・・ながらもシッカリとあるので スープ自体が”薄い”・・・って印象もないし・・・なんですが、何と表現して良いのか・・・o( ̄ー ̄;)ゞううむ。

オールドスタイルの”優等生”・・・でいいのかなヽ(~~~ )ノ ハテ?、の・・・そんな感じのスープで、どこかもう少しエッヂのある部分というか 引っかかる部分が( ゚д゚)ホスィ...気はビンビンにします・・・かね、もう少し荒っぽい部分があってもいい感じがしますが、もちろん 粗悪でお粗末なスープではないですね( ̄▽ ̄)b グッ!。

こんどう 

こんどう 

具材は チャーシュー・海苔・薬味ネギ・・・の定番の家系仕様に トッピングした”味玉”・・・で、チャーはロースタイプの比較的大判のものですが、味付けは弱めで優しい感じ・・・・ですが このあたりは全体のバランスを考えてのことなのかなぁ・・・とも 感じられますが もう少し濃いめの味付けがご所望です(* ̄m ̄)プッ。

ほうれん草はチビッと・・・で、薬味ネギは さらにチビッと・・・ですウ・・ ウン(._.;)。
海苔は 家系定番チックなものでした。

味玉・・・も 塩気よりは黄身の自然な甘みが重視されているタイプのようで 美味しいんですが、もうひと味なんか( ゚д゚)ホスィ...かな・・とは思われるものでした(。・・。)(。. .。)ウン。

こんどう 

卓上調味料は にんにく・豆板醤・コショウ・醤油・お酢・・・で、当然 まずはにんにくを( 。・・)/⌒□ポイ ・・・として、コショウも少々 豆板醤も珍しく入れてみたりしたのは どこか引っかかりのある部分が作りたかったのかもしれません・・・ヽ(~~~ )ノ ハテ?。
〆にお酢を( 。・・)/⌒□ポイ ・・・として キッチリと完食v(・_・) ブイッ。
なんだか 珍しく”ゴマ”も( ゚д゚)ホスィ...かな・・・とも思われましたウ・・ ウン(・_・;)。

値段は高くて丼も小さい・・・と評判の某壱系店に比べると、丼も大きめで ボリューム感的には十分に満足のいくものだし、食べやすいし飲みやすい・・・fuyaoさんも感想を述べていましたが まさに”万人向け”・・・の印象を受ける家系ラーメンでした( -Д-) ゚Д゚)フムフム。
”ライス”を注文すれば ボリューム的な不足感は まずは無い・・・ですね(。´゚ェ゚)。´_ _)ゥン。
ライスは いかほどのお値段なのですかね・・・ヽ(~~~ )ノ ハテ?。

ヲサ~ンたち ブルーカラー労働者向けのチューニングにはあえてしていない・・・印象で やはりご家族連れ向けなのかなぁ・・・(・へ・;;)うーむ・・・・?とも 思われましたが、後客のご家族連れや女性客の方は 座敷席で四川料理のほうを注文しており カウンター席は男性客ばかりで 家系らーめん・・・・との住み分けはシッカリとできているようだし・・・・でした( ̄  ̄) (_ _)うんうん。

・・・・だとすると もう少しだけ味濃いめ、油も含めてコッテリに振っても・・・とは思われましたが、これはこれで悪くはないし・・・かと言って絶賛するほどのものではないし・・・の微妙な感想です

この通り沿いには 平塚方面に向かえば とりあえずは ”東名家”が控えているし 更に進めば 寒川町には六角家系の雄・・・、更にヨイショ・・・しておけば 六角家系では最高峰の部類の(ヲサ~ンの個人的な感想ですが・・・(゜▽゜=)ノ彡☆ギャハハ!!。)ラーメン竜家”・・・・、もっと進めば茅ヶ崎市には 豚骨+鶏の旨みが存分に感じられる家系店”一乃利”・・・と 比較的 ”こんどう”と同系統に分類されそうな竜家&一乃利は ”こんどう”がガチで勝負を挑んでも、楽勝出来るほどレベル低くはないですよ・・・むしろ 現状のこのラーメンでは返り討ち・・・にあうのでは( -_-)フッ・・・・の感すらありますからね、まずは 小手調べチックに東名家との戦いに勝たないと 平塚市までは無論行けませんから・・・( ̄ー ̄)ニヤリッ!・・・と 少年漫画の王道チックに ”こんどう”の店主さんには伝えておきたかったのですが ちょっと離れているしあんまし競合もしそうにはないので 心配ないですかねヾ(≧▽≦)ノギャハハ☆。
(゜O゜;アッ!・・・竜家をラスボスキャラにしたかったのですが これでは 一乃利が・・・・(・・∂) アレ? 平塚市なら”矢口家”か・・・ボスキャラとしてはやや弱いか・・・o( ̄ー ̄;)ゞううむ・・・などと 頭の中が混乱していますが とりあえず再訪時は ヲサ~ンの定番スタイルな ”硬め・濃いめ・多め”・・・で 注文してみる事に致しましょう(゜▽゜*)ニパッ♪。

女性店員さんの接客はまだ不慣れかな・・・ヽ(~~~ )ノ ハテ?的なところは感じられたものの、慣れが解決してくれる事でしょう(o-∀-)b))そぅそぅ。
基本的には 良い感じのお店だし、奮闘を期待しております(*- -)(*_ _)ペコリ。

BlogPaint

タオルもいただけました(*- -)(*_ _)ペコリ。

吉村家は別格・・・だし 最早 単に”家系ラーメン”・・・としてのカテゴリーを突き抜けてしまっている感も・・・ですが かつては御三家と呼ばれた こちらのタイプの家系ラーメンの復権も心底期待しております(゜▽゜*)ニパッ♪。

こんどう 

こんどう 

こんどう 

お会計は 端数値引きマイナス7円w( ̄Д ̄;)wワオッ!!・・・ってことで 計1200円・・・と 値引きされているにも関わらず、ちょっとお高めかな・・・(-"-;A ...アセアセではありました。
後客さんは さりげなく食べ終えた後、無銭飲食になりそうでしたが食券制に慣れてしまっていると ありがちなので笑い事ではありませんね(。_。(゚д゚(。_。(゚д゚ )ウンウン。
要注意・・・です(*´・д・)*´。_。)ゥミュ。

”五目そば”・・・も食べてみたいですね(o-∀-)b))そぅそぅ。

家系ラーメン・・・に関しては 現時点では 少しばかり洗練され過ぎて逆に物足りなさ・・・ってのを感じさせられる1杯でした(*- -)(*_ _)ペコリ。
六角家本店みたいに 「”昔の名前で出ています。”」・・・的な 雑な印象も無く、キッチリと丁寧に作られた印象はあるものの・・・、ちょっと物足りないかな・・・ってところが 正直な感想です(*´・д・)*´。_。)ゥミュ。

それでは またぁ~

お好み度・・・★★★+

住所 海老名市中新田1-16-27 営業時間 11:00~14:30(LO 14:00) 17:00~22:00(LO 21:30)
定休日 現在のところは 無休




ゴル麺。用田店@藤沢市3

ゴル麺。用田店 013

中々 これといったラーメンを食べる機会に恵まれないので、多少・・・・不本意ながらも帰宅がてらに”ゴル麺。用田店”を訪問してネタ稼ぎをしてみたのでした
この日は 小林屋で札幌味噌らーめんが食べたいな・・・(。´゚ェ゚)。´_ _)ゥン・・・とは思っていたものの、反対車線側だし・・・・(・へ・;;)うーむ・・・・ってことで 無理のないこちらのお店をチョイスしたのでした(*´・д・)*´。_。)ゥミュ。

食券機を見ると 特に前回と変更は無い様で、豪麺を筆頭に 醤油・塩・味噌・・・の感じなので、ここは久々に ”味玉塩”(並)850円+”薬味(ネギ)”100円の食券を購入して カウンター席の端っこに案内されつつ着席・・・・、好みは ”硬め・濃いめ・多め”・・・を注文

サイドメニューの 丼物もつけても良かったかなぁ~と思いつつ、

ゴル麺。用田店 004

こんな案内やメニュー表を見ていたりしたわけですが、( ̄0 ̄;アッ・・・・この時間帯は 前客・後客共になし・・・で、ヲサ~ン貸切店の様相は・・・少しだけ感じられました(⌒▽⌒)アハハ!。

ゴル麺。用田店 005

そうこうしていると 提供されたのがこちらのラーメンで、麺硬め・・・の割には若干待たされた(´・_・`。)ヵナァ・・の印象はあったものの、茹で時間はタイマーでキッチリと管理されているようだったし こんなものなのでしょう・・・( ゚д゚)ホゥ。

いつもの感じで見た目のボリューム感は乏しいですね・・・(。´pq`)クスッ。
”薬味ネギ”に助けられている感じです・・・


ゴル麺。用田店 012

麺は いつもの感じの中太麺で茹で具合も 好みの感じの硬さだったし、悪くないですね・・・(*´・д・)*´。_。)ゥミュ。
食感的には モチムニューとしつつ・・・・なのですが、多少ボソッとしたとこもあるかな・・・( `・ω・) ウーム…?なものではありますかね
このあたりは 好みもあるので・・・です(。´゚ェ゚)。´_ _)ゥン。

ゴル麺。用田店 008

スープは 当然の”塩豚骨”なわけで、”塩ダレ”+”魚介”・・・らしいのですが、”魚介”・・・って部分は ヲサ~ンは結構鈍感なので あんましよく分かりませんでしたが、松壱家の醤油豚骨には (* ̄◇)=3 ゲプッ・・・と来るくらい飽き飽きしているヲサ~ンでも”塩”は 結構美味しく感じられるものです(´・∀・`)ヘー。
”味濃いめ”+”油多め”・・・も功を奏したのか、それなりにクリーミーなスープだし さらに重量感は増した印象で、ヲサ~ンもあと10歳若けりゃな・・・(゜▽゜=)ノ彡☆ギャハハ!!・・・と言ったヘビーなスープに仕上がっておりました(゜▽゜*)ニパッ♪。

いやいや・・・、中々美味しいものでした( -Д-) ゚Д゚)フムフム。

ゴル麺。用田店 006

薬味ネギの盛りっぷりはソコソコ良いので このあたりは嬉しいところ(。_。(゚д゚(。_。(゚д゚ )ウンウン。

ゴル麺。用田店 007

ゴル麺。用田店 009

チャーシューは 巻きバラタイプのもので味付けもシッカリとしているものの、なんだか特に・・・(^-^;の印象で、勿論 出来栄えは悪くないものの もう少し何とかならない(´・_・`。)ヵナァ・・、厚みを増すなり 大判チックなものにすれば グッと見栄えもよくなるのにな・・・とは 感じられてしまいますウ・・ ウン(・_・;)。

メンマは 個人的に”家系”・・・に関しては それほど興味のある食材でもなく、あんまり意識せずにとりあえず食べている・・・って感じですが 適度にサクサク感もあって 味付け自体も スープの邪魔になるほどのものではないのは好印象v(・_・) ブイッ。

ゴル麺。用田店 011

味玉は 塩気と黄身の甘みがブレンドされた感じで 結構美味しかったです(゜▽゜*)ニパッ♪。
うずらは 塩気全開・・・でした(⌒▽⌒)アハハ!。

ほうれん草は これなら”山岡家”といい勝負が出来るのでは・・・Σ(・o・;) ハッ!・・・と 思わせるくらいに かなりチョビッと・・・で 寒川の某家系店の5分の1以下・・・は 間違いないところでしょう・・・(*´・д・)*´。_。)ゥミュ。
いや10分の1・・・いやいや 20分の1くらいかな・・・ヾ(≧▽≦)ノギャハハ☆。
ちょっと 話を盛りすぎました・・・・(*・ω・)*_ _))ペコリン。

海苔は 当たり障り無く、家系らしいパリッとタイプが3枚・・・で、

ゴル麺。用田店 001

卓上調味料からは 普段はあんまり使用しない コショウを( 。・・)/⌒□ポイ ・・・として、ニンニク・豆板醤・・・も(/--)/ ⌒〝≫○ ポイポイッ・・・としてみたのですが、なにか物足りなさを感じてしまうのは 生姜・粗挽き唐辛子・お酢・・・といった 家系定番の調味料類が無いからなんですかね・・・ヽ(~~~ )ノ ハテ?。

・・・とは 感じつつもそれなりに美味しく食べ進めて キッチリと完食(*゜▽゜)ノ。

”塩”・・・も たまに食べる分には美味しいものですね(o-∀-)b))そぅそぅ。

しかしながら 当初は丼物も注文して・・・などと思っていたものの、最近はラーメンを食べる機会が激減しているからなのか スッカリと胃が縮んだようで、これだけで十分にお腹は一杯で( ̄3 ̄)=3 げぷぅ・・・・となったのでした( ´△`)アァ-。

スープが”濃厚タイプ”+”油多め”・・・・ってこともあってか これ1杯のみで見事に玉砕しておきました・・・・( -д-)ノ。
あーぁ、もっと スッキリとしたラーメンが食べたいな・・・って(メ`皿´)=◯)`з゚)ビシッ・・・(ノ゜⊿゜)ノあうぅ!!・・・、それなら そういうお店に行きなさい( #` ¬´#) ノコラ!・・・って そんなナイーブなお年頃・・・を感じさせられる話ですね
まぁ・・・、それは抜きにして(^-^;、案外美味しく頂けたラーメンでした(。_。(゚д゚(。_。(゚д゚ )ウンウン。

接客は 用田店はとても良い感じで特に問題ないし・・・なわけですが、この満足感の無さ・・・・(´ヘ`;) う~ん・・・、そこはかとない割高感・・・というか お得感の無さ・・・が、やはり少々残念ではありますね
やはり問題はボリューム感&価格・・・ってところと チャーシュー・・・、卓上調味料・・・ってあたりになるのでしょうか(・へ・;;)うーむ・・・・?。

個人の価値観の問題ですね・・・・(o-∀-)b))そぅそぅ。
この値段でも 満足感が感じられれば全然平気でしょうし・・・(゚д゚)(。_。)。

たまには 寄らせていただきます(*・ω・)*_ _))ペコリン。


それでは またぁ~

お好み度・・・★★★+

お店のHPは こちらです。






六角家御徒町店@東京都台東区上野1

六角家 016

茨城県石岡市を訪ねた後、この日は体調も良かったので ”御徒町らーめん横丁”内にある ”六角家御徒町店”を 約1年ぶりに再訪したのでした

最早 ”蒙古タンメン 中本”の一人勝ち状態で、14時すぎ・・・とは言え 中本は外待ち 5名ほど、青葉・六角家はガラ空き・・・状態で ヲサ~ン的には大歓迎(n‘∀‘)ηの状況でした(^Д^)ギャハハ。
ヲサ~ンは 辛いのは全く興味も無いので ”中本”には並んでまで食べる必要も当然なく、訪問する気も全くないようでした・・・・(;・∀・)。

六角家 017

いつものように 石岡市でクルクル寿司をたらふく食べているので 今回は ゛ラーメン”650円+”キャベチャー”100円・・・の食券を控えめに購入して 好みは”麺硬め”のみで 注文しておきました(*^^)v。

六角家は 前客3~4名に 後客2名・・・くらいの感じで、程よい空きっぷりはグッ(+´゚∀゚`)=bですね。

フロアの女性も 「よろしかったら 荷物はこちらにドゥゾ(o´・ェ・)っ・・・(^-^)!。」と 対応はとても良さげな感じでした(*´・д・)*´。_。)ゥミュ。

六角家 023

六角家 021

キャベチャー⇒らーめんの順に提供されたわけですが、

六角家 022

キャべチャーは 定番チックな小皿で提供され、お肉はチャーシューの切り落とし部分がゴロゴロと入っており、キャベツの量自体は少なめなものの、マズマズ納得感はあるキャべチャーでした( ゚ー゚)( 。_。)。
タレは 醤油ダレがかなり強めの印象で、ゴマ油の風味は 殆ど感じることなく終わるものでした(*゚Д゚) アレ?。

六角家 024

ラーメンが提供されると ”豚骨臭”がモワッと来て 逆にこれは期待できるかも・・・(∩´∀`)∩オォ♪・・・と思われたのですが・・・

六角家 027

麺は 程々に”硬め”で 特に不満もなく美味しく頂けるものでした(*^^)v。
いつもの 酒井製麺ですね・・・(;・∀・)。

六角家 025

スープは・・・・、これが色合い自体は決して悪くないものの、一口啜ってみると 味がない・・・というか、旨みがかなり乏しい・・・( `・ω・) ウーム…?の 印象のスープで、確かにこれだと いろんな方のコメント等で 9割がた芳しくないコメントをされても仕方ないかな・・・の感じではありました(;´∀`)。

やけに醤油ダレの味わいが押してくるもので、一般的には”ショッパイ”と思われるスープなのですが、当初 ヲサ~ンは 塩気も旨味もないなぁ・・・と 感じられたのですが、塩気の部分は キャベチャーをポィ(o'д')ノ ⌒ ○・・・とすると グっとしょっぱさも増して予想通りの展開・・・だったわけですが、動物系の旨味・・・の部分は 化調もかなり控えめの印象のスープのようだったので、・・・・となると 結構物足りない印象を受けてしまいますかねント・・σ( ・´_`・ )。oO(悩)?。

六角家 019


念の為に 卓上調味料から”お酢”をポィ(o'д')ノ ⌒ ○・・・としてみると、豚骨や鶏ガラの旨みがキッチリとあるスープだと お酢が旨みをグっと持ち上げてくれるのですが、単にお酢の酸味とツンとくる香りがスープに移るだけ・・・で、いやぁ~・・・これは参ったな・・・(。-_-。)のものでした。

むしろ、もう少し化調でうまく補っても良いのでは・・・ってくらいに 感じられました(^_^;)。

確かにスッキリとして飲みやすいスープなのですが、旨みが全く無い・・・となると・・・ですかね( -д-)ノ。

他には にんにく・生姜をポィ(o'д')ノ ⌒ ○したのですが、ベースが弱いと調味料類に負けてしまって あんまし美味しくないですね(。ノω<。)ァチャ-。

六角家 026

具材は チャーシュー・海苔・ほうれん草・・・で、薬味ネギは殆ど見当たらず・・・で、チャーは 味付け濃い目のロースタイプでヲサ~ンは結構好きなタイプではあるものの、塩っぱすぎる・・・って人も多くいそうな気もします(;´д`)。
ほうれん草は・・・・全く味も食感もないもので なんだかスープに溶けてしまう感じもあり 何だこりゃ・・・(;゚д゚)ェ. . . . . . .のものでした。
海苔もパリッと感に欠ける厚みも薄めのもので 麺に巻いても破れはしないものの、ちょっと物足りないタイプではありますかね( `・ω・) ウーム…?。

完食するには容易なものの、スープの旨みが舌に全く残らないし、醤油ダレ込み・・・で 化調の使い方とかも もう少し考えても良いのでは・・・と思わされた家系らーめんでした

ゥ──σ(・´ω・`;)──ン、こりゃちょっとキツイかな・・・?、むしろよく閉店せずに持ちこたえているな・・・のらーめんではありました(;´∀`)。

頑張ってくださいね・・・ホントに・・・
初めて ここで家系ラーメンを食べた人に「家系って こんなもんか・・・(。´σд`)ふぅ-ん。」などと 家系ファンとしては思われたくないですからね(。_。(゚д゚(。_。(゚д゚ )ウンウン。

それでは またぁ~

お好み度・・・★++

住所 東京都台東区上野5-20-3(御徒町らーめん横丁内) 営業時間 11:00~21:30
定休日 無休



記事検索
最新コメント
livedoor プロフィール
livedoor 天気
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ