らーめん・雑記 おいしいので逝っときました

ども…、ジーザスです(;^_^A。 このところは ラーメン以外の食べ物を多く食べたい気がしておりますが、ラーメンも引き続き・・・って感じです。 美味しい魚貝類やその他諸々・・・リーズナブルな価格の物を中心に食べていきたいです(^ー^)ノ。

小田原系

味の大西 茅ヶ崎店@茅ヶ崎市3

味の大西 002

"横濱屋”・・・のあとは "味の大西 茅ヶ崎店”を訪問してみました
11:00丁度くらいの訪問で 既に前客3名・・・・w(゜ー゜;)wワオッ!!、後客は 結構多め・・・の感じでした(。´pq`)クスッ。

味の大西 001

基本的には 食券制で、メニューは こんな感じです( ゚д゚)ホゥ。
酢ラーメン・味噌ラーメン・野菜ラーメン・・・なんてのもありますね(´・∀・`)ヘー。

味の大西 011

こちらのトッピング類は 現金注文になっていたりします( ゚д゚)ホゥ。

ヲサ~ンも "小田原系”・・・といえば "チャーシューワンタンメン”・・・などには全くこだわりは無く 基本的には"チャーシューメン”900円を注文しようと思ったものの、チャーシューワンタンメンが1000円で・・・・+100円ポッチなら ここは "チャーシューワンタンメン”1000円で良いでしょう・・・そうでしょう(o-∀-)b))そぅそぅ・・・ってことで それを注文しておきました(。´pq`)クスッ。

裕福な家庭に育っているので 100円・・・って単位が良く分からなかったりもします
なんで 10万円札がないのか不思議でなりません・・・ヾ(-ε-o)ォィォィ。
大抵のラーメン店ではカード払いもできないので ラーメン屋さんに行く際は いつもこまってしまっていたりします・・・(∵`)?。


味の大西 013

オープン当初は やけにスープが薄いだの、醤油感が無い・・・・などの不満があったみたいですが 現在では "好み”の調整が可・・・となっています(。_。(゚д゚(。_。(゚д゚ )ウンウン。

とりあえずは 好みは全て"普通”・・・で 注文しておきました。

約15分ほどで 提供されたのが こちら・・・・、

味の大西 014

味の大西 015

丼の大きさも ソコソコのものですが、見た目ほどにはボリューム感は感じられませんねo(*^▽^*)oあはっ♪。

味の大西 020

麺は 横濱屋に引き続き、こちらも麻生製麺のもので 定番のピロピロタイプで 茹で加減もやや硬め位の茹で加減にシッカリとしたコシを残したもので 好印象v(・_・) ブイッ。

味の大西 018

スープは ライトタイプの"豚骨醤油”・・・?の印象のもので 油層もそれなりにはあるか・・・(・へ・;;)うーむ・・・・?のものでした。
焦げた醤油の香りは とても良かったものの この独特の醤油の味わいが 好みを分けそうですね"o(-_-;*) ウゥム…。
やや甘め・・・というか 少々薬っぽさも感じさせられる醤油の味わいで ヲサ~ンはあまり好きなタイプの 醤油味ではありませんでした・・・ウ・・ ウン(・_・)。

味の大西 016

味の大西 017

味の大西 019

具材は チャーシュー・ワンタン・メンマ・ワカメ・もやし・薬味ネギ・・・等で 三つ葉は入らないようです(-"-;A ...アセアセ。

チャーは 柔らかく味付けもシッカリとしたタイプなものの、”いしとみ”に比べると 食感的には ちょっと物足りないかなぁ・・・・ヽ(~~~ )ノ ハテ?のもので ヲサ~ン的には もう少し噛み応えのあるジンワリとした旨さを感じさせてくれるものが好みなのですが このあたりは"好み”による・・・ですかね

特に特徴も無く 一般的なタイプで このあたりはもう一工夫・・・を感じさせて欲しいところでした(*´・д・)*´。_。)ゥミュ。

ワンタンは ニラの緑色が鮮やかに、生姜・・・の効いたもので 先行訪問された方が 餃子の具材と一緒なのではΣ(・o・;) ハッ!?・・・風味に語られていましたが まさにそんな感じのもので、結構美味しいし、大ぶりのものなので 美味しくいただけました(。_。(゚д゚(。_。(゚д゚ )ウンウン。

ネギ系は トッピングしないと スープ量にたいしてはかなり少なめ・・・なようなのは (/・_・\)アチャ-・・ですね。
サッパリ感というか 清涼感・・・を醸し出すものが もやし・・・では ちょっと役不足の印象ではありました(・へ・;;)うーむ・・・・。

卓上調味料は お酢・醤油・ラー油・コショウ・唐辛子・・・で、

コショウ・・・・&〆のお酢をポィ(o'д')ノ ⌒ ○・・・として スープは 半分残しで 麺・具材は キッチリと完食v(・_・) ブイッ。

このところ食べた"小田原系”・・・の中では それなりに満足感はあったものの スープに使われる"醤油”・・・の甘ったるさと薬っぽさ?が ヲサ~ン的には 少々好みからは外れるもので、このあたりは ホントに個人の好みの問題ですね・・・(^-^;?。

基本的には チャーは 特にあんまし・・・だと思うので "ワンタンメン”が お薦め・・・ですかね(⌒▽⌒)アハハ!。
ヲサ~ンは こちらのお店でなければ チャーシューメン派・・・では ありますが・・・クスクス(´゚艸゚`*)クスクス。

結果的には チャーシューメンに100円プラスするだけなので とりあえずは チャーシューワンタンメン・・・のチョイスも間違いではないのかな・・・・?とは 思います(。・・。)(。. .。)ウン。

多少気になったのは "箸”で プラスチックなエコ箸なわけですが 先端にギザギザもないので 箸の使い方に少々難のあるヲサ~ンは 麺を持ち上げるのにもズルズルしてしまい とても食べにくかったわけですが、一応 割り箸も用意されています(●゚ェ゚))コクコク。

もっとも ちゃんと"箸”を使える方には 何の問題もないかと思われすが、ヲサ~ンの場合は 親の躾がなっていなかったので うまく使えないようです(/・_・\)アチャ-・・。
正に 親の顔が見てみたい・・・を地で行ったわけですが 以前 親に聞いてみたところ かなり愚図って"箸"を使うのを拒んだようで このあたりに 親の躾の甘さが垣間見えたりもしますね・・・( -д-)ノ。

つまりは ヲサ~ンのせいではなく 親の子育てが間違っていた・・・という事なので ヲサ~ンは"箸”がうまく使えないものの 堂々と生きていたりするわけです・・・(*´・д・)*´。_。)ゥミュ。

そんなこんなでしたが ボリューム感的には 同系他店に比べてそれほどではないし、スープ量は若干多め・・・とはいえ、このタイプが好きな人には "汁完”も容易・・・かとは 思われました(゜▽゜*)ニパッ♪。

味の大西 005

卓上調味料は コショウ・ラー油・醤油・お酢・唐辛子・・・で コショウ・お酢を(*・・)σ ⌒・ ポイッポイッ・・・として、スープは 半分残しで 麺&具材は完食v(・_・) ブイッ。

この”醤油”が 好みなら全く問題なく美味しくいただけるかな・・・(o-∀-)b))そぅそぅと 思いました。
ヲサ~ン的には 今ひとつ 好みから外れるタイプでしたが・・・・(T▽T)アハハ!。

既に人気店・・・となっているようで 好みの調整が可能なのも大きなポイントですかねグッ(+´゚∀゚`)=b。
単独客~ご家族連れまで・・・と 客層は幅広い感じでした(*´・д・)*´。_。)ゥミュ。

接客も 良かったように思います(●゚ェ゚))コクコク。

ヲサ~ン的には あんまし好みのスープではなかったものの 良いお店かな・・・とは 思われました<(_ _)>。

それでは またぁ~

お好み度・・・★★★+

住所 茅ヶ崎市美住町2-2 営業時間 11:00-15:00  17:00-20:30
定休日 水曜日








麺や青龍@小田原市3

青龍 001

”いしとみ”・・・の後に訪問したのが こちらの"ラーメンとカレー 麺や青龍”なわけですが 本来はこちらのお店をメインで訪問するつもりだったのでした

12:00丁度位の訪問で 前客はご家族連れ4名・・・に 後客2名・・・の感じで この時間帯にしては やや客数が少ないか・・・(・へ・;;)うーむ・・・・?の印象はありました(-"-;A ...アセアセ。

青龍 002

基本的なメニューは こんな感じのもので やはり この系統の?王道・・・とも言える"チャーシューワンタンメン”1000円を注文しておきました

・・・でもって 提供されたのが こちらのもの・・・・、

青龍 013

青龍 014

丼は 普通サイズ?・・・というか この系統にしては小さめのものですかね

青龍 019

麺は やはりピロピロタイプの平打ち縮れタイプのもので ”いしとみ”とは違って 茹で加減も悪くないもので 美味しく頂ける麺でしたo(`・д・´)o ウン!!。スープの持ち上げもいい感じですねv(・_・) ブイッ。

青龍 018

スープは 油層は控えめながらも 豚骨の旨みもキッチリと感じられもので、醤油ダレの効き具合も"いしとみ”よりも むしろハッキリと感じられるもので 無難に美味しいですね( ゚д゚)ホゥ。
油が控えめ・・・なので スッキリとした味わいだし、一般的には こちらの方が美味しくは頂けそうな気もしますウ・・ ウン(・_・;)?。
”いしとみ”・・・よりは いつ訪問しても 安定感はありそうなスープですかね・・・(-"-;A ...アセアセ。

逆にクセ・・・ってのが あんまり感じられないので そのあたりの受け取り方がポイントになってくるのかな・・・(・へ・;;)うーむ・・・・?のものではあるかもしれません・・・(。´pq`)クスッ。

この日に限っては ”いしとみ”より 麺&スープに関しては こちらの方がヲサ~ン的には断然美味しかったわけですが・・・・クスクス(´゚艸゚`*)クスクス。

青龍 016

青龍 017

青龍 015

具材は バラチャーシュー・メンマ・ワンタン・海苔・三つ葉・ネギ・もやし・・・といったところで、チャーは バラタイプの冷たいもの・・・なのが少々残念(/・_・\)アチャ-・・で、ワンタンは ”餡”の部分が やや固すぎる印象のもので、かなり圧縮されている印象を持つものでした(-ω-;)ウーン?。
もう少し ふわっとして"餡”がスープを良く含むタイプの方が良いような気はしたのですが・・・・どうでしょう
メンマは 特に不満はなくいただけるもので、もやしや三つ葉は 量的には少なめですが 丼のサイズには見合った量ではあるかとは思われました(。´゚ェ゚)。´_ _)ゥン。

青龍 012

卓上調味料は 醤油・お酢・ラー油・黒コショウ・・・で まずは コショウをグリグリとして投入・・・、後に〆で お酢をポィ(o'д')ノ ⌒ ○・・・として スープまで含めてほぼ完食v(・_・) ブイッ。

ボリューム感は ”いしとみ”に比べてないものの 土台となる 麺&スープに関しては この日は こちらの"青龍”の方が美味しかったし、具材のチャーシューやワンタンは ”いしとみ”か・・・・といった感じですかね(⌒▽⌒)アハハ!。

ただ こちらのスープは 焦げた香り・・・ってものは全く感じられないので 一般的なライトタイプの豚骨醤油・・・って感じはします

”いしとみ”にしても こちらの"青龍”にしても ヲサ~ン的には どちらも期待していたほどではなかったかな・・・・・・、むしろガッカリだった・・・( -д-)ノとでも言っておこうか・・・(´ー`)フッっ・・・の りりちよ様チックな印象のものではありました。

3軒目は・・・と 考えたものの この日は潔く勇気ある撤退・・・[壁]ー^)ノ バイバイ・・・となったのでした

それでは またぁ~

お好み度・・・★★★

住所 小田原市南鴨宮3-48-21 営業時間 11:30~14:30 17:00~21:00
定休日 日曜

いしとみ@小田原市2

いしとみ 

"小田原らーめん いしとみ”を訪問してみました
"小田原系”・・・・と呼ばれる御当地ラーメンのお店です。

・・・・って、ホントは 同系統の違うお店を訪問して それからこっちへε~ε~ε~(; T_T) テクテク の予定でしたが 営業開始時刻を記憶違いしていたようで(^-^;、だったら こっちは有名店だし先に・・・ってことでの訪問でした(。´゚ェ゚)。´_ _)ゥン。

多少時間をつぶして11:30お店に行くと(店舗概観の写真は開店前に撮っています。) 既に前客さん6名・・・・、後客さんも続々・・・w( ̄▽ ̄;)wワオッ!!で 人気店のようです( ゚д゚)ホゥ。

メニューは ラーメンの他に 味噌やカレーもあったりしますが、一応 この系統の定番チックに"ワンタンチャーシューメン”1000円を注文しておきました(゜▽゜*)ニパッ♪。
口頭注文の後払い制です(・_・D フムフム。

麺あげは 1度に4人分までで調理されるようで、麺とワンタンは同じ鍋で茹でられています( ゚д゚)ホゥ( ゚д゚)ホゥ。
暫くして提供されたのが こちら・・・・、

いしとみ 

いしとみ 

丼は大きめのもので スープ量もタップリなのは好印象v(・_・) ブイッ。
この時点では かなり期待感はあったのですが・・・・ワクワク((o(゜▽゜○)(○゜▽゜)o))ドキドキ。

いしとみ 

麺はピロピロタイプの平打ち縮れ麺・・・なのですが、明らかに超茹で過ぎ・・・(/≧◇≦\)アチャー!!で、コシもモッチリ感もなく あまりに柔らか過ぎて何の魅力も感じられませんでした・・・・ウ・・ ウン(・_・;)。
お客さんの年齢層は高め・・・ってことなので あえてヤワヤワで消化も良くて胃に負担をかけない・・・が 「合言葉」なのかなぁ?の麺でした。
ここまで ヤワだと ヲサ~ンは結構"硬め”が好きなタイプなので 魅力は限りなく0・・・に近くなりますね

いしとみ 

スープは 色合い的には オッ・・・これはヲサ~ン好みの色合いなのではΣ(・o・;) ハッ!・・・と 思われ、スープをレンゲで口元まで運ぶと 多少焦げた香りもあり、いい感じだったのですが・・・・「(´ヘ`;) う~ん・・・?c(・。・) ちょこっとね・・・?。」の印象で 動物系(豚骨?)の旨みがかなり弱いためか 表面のラードっぽい油ばかりが唇にまとわり付く印象で、もっと"醤油感”ってのもキリッとした濃いめの味わいを期待していたのですが、そちらの部分もかなり弱い印象で 油が多めの割には飲みやすいタイプではあるものの 肝心のスープの旨みが乏しいとどうにもならないな・・・ウ・・ ウン(・_・;)のものでした。

かなりブレの激しいお店ではあるようなので 今回は思いっきりはずしたの・・・σ(▼▼;)おれ?・・・って感じなのでしょうヾ(≧▽≦)ノギャハハ☆・・・・( ̄∇ ̄;)ハッハッハ・・・・( p_q)エ-ン。

麺&スープ・・・と 基本的な部分で思いっきりハズレを引いたようですが、光明は見出す事が出来ました<( ̄- ̄)> エッヘン!。

いしとみ 

いしとみ 

いしとみ 

具材は チャーシュー・ワンタン・メンマ・海苔・もやし・三つ葉・ネギ・・・で、チャーシューは バラとモモの2種類だったようですが これは味もシッカリと染み込んで適度の食感もあり どちらのタイプも美味しかったし 量的にもタップリだったのでモグモグガツガツと 野獣のように食べまくりましたΨ(*`Д´*)Ψグヘヘヘ!!っ。

ワンタンも(*´゚艸゚`*)まぃぅ~♪でしたねv(・_・) ブイッ。猫舌なので ワンタンは食べるのが苦手なわけですが(T▽T)アハハ!、ハフハフしながら とても美味しくいただける物でした(。_。(゚д゚(。_。(゚д゚ )ウンウン。

メンマも甘辛タイプのもので味付け濃いめ・・・の印象で マズマズ美味しいものでは・・・といった感じでしたo(`・д・´)o ウン!!。

油がいっぱいのスープは もやし・ネギ・三つ葉でサッパリとした清涼感を与えてくれますね(o-∀-)b))そぅそぅ。
もっとも 三つ葉が嫌いな人は量も多めに乗ってくるので (/・_・\)アチャ-・・かもしれませんが・・・( *´艸`)クスクス。

いしとみ 

卓上調味料は 白コショウ・醤油・お酢・ラー油・・・で、コショウをフリフリすると一瞬スープが引き締まるものの、ベースのスープがこれだとな・・・"o(-_-;*) ウゥム…で、一応 麺と具材は食べきり スープは こんなだと”汁完”する気には全くなれず、半分残しで撤収ー!! (-o-\) λλλλλ,,,,,ゾロゾロ・・・となりました。

具材類はとても美味しかったものの 土台である麺&スープが今回の出来だと ちょっとね・・・・のものではありました・・・ウ・・ ウン(・_・;)。

もっとも これだけ沢山のお客さんが訪問されているので ”当たり”・・・の日(時間)は かなり美味しいのでしょうね
期待していたほどの ガッチリと効いた醤油感・・・ってのも 油にスポイルされてしまっていたのか全く感じられなかったし・・・、でも これは勝手にビジュアルから受けるヲサ~ンの期待ですからね(。´pq`)クスッ、元々こんな感じのものかもしれません(。・・。)(。. .。)ウン。

今回の出来栄えは 「( -_-)フッ・・・・噂ほどではないな・・・(▼∀▼)ニヤリッ。」・・・の少年漫画風味な印象で、出来たら「ば、馬鹿な・・Σ(・ω・ノ)ノえっ!、この私がたやすく背後をとられるとは・・・o( ̄ー ̄;)ゞううむ。」・・・の 車田センセチックな展開を再訪時には期待したいところですクスクス(´゚艸゚`*)クスクス。
(゜O゜;アッ!・・・そうそう 「聖闘士聖矢Ω」がテレビでやってるの知ってましたか?。
小ネタ・・・・でした(ωV_vω)ペコ。

チョット 再訪はしづらいかな・・・( -д-)ノの 出来栄えではありましたが・・・・・(´ヘ`;) う~ん・・・。

それでは またぁ~

お好み度・・・★★+

住所 小田原市酒匂1-23-31 営業時間 11:30~20:00
定休日 水曜日




三憩園@秦野市3

IMGP3902

”庄家”を食べ終えて 散髪を済ますと、今度は 秦野駅を挟んで反対側にある ”三憩園”を訪問してみました
13:15頃の訪問でしたが テーブル席にお客さんはいらしたものの カウンター席には お客さんは無し・・・でした( ・◇・)?(・◇・ )。
しかし、店内は 蒸し暑く(;´д`)ゞ アチィー!!風味で ヲサ~ンはジャンパーを脱いだのですが、眼鏡は曇るし 汗はダラダラ・・・で たいそう難儀な状況でした。徒歩で ε~ε~ε~(; T_T) テクテク ですからね・・・(゜▽゜=)ノ彡☆ギャハハ!!。
後客さんは ヲサ~ンの後、続々と来店風味な状況でしたw(゜ー゜;)wワオッ!!。

IMGP3904

麺類のメニューは こんな感じで、小田原系・・・と呼ばれるご当地ラーメンが”売り”のお店です(⌒^⌒)b うん。
麺類以外にも カツ丼のセットメニューやら何やらもあったりする 食堂風味なお店ですかね
小田原系は あんまし食べる事もないのですが、先日訪問した”孔明”・・・なんかも 小田原系(インスパイア)のラーメンの様ですね(*'')(*,,)(''*)(,,*)ウンウン。

小田原系・・・と言えば ”チャーシューワンタンメン”が必食・・・なようですが、お高いし お店側の戦略にマンマとのせられるのもシャクな感じだし、ヲサ~ンは そこまで”小田原系”に拘りが無いので 一応 ”チャーシューメン”1000円で妥協しておきました( ゜ー゜)( 。_。)ウン♪。
半ラーメン550円・・・、いや ミニ260円あたりで十分かとも思えましたが・・・プライドが(何の・・・?ヽ(~~~ )ノ ハテ?・・・・(。_゜)☆O=(--#)q パーンチ)許しませんでした(T▽T)アハハ!。

麺&味の濃さ・・・は調整可能で ”ニンニク”もお好みによって つけてくれるようなので、当然”ニンニク”有り・・・での注文でした

IMGP3905

暫らくして提供されたのが こちらのラーメンで、丼は結構大きめのものだし、ボリューム感はタップリですね( ̄∧ ̄)(_ _)フムフム・・・。

IMGP3910

麺は ”海野製麺”の麺箱が見えましたが そちらのものなのかな・・・ヽ(~~~ )ノ ハテ?、平打ち縮れの細麺タイプで、麺が細い割にはシッカリとした噛み応えも感じさせてくれる ピロピロタイプもので、スープも良く掬うもので 好印象の麺ですねv(・_・) ブイッ。

IMGP3908

スープは この系統にしては クセはあまり感じられないタイプで、比較的食べ易い印象を持つものでした。孔明で感じた様な 醤油ダレ?に起因するかと思われる、ヲサ~ン的には苦手な感じの匂いもあまりしないタイプで、一般的な豚骨醤油らーめん・・・と 捉えても良いかも(それにしては 若干クセはどうしてもありますが・・・)・・・のものでした
スープに浮く油は思ったほどのクドサもなく 案外スッキリと飲めるものでした(・_・D フムフム。

トッピングされた ニンニクは”おろしニンニク”で、このスープとのマッチングはとても良くて、卓上調味料に是非とも常備して欲しい感じですね・・・(*'')(*,,)(''*)(,,*)ウンウン。

ヲサ~ン的には 途中からもっと量が欲しくなってしまいました

IMGP3906

IMGP3907

具材は チャーシュー・海苔・ネギ・メンマ・三つ葉・柚子・・・で、チャーは 小ぶりで脂身も殆ど無い ヲサ~ンには比較的淡泊な味わいに感じられるのもので、特にチャーシューメンにする必要はなかったかな・・・( ̄へ ̄|||) ウーム?の印象のものでした。

メンマもそれなりの量は入っており 食感のアクセントととしては悪くないものです。

IMGP3911


ポイントは 三つ葉と柚子の清涼感かと思われ、柚子は かなり大きめのかけらが ゴロっと入っており 中盤以降少々飽きを感じさせられる大量のスープに変化を持たせてくれる意味では大活躍でしたヽ(^◇^*)/ ワーイ。
レンゲに 柚子片をのせてスープを飲むと 柚子の風味が強力に押し寄せてきてヲサ~ン的には とても美味しく頂けたのですが、柚子が嫌い((( ̄へ ̄井) フンッ・・って人には 困る位のものですかね・・・(;´Д`A ```。

もっとも 他の方のレポを見たりしていると 柚子は入っていない・・・とか、チャーは 脂身が多くて・・・(;´Д`A ```風味なコメントも見られるので、この辺りはその日の状況によって若干内容が変わってくるのかもしれませんね・・・

IMGP3903

卓上調味料は 胡椒・ラー油・醤油・お酢・・・で、胡椒をチビッとに お酢を( 。・・)/⌒□ポイ してスープは3分の1残しで食べ終えましたv(・_・) ブイッ。
麺量&スープは 多めに感じられるものの思ったほど 苦労はしないで食べきれる・・・って事は やぱし美味しい部類のラーメンだからなのでしょうね・・・(*^-^)ニコ。。

今までに食べた”小田原系”・・・と言われるラーメンの中では 一番食べ易いタイプで、特にクセもなく 美味しく頂けました( ゜ー゜)( 。_。)ウン♪。

小田原系・・・と言えば チャーシューワンタン・・・ってのにはとらわれずに 普通に 醤油らーめん当たりを注文しておくのが良さそうに思えましたが・・・ヽ(~~~ )ノ ハテ?。

それでは またぁ~

評価…★★★

住所 秦野市尾尻952-18  営業時間 11:30~14:30 18:00~21:00
定休日 木曜日 第3水曜日




孔明@秦野市3

IMGP2729


”麺や 阿闍梨”を食べ終えると 11:20分・・・・、当初の予定では ヲサ~ンの大好きな ”喜今日屋”を訪問予定だったのですが、マーコさんのところで 今日(8月26日)オープンの新店がある・・・と言う事なので 一応行ってみて 混雑しているようなら ”喜今日屋”に・・・ウ・・ ウン(._.;)の作戦に変更してみたのでした(*^-^)ニコ。

ヲサ~ンは 新店を誰よりも早く訪問してブログにアップする事には 然程興味は無いので 訪問順通りのでのアップです・・・・、オープン直後は オペレ-ションもガタガタ風味の事が多いし、大体2週間はじっくりと寝かせ(熟成)させてから・・・の訪問な訳です( ゜ー゜)( 。_。)ウン♪・・・ってか、没ネタも4回分くらいあったりします( p_q)エ-ン。
まぁ 山岡家だったりするので 当然の処置ですヽ(#`Д´)ノ。

”旨み醤油ラーメン 孔明”・・・を訪問してみました

11:35分頃の訪問で 店内を(/▽゜\)チラッ見すると 空席が結構ある様なので すかさず突入・・・

IMGP2730

お店は 先日移転した”山笠”の頃の作りを少しいじったくらいで 牛丼店風味のカウンターはそのままでした。(山笠の系列店らしい・・・です。)

こちらの ”孔明”は 小田原系・・・と言われるラーメンなのですが、ややお高い ”チャーシューワンタンメン”1200円が もっとも食べなければいけないメニュー・・・らしいのですが。以前 別のお店で、この系統のラーメンを食べた時は 丼も大きくなってしまうし・・・麺量も凄かった印象もあったので 今回は チャーシューメン950円を 注文しておきました
連食ですし、あわよくば ”喜今日屋”にも寄りたいですからね・・・

前客さんは 7名で ヲサ~ンが訪問した時点では まだラーメンの提供は無く、全員良い子風味に着席しておりました。後客さんは 入れ替わりで5名ほど・・・の感じでした( ゜ー゜)( 。_。)ウン♪。駐車場が無い様なので お店の前は路駐の車で一杯ですね・・・(T▽T)アハハ!。

IMGP2732

注文から15分程で こちらの ”チャーシューメン”が提供されました。

IMGP2737

麺は 細めの縮れ麺で 思っていたよりは硬めの茹で加減の印象で 縮れの感じが舌の上で気持ち良く踊る感じは悪くないものでした(*^-^)ニコ。

IMGP2734

スープは 濃口甘めの醤油ダレ・・・基本ベースは ”豚骨”のようなのですが、ヲサ~ン的には まず、このスープの香りが ややうんざり風味に感じられてしまい 食欲の減退に一役買っていた様に思われます。焦げっぽい・・・というか、薬っぽい・・・というかの香りで 個人的にはあんましなぁ~(´ヘ`;) う~ん・・・・・・なんですが、この香りがいいんじゃん・・・って方も大勢いらして不思議でないものかとは思います
どっちにしても かなり個性的なラーメンなので、これにハマるとクセになりそうな感じは 十二分にありますね
表面に浮くラード?も比較的タップリ目の感じはありますが、見た目ほどの油自体のクドサは感じられないものの、甘ったるい醤油感は ヲサ~ン的には若干苦手かな・・・といった印象でした

IMGP2738

IMGP2735
具材はチャーシューが2種類(バラ?・ロース)に 三つ葉・支那竹・モヤシ・ネギ・・・で、チャーシューは2種類共・噛み応えはソコソコあるタイプで 噛みしめるとジンワリ旨みが・・・のタイプ。厚み的にも かなり満足感はありますねv(・_・) ブイッ。しかしながら、食感・味わい的にはどちらも大した変りはなく、もう少し変化をつけて欲しいところ・・・(・へ・;;)うーむ・・・・、脂身の量の違いのみ・・・って感じでした(;´Д`A ```。
支那竹は 甘めの醤油ダレに浸けこまれたもののようで、味わい的には スープと同化した感じの甘めの印象で 食感のアクセントとしては良さげに思われました。

このスープには やはり”ネギ”が もう少し欲しいかな・・・(´ヘ`;) う~ん・・・とは 感じられるもので ヲサ~ンのいた時間帯のお客さんのうち 4名は ”ネギラーメン”を注文していた辺りは なるほど・・・流石のチョイスだな・・・o( ̄ー ̄;)ゞううむ・・・と 唸らされたりもしました

IMGP2731

卓上調味量は コショウ・ラー油・唐辛子・お酢・醤油・・・で、ヲサ~ンは コショウ&唐辛子をフリフリして、さらにお酢もいつものように( 。・・)/⌒□ポイ して 食べ進めましたが、如何せん この甘ったるい醤油スープが 現時点ではヲサ~ンの好みのものではないので、麺・具材は食べきったもののスープは 半分残しで終了<(_ _)>。
スープ量も結構タップリとありましたからね・・・・(-"-;A ...アセアセ。

せめて ニンニクがあればもう少しどうにかなったラーメンかとは思われます( ̄へ ̄|||) ウーム?。唐辛子だけでは ヲサ~ン的には少々役不足かな・・・の ものでしたウ・・ ウン(._.;)。

正直 好みのタイプのラーメンではないものの 1度ハマれば間違いなくクセにはなるだろう・・・な・・・とは 感じられるラーメンでした(*'')(*,,)(''*)(,,*)ウンウン。
チャーハンか餃子・・・との セットメニューがお得かと思われます( ゜ー゜)( 。_。)ウン♪。

オープン初日・・・と言う事で、提供間違いがあったりバタバタとしていましたが、このあたりは 時間と共に・・・ですかね

セルフの給水機のお水が あまりに勢いよく注がれるのもちょっと(ノ゜⊿゜)ノびっくり!!したりしてしまいますね

夜間配送のお仕事場が 近くなので その際には再訪してみる事にしましょう

それでは またぁ~

評価…★★★

住所 秦野市堀西1-3 営業時間 11:30~15:30 18:00~21:00
定休日 水曜日
記事検索
最新コメント
プロフィール

ジーザス

livedoor 天気
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ