らーめん・雑記 おいしいので逝っときました

ども…、ジーザスです(;^_^A。 このところは ラーメン以外の食べ物を多く食べたい気がしておりますが、ラーメンも引き続き・・・って感じです。 美味しい魚貝類やその他諸々・・・リーズナブルな価格の物を中心に食べていきたいです(^ー^)ノ。

横浜市

萩原家@横浜市南区3

萩原家 010

”田上家”を食べ終えると テクテク・・・o(゜ー゜o)。。。。3と市営地下鉄 弘明寺駅付近まで戻り、商店街を抜けて 京急弘明寺駅すぐそばの ”萩原家”を訪問したのでした

途中には 壱八家や琉二家・・・さらにもう1軒の なんだかよく分からない家系らーめん店もあるものの、壱八はともかくとして あとは然程興味もないので(ー_ー )ノ" パス・・・して ”萩原家”に決めたのでしたv(・_・) ブイッ。

こちらのお店には 2年ほど前に訪問しているのですが、その際は印象は悪くなかったものの、スープがぬるすぎて・・・・(/・_・\)アチャ-・・ってところが残念だった記憶が蘇ります

萩原家 017

基本的なメニューは こんな感じですが、入り口の右側に券売機があるので 今回は ”ラーメン”650円+”薬味ネギ”100円の食券を購入して、券売機横にスタンプカードも置いてあったので 名刺代わりかな?と、チャッカリと貰って着席。

食券を出すと 店主さんからお好みを聞かれたので ”麺硬め”をコールヽ( ´ー`)ノフッ。
太麺or細麺が選べる・・・とのことで”太麺”にしておきました('▽'*)ニパッ♪。
店主さんが 「スタンプカードにスタンプ押しときますね・・・。」・・・と、

萩原家 001

気前良く3個もスタンプを押してくれたのでした°゜°。。ヾ( ~▽~)ツ ワーイ♪・・・・って、次の訪問はいつになるかは不明ですが、ちょっとだけ嬉しい感じですねo(*^▽^*)oあはっ♪。

(゜O゜;アッ!・・・、11:30の訪問で、前客2名・・・に ヲサ~ンのすぐあとから、後客4名・・・と 結構人気のあるお店みたいです( ̄。 ̄)ホーーォ。。

萩原家 012

サクッと提供された ”ラーメン”・・・ですが、前回食べた ”萩原ラーメン(ミニ)”は 具沢山でミニにしたためかスープ量も少なく、それがスープのぬるさにつながっていたようですウ・・ ウン(・_・;)。

萩原家 013

丼は 円錐形チックな流行りのタイプですが、あんましヲサ~ン的には好きではないですかね

萩原家 016

麺は 麺箱には”一製麺所”と書かれたもので、極太・・・に分類されても良いくらいのもので、しっかりとしたコシとモッチリ感を併せ持つもので、他のお店では感じたことのない 独特の食感を持つ麺で かなり☆⌒d(*^ー゜)b グッ!!・・・な印象を持つもの(⌒^⌒)b うん。
スープに対しては 強靭すぎるかな・・・とは思われたものの、そんなこともなく しっかりとスープと馴染んでおりましたw(゜ー゜;)wワオッ!!。

萩原家 014

スープはライトタイプの ”魚介豚骨”スープで醤油ダレから来るしょっぱさも 程よい感じでバランス的にはとても良いですね・・・(*゜.゜)ホ・(*゜。゜)ホーーッ!!。
サッパリ・スッキリ・・・としたスープで、鶏油も品の良いタイプで中々美味しいと思います( ̄▽ ̄)b グッ!。

店主さんは ”矢口家”出身・・・店名は”萩原家”・・・ってことで、”家系”・・・として捉えてしまうとパンチ力は些か物足りなく思えてしまうのですが、他のメニュー構成や”焼き煮干しラーメン”なんかもある点を考えると ”家系”・・・とは捉えない方が良いのでしょうかねウ・・ ウン(・_・;)。
どこにも「横浜家系」とは 謳われてないですし・・・

スープは今回はキッチリと”熱々”のもので、美味しくいただけましたv(・_・) ブイッ。

萩原家 015

具材の構成は 家系チックに( ̄△ ̄;)エッ・・?、チャーシュー・海苔・ほうれん草・・・に トッピングした薬味ネギ・・・で、チャーは味付のしっかりとしたもので、噛み応えも程々あってヲサ~ン好みのものでした☆^∇゜) ニパッ!!。
ほうれん草・海苔は標準的なレベルの物で、特に不満もなく頂けました(o*。_。)oペコッ。
薬味ネギは 醤油ダレ?がかけられた物で スープをタップリと含んだものを麺と一緒にいただくと そのシャキサクした食感とスープとブレンドされた程良い酸味と苦味の味わいが意外なほど美味しく感じられたのでした(・0・。) ほほーっ!。

萩原家 011

卓上調味料は にんにく・豆板醤・生姜・コショウ・ラー油・お酢・・・で、いつもの感じで、にんにく・生姜・〆にお酢を( 。・・)/⌒□ポイ ・・・っとして、キッチリと完食v(・_・) ブイッ。

調味料類は 家系定番チックなものが揃えられているし、基本的な構成も 太麺・豚骨・鶏油・・・と ”家系”としての要素は満たされていると思うし・・・で、なんとも分類的には良く分からなくなってきましたが、美味しかったし それで良し・・・・ってことで・・・(⌒▽⌒)アハハ!。

細麺でも食べてみたいし、他のメニューも・・・ですかね(*・ω・)ノ。

なるべく早めには再訪してみたいとこですが・・・・
ここまで来るのも 結構気力がいりますからね・・・(゜▽゜=)ノ彡☆ギャハハ!!。

それでは またぁ~

お好み度・・・★★★+

住所 横浜市南区六ッ川1-50 営業時間 11:30~翌1:00
定休日 無休

味奈登庵 大船店@鎌倉市3

味菜登庵 003

”一品香”を出た後は ためらいも無く ”味奈登庵 大船店”へ・・・と 10秒ほどで移動したわけですが、場所的には ヤマダ電機の1Fにあります

味菜登庵 004

基本的なメニューは こんな感じで・・・・、

味菜登庵 008
一部のメニューをアップで撮ったりもしています((´∀`*))ヶラヶラ。

味菜登庵 007

味菜登庵 005

”富士山盛り”・・・のメニューもしっかりと用意されておりました(*´・д・)*´。_。)ゥミュ。
これで 500円はかなりお特感がありますね・・・・ぅん((´д`*)ぅん。

味菜登庵 022

”甘味”もあるんですね・・・ホゥホゥ(o-∀-))。

味菜登庵 021

システムは 前払い制で番号札を渡されて お呼ばれして受け取りに行くセルフサービスでした( -Д-) ゚Д゚)フムフム。
初訪問のお客さんは いきなり席に着席して店員さんから 「前払い制です・・・(-ε-●)。」・・・と、ぶっきらぼうに言われて、「なんだ( ゚Д゚)ゴルァ!!。」・・・的に不快感を露骨に表明している方もいらっしゃいましたo(`・д・´)o ウン!!。
このあたりはヲサ~ン的には 店員さんの言い方にも問題があったかな・・・ゥ──σ(・´ω・`;)──ン?とは思われるやりとりでした。

味菜登庵 019

ヲサ~ンは ”春の新メニュー”・・・から ”二種桜海老のかき揚げつけ天”550円”+”とろろ”150円・・・を」注文していたのでした( ̄ー ̄)ニヤリ。

カウンター席に陣取ったわけですが、提供を待っている間に店内の席は満席・・・となり ε-(o´_`o)ハァ・・これだと食べ辛いな・・・・の風味が存分に漂い始め、これだから混む店は嫌なんだよね・・・( -д-)ノ・・・と 我がまま三昧の感想を持ったりもしたのでした

10数分ほど待って提供されたのが こちら・・・・

味菜登庵 024

味菜登庵 026

蕎麦は 結構細めのものかな・・・ント・・σ( ・´_`・ )。oO(悩)?の印象のものでしたが、特にとりわけ美味しい・・・とか 美味しくない・・・とかの感想は無くて 無難に食べられるものでした(o゚ω゚))コクコク。
ボリューム的には 結構あるようで300g以上はあるようには思えるものでした(。_。(゚д゚(。_。(゚д゚ )ウンウン。

つゆは 濃い口の関東人向けのもので、ヲサ~ンはタップリと蕎麦をつゆに浸して食べる お下品なタイプの人間なので、特に”とろろ”を入れてしまうと 明らかに足りなくなるかな・・・(。-`ω´-)ンー?のものではありました

味菜登庵 025

”かき揚げ”・・・は 生桜海老と干し桜海老が使われた”かき揚げ”・・・とのことで 揚げ立ての熱々のものが提供されたのでしたΣd=(・ω-`o)グッ♪。
これは とても美味しくいただけるもので、卓上に”塩”もあれば尚良かったのですが・・・・(゚∀゚ ;)タラー、

味菜登庵 018

卓上には 唐辛子とわさび・・・だけでした( ´Д⊂エーン。

”つゆ”には まずは”わさび”に・・・・、ついでに”唐辛子”もポィ(o'д')ノ ⌒ ○・・・としておきました。

かき揚げも食べやすいように分割して、順次”つゆ”に浸して食べ進め つゆがもうちょっと( ゚д゚)ホスィ...な・・・と思いつつも キッチリと食べ切ったのでした(*゚∀゚)*。_。)*゚∀゚)*。_。)ウンウン。

”蕎麦湯”は 提供口にポットで置かれておりましたが、この”つゆ”の量だと出番は全くなく終わったのでした・・・(;´・ω・)。

しかしながら、かき揚げのクオリティーも高いし、蕎麦のボリュームもあるし・・・・で、そこらの”立ち食い蕎麦屋”よりは数段上かな・・・(●´∀)bぅんぅん・・・の印象を持ちましたニコッ♪(〃'▽'〃)!。
コスパに優れていると思うし、これなら 混むわけですね・・・・(o-∀-)b))そぅそぅ。

十分以上に美味しく頂けたわけですが、”富士山盛り”・・・は 間違いなく飽きが来そうですね・・・(^Д^)ギャハハ!。

また寄らせていただきましょう・・・(。´pq`)クスッ。

それでは またぁ~

お好み度・・・★★★++

住所 横浜市栄区笠間2-2-1 営業時間 11:00~22:30(LO21:45)
定休日 無休

お店のHPは こちらです(*・ω・)*_ _))ペコリン。

六角家本店@横浜市神奈川区3

六角家本店 013

”とらきち家”を食べ終えた段階で かなりお腹は一杯だったし、とらきち家のあとに六角家・・・では”濃厚系”⇒”ライトタイプ”・・・では、あまりに”六角家”にとってはハンデも大き過ぎるし・・・と思われたので、とらきち家の感想を...ψ(。。)メモメモ...しながら ミネラルウォーターなどを飲みつつ、舌をリセットしてからの訪問となったのが ”六角家本店”でした(*´・д・)*´。_。)ゥミュ・・・・って、もう殆どお隣さん状態ですね(⌒▽⌒)アハハ!。
ちなみに 半年振りの訪問です(●゚ェ゚))コクコク。

開店時間当初の客入りには やや驚かされたものの、11:40現在の状況は・・・ヽ(~~~ )ノ ハテ?と思いつつ、『現状で提供できるベストの物を提供してみて御覧なさい・・・、さぁ・・・そうしなさい_s(・`ヘ´・;)ゞ..!。』・・・と 高ビーなお嬢様チックに食べてみる事にしたのですが、

六角家本店 014

まずは 店舗外にある食券機を眺めたわけですが、”半ラーメン”・・・は無いな( ̄_ ̄||)と やや肩を落とし気味に ”ラーメン”650円+”Wネギ”100円の食券を購入して店内へ・・・・、通常なら外さない”キャベチャー”は今回は(ー_ー )ノ" パスしておきました。
・・・お腹の都合も考慮しております

店内に入ると ガラ~ンとしており、店員さんは5名体制・・・・、前客1名で 適当に座ろうとすると席をひとつ空けて カウンター席左端から順番に座るように指示されました・・・・エッ? (;゜⊿゜)ノ マジ?・・・って 他にお客さんは1名なのに・・・(* ̄- ̄)ふ~ん。
もう少しで お昼の混む時間帯なのでこれからワンサカとお客さんが入ってくる予感をヒシヒシと・・・・・は 全く感じさせない状況でしたが・・・(・へ・;;)うーむ・・・・?。

5年位前なら 店内の壁際に背後霊のように待ち客があった気もしますが 現在は・・・

六角家本店 016

六角家本店 017

席に着席すると 鉛筆と色鉛筆による手書きの説明書きがありました。
w( ̄o ̄)w オオー!・・・・ヲサ~ンの注文した”Wネギ”は”長ネギ”と”万能ネギ”のコラボ・・・・、ほうれん草は カロチンや鉄分を美味しく補給できるんだ・・・(´・∀・`)ヘー、”美味しく”かどうかは別として勉強になるな・・・(゜▽゜=)ノ彡☆ギャハハ!!と眺めていたりすると サクッと提供されたのが こちらのラーメンでした( -Д-) ゚Д゚)フムフム。

六角家本店 018

六角家本店 015

”Wネギ”は 別皿提供されました(o゚ω゚))コクコク。
”とらきち家”の後だけに この量で100円か・・・・(・へ・;;)うーむ・・・・って感じにはどうしてもなってしまいますが、”とらきち家”が太っ腹なだけですからねヾ(≧▽≦)ノギャハハ☆。
六角家に落ち度は全くありません・・・<( ̄^ ̄)>!。

六角家本店 019

ラーメンの写真も もう1枚撮ったので、さしたる意味も無くいつもの感じで掲載するわけですが、なんかビジュアル的にパッとしないのは 海苔が無造作に載せられてくるからなんですかね・・・ヽ(~~~ )ノ ハテ?。

六角家本店 022

麺は・・・って、(゜O゜;アッ!・・・好みは”麺硬め”のみで注文しておきました(。´゚ェ゚)。´_ _)ゥン。
当然の”酒井製麺”・・・なわけで、茹で加減もやや硬め位のヲサ~ン的にはツボ的な感じで とても美味しくいただけましたv(・_・) ブイッ。
”とらきち家”の麺が平打ちの太麺だったので パッと見は貧弱に感じられたものの、王道家の麺は終盤にはかなり緩めに感じられていたので この歯応え(噛み応え)は ヲサ~ン的にはとても( ̄▽ ̄)b グッ!な印象でしたウンウン(゚▽゚*(。_。*)。
好みの上では 直系仕様ではないにしても、やぱしσ(・д・*)コッチ(酒井製麺)・・・かな・・・って感じはしましたが・・・(。´pq`)クスッ。

六角家本店 020

スープは はっきり言って悪くはない・・・・と思うのですが、もう少し豚骨のダシ感が( ゚д゚)ホスィ...ところ。
醤油ダレのエッヂがダイレクトに出過ぎてしまって、”とらきち家”の濃厚感のある中でのショッパさ・・・とはまた違った意味で かなりショッパイ”印象でした"o(-_-;*) ウゥム…。
このスープの場合”味薄め”・・・をコールしたところで印象は変わらないのかな・・・と思われるものでした(^-^;。

”鶏油”の量は 今回は”多め”にしてないので ソコソコの感じの適量風味でしたが、やはり”とらきち家”の影響をどうしても引きずってしまっている為か、随分と弱っちく感じられてしまい、当初は”油抜き”かなぁ・・・ってくらいに淡白に感じられていたのでした( *´艸`)クスクス。
ダシの濃度を考えれば これでよいのかもしれませんが・・・(・へ・;;)うーむ・・・・?。

こちらが1軒目なら それほど問題ないかな・・・って気もしますしね・・・ウ・・ ウン(・_・;)。

六角家本店 021

具材は まずはチャーシュー・・・なわけですが、何とこれが・・・Σ(・ω・ノ)ノえっ!エッ? (;゜⊿゜)ノ マジ?・・・

六角家本店 023

1枚と見せかけて2枚だったのでした・・・・コノコノォ( ^∇^)σ)゜ー゜)プニッ。
もう・・・「驚かせようとしたりしてぇ~・・((((((((((((*ノノ) ヒドイーッ ・・・(〃▽〃)ポッ。」の風味を漂わせており
・・・・(メ`皿´)=◯)`з゚)ビシッ・・・(/TДT)/あうぅ・・・・。

まぁ・・・、もっとも極薄チックなもので 2枚で1枚・・・2人が1人・・・バロ○~ム!・・・・と ”超人バ○ム1”を思い出したりもしました(。´゚ェ゚)。´_ _)ゥン。

醤油ダレの味付けは濃いめで ヲサ~ン的には結構好きなタイプのチャーなんですが、”肉の旨みの抜けきった”・・・とか表現される方も多くいるようです( *´艸`)クスクス。
食感的にも ソコソコの噛み応えもあって美味しかったです( ゚_¨゚)´_¨`)ふむふむ。

あとは ほうれん草が一掴み・・・な感じと 定番の海苔はフニャっとはせずに頂ける 家系標準的なものでした。

六角家 012

六角家本店 024

卓上調味料は ゴマ・コショウ・お酢・にんにく・辛味噌・生姜・醤油ダレ・・・で、これだけ種類が豊富にあっても 最早少なく感じてしまいそうです(゜▽゜=)ノ彡☆ギャハハ!!。
最近は 調味料類が豊富なところも多いですからね(o-∀-)b))そぅそぅ。

にんにく・生姜・お酢を( 。・・)/⌒□ポイ ・・・として 麺・具材は完食、スープは半分残しで終了・・・となりました(゜▽゜*)ニパッ♪。

ラーメン自体の印象が 同系他店に比べると随分貧相に見えてしまう気もしましたが・・・(・へ・;;)うーむ・・・・?。
具材・スープに関しては もう少し改良させていっても良いのでは・・・とも感じられました(。´゚ェ゚)。´_ _)ゥン。

そろそろ店内も改装してもよいのかな・・・って感じもしますが、老舗?の雰囲気ってのも大事な部分もあるし、このあたりは難しい判断ですね(^-^;?。

ヲサ~ンのいた間は 後客2名・・・で、お店を出てから暫く ”とらきち家”と”六角家”の客入り状況を見ていたわけですが、圧倒的に”とらきち家”を訪問する人が多く ”六角家”はかなり押され気味・・・の印象でしたが、とらきち家の新店効果によるものだけでなく これからはこんな感じになっていくのですかねヽ(~~~ )ノ ハテ?。
”とらきち家”は 待ち客は無くても回転率は高めのようですし・・・ウ・・ ウン(・_・;)。

しかしながら ”六角家”にも シャッターで並んで食べる根強いファンがいまだに健在だったのは 個人的には嬉しかったです(。_。(゚д゚(。_。(゚д゚ )ウンウン。
そんなファンの期待に応えていけるだけのものを提供していただきたいものですな・・・( -_-)フッ。
・・・・と、このままではジリ貧状態で、新たなファンを掴むのは難しい感じもするし・・・・との上から目線で ご馳走様でした(*・ω・)*_ _))ペコリン。

それなりに 美味しかった・・・とは思われましたv(・_・) ブイッ。
・・・・が このままだとキツイかも・・・って感じもしたりして・・・でした
まっ・・・、潰れはしないとは思われますが・・・

それでは またぁ~

お好み度・・・★★★+

住所 横浜市神奈川区西神奈川3-1-5 営業時間 11:00~23:00 
定休日 無休





一蘭 横浜桜木町店@横浜市中区2

一蘭 

さる事情から "一蘭 横浜桜木町店”を 朝の9:00過ぎあたりに訪問してみました
店舗概観も なんだか変わった印象ですね
もっとも ここ数年はこちらのお店の前を通ってもいなかったので いつ変わったのか分かりませんが・・・(T▽T)アハハ!。

諸々の 独自のシステムやら何やらは省略して(HPで確認していただくとして・・・( *´艸`)クスクス。)、前客1名・・・は 女性だった・・という事だけはお伝えしておきましょう(*´・д・)*´。_。)ゥミュ。

ヲサ~ンは 基本の"ラーメン”790円の食券を購入して 殆ど空いている席の一番奥側に着席。

オーダー用紙には 濃い味・こってり・にんにく一片分・ネギは"青ねぎ”・秘伝のタレは 基本・麺の硬さは かため・・・に丸をして、店員さんに提出しておきました(。´゚ェ゚)。´_ _)ゥン。

一蘭 

一蘭 

2~3分で提供されたのが こちらのもので、

一蘭 

麺は 細麺なのでヲサ~ン的には このくらいの硬さで丁度良いもので、時間の経過と共に いい感じで食べやすい柔らかさになっていきました( -Д-) ゚Д゚)フムフム。
この手のタイプは写真などを撮っていると 案外早めに伸びてしまいますからね(^-^;。

一蘭 

スープは コクのある豚骨スープで ハッキリ言って"旨い”・・・と思います(*´・д・)*´。_。)ゥミュ。
"油”は・・・HPを見ると 色々と薀蓄が書かれていますが、味わい?的には、もう一工夫( ゚д゚)ホスィ...かな・・・のもので、この油がさらにワンランクアップすると ほぼケチのつけようがないのでは・・・とは思わされますね(*´・д・)*´。_。)ゥミュ。
油だけに このラーメンの中では、まさに”浮いている感じ”ですかね( * ^)oo(^ *) クスクス。
「ヤマダくん・・・(  ̄ー ̄)ノ◇ ザブトン1マイ !。」

一蘭 

具材は チャーシュー・青ネギ・・・で、チャーは ロースタイプのものが2枚・・・で ペラペラ感はあるものの、スープに浸ったチャーは美味しいですね( ̄▽ ̄)b グッ!。
青ネギはもっと( ゚д゚)ホスィ...印象で、追加ネギは 100円で4倍増・・・みたいですw(゜ー゜;)wワオッ!!。
ラーメン単体の価格が高いので 注文はちょっと躊躇われてしまいました(/・_・\)アチャ-・・。
追加”にんにく”も 2片で100円・・・ってとこもチョットね・・・・( ̄- ̄メ)チッですね。

卓上調味料は・・・・、もちろん?ありません(゜▽゜=)ノ彡☆ギャハハ!!。

一蘭 

替玉がどうたらこうたら・・・・や、

一蘭 

お水は こんな感じのものから出てきます( ゚д゚)ホゥ。

ザクザクと食べ進め、中盤以降に"秘伝のタレ”を混ぜたわけですが、ヲサ~ン的には いい感じの量だったみたいで 辛すぎることも無く味変効果があって飽きずに食べ進めることが出来ましたv(・_・) ブイッ。
これで "青ネギ”もトッピングしたらさらに美味しくいただけるものだったとは思われますが、内容を考えると これがデフォで"790円”・・・ほぼ800円(o-ω・)(・ω-o)ネ-・・・・ってとこが どうしても・・・「(´へ`;ウーム?の印象ですが、24時間営業を考慮しても 替玉前提(替玉160円・半替玉100円)・・・のラーメンだし トッピングをつけると軽く1000円超ですからね・・・(T▽T)アハハ!。

仮にデフォで690円・・・でも やや高いか・・・な?のとこはありますが、お店がこれだけいっぱいあるのは お客さんが沢山入っている証拠ですから・・・・(。_。(゚д゚(。_。(゚д゚ )ウンウン。
ヲサ~ンが どうこう言う問題ではないですね・・・・(o-∀-)b))そぅそぅ。

旨いけど 価格に見合うものなのか・・・が問題・・・・(-"-;A ...アセアセ・・・のお店でした・・・・ヲサ~ン的には・・・ですが(*・ω・)*_ _))ペコリン。

基本的には 店員さんと顔を合わせることもないし、替玉も声を出さずに注文できるし・・・と 特にタップリと食べたい・・・けど (* v v)。 ハズカシ・・・ィなんてナイーブな女性には大好評・・・かもしれません(*´・д・)*´。_。)ゥミュ。
いろんな付加価値込み・・・での価格をどう捉えるか・・・ですね(*´・д・)*´。_。)ゥミュ。

ヲサ~ン的には たまに食べる分には良いですかね・・・・ウ・・ ウン(・_・)。
年中無休・24時間営業でいつでも食べれるし・・・・(o-∀-)b))そぅそぅ。

それでは またぁ~

お好み度・・・★★++

住所 横浜市中区花咲町1-46 営業時間 24時間
定休日 無休



六角家本店@横浜市神奈川区3

六角家 010

こちら方面にきたら やはりあのお店にも行っておく必要はあるでしょう・・・(*´・д・)*´。_。)ゥミュ・・・ってことで、”末廣家”のあとは ε~ε~ε~(; T_T) テクテク して ”六角家本店”を訪問してみました

11:25頃の訪問で 前客0・・・後客2名・・・と やや寂しい客入りですかね(-"-;A ...アセアセ?。

六角家本店 

使いまわしの写真ですが、店舗入り口にある券売機で ”ラーメン”650円+”キャベチャー”100円の食券を購入して 中に入るとフロアのおばちゃんから 「奥が涼しいですよ(^▽^)!。」・・・と 裏口側の席に案内されました。

おばちゃんに 食券を渡して、好みは ”硬め・濃いめ”・・・の いつもの感じです( -_-)フッ。

厨房内は若い男性店員さんが3名・・・で、キビキビした動きで明るい雰囲気も好印象ですね( ゚д゚)ホゥ。

六角家 015

六角家 013

暫くして 提供されたものが こちら・・・・、

六角家 018

麺は 当然ながら・・・の 酒井製麺で前回訪問時に引き続き、中々良い茹で上げっぷりで やや硬めぐらいの好みの硬さだったし 美味しく頂ける物でしたv(・_・) ブイッ。

六角家 016

スープは このところの六角家のなかでは比較的シッカリと 豚骨の旨みは出ているようだし、案外悪くない印象でした( ゚д゚)ホゥ。
ただ、やや醤油ダレが濃かったかな・・・って、卓上に”醤油ダレ”が置かれているにも拘らず ”味濃め”・・・での注文ですからね(´m`)クスクス。当然の報いですね・・・(T▽T)アハハ!。
鶏油も やや量的には多いかな・・・「(´へ`;ウーム?の印象はあったものの、このあたりは 微調整が可能なので あまり問題はないかと思われますd(゜ー゜*)ネッ!。
ちょっとした好みのバランスの問題です(。´゚ェ゚)。´_ _)ゥン。

六角家 017

具材は チャーシュー・ほうれん草・海苔・・・で 薬味ネギは入ってたっけ(´・_・`。)ヵナァ・・?でした。
チャーは モモ肉?のもので 厚みもそれなりにあり、若干のパサツキ感はあるものの、まぁ・・・いいんじゃないの・・・感じでした(o゚ω゚))コクコク。

キャベチャーは しんなりとしたキャベツに、細切れチャーがのっており タレとゴマ油がかけられたもの。
量的には少なめなものの よーく冷やされたもので、ビールをつけても良かったかな?・・・と 後になって後悔しました( ̄- ̄メ)チッ。

六角家 011

六角家 012

卓上調味料は コショウ・ゴマ・お酢・にんにく・からみみそ・生姜・醤油ダレ・・・で、定番パターンの ”にんにく”・”生姜”・・・〆にお酢を( 。・・)/⌒□ポイ ・・・として スープは ややショッパかったのでチビッと残して ほぼ完食v(・_・) ブイッ。
タレの濃さ・油の量・・・が 少々好みに合わなかったものの、全体的な出来栄えとしては それほど悪くない・・・、むしろ最悪の頃よりは 多少なりとも上向いてはいるのかな・・・(・へ・;;)うーむ・・・・の感じは受けました(*´・д・)*´。_。)ゥミュ。

”末廣家”に比べると 当然パンチ力はないものの、毎日 ”末廣家”・・・ってわけにもいかないので このあたりは ”六角家”と上手く使い分けて・・・ですかね(^-^;。

いまのところ ”末廣家”にお客を持っていかれている感じはするものの、共存は可能だと思うし 頑張って頂きたい所です(。・・。)(。. .。)ウン。

それでは またぁ~

お好み度・・・★★★+

住所 横浜市神奈川区西神奈川3-1-5 営業時間 11:00~23:00 
定休日 無休





末廣家@横浜市神奈川区3

末廣家 

行く行く・・・といっておきながら、どうも通常の 土曜日には体力が無く お盆休み初日にやっとの思いで 横浜家系 吉村家直系店・・・・の ”末廣家”を訪問してきました

10:50着で、既に並びは前5名・・・・w( ̄o ̄)w オオー!。
このわずか10分間の待ち時間が 地獄の惨状でしたアチャ・・・(ノ_< ;)。
直射日光が モロに降り注ぐさなか、当然 汗だくになっていったのでしたε-(o´_`o)ハァ・・。

お店が開店した後は 食券を買ってから並ぶ定番のスタイルのようですが、開店前は食券を購入する事は出来ませんでした(*´・д・)*´。_。)ゥミュ。

11:00丁度に開店して 店員さんの 「お暑い中 ありがとうございま~す(^▽^)!。」の声のなか、”チャーシューメン”740円の食券を購入、現金トッピングで ”タマネギ”70円も注文しておきました(゜▽゜*)ニパッ♪。
好みは 硬め・濃いめ・・・です。

末廣家 

現金トッピングは こんな感じですが 良く分かりませんね(^-^;。
白髪ネギ・きくらげ・タマネギ・メンマ・うずら・コーン・万能ネギ・ワカメ・・・・ってところです( ゚д゚)ホゥ。

麺は 硬めで注文指定いるので 先客さんより若干早めに提供されたのが こちら・・・・ですが、

しかしながら 家系でも 麺の好みを”バリカタ”・・・の呼称とかで注文する人が結構いるのには 驚かされたりもしますw( ̄▽ ̄;)wワオッ!!。
九州系のラーメンではないので違和感を覚えたりする世代なのですが、これも時代の流れなんでしょうね・・・( -Д-) ゚Д゚)フムフム。

末廣家 

末廣家 

見るからに ”吉村家直系”・・・のものでは ありますね(。_。(゚д゚(。_。(゚д゚ )ウンウン。
黒の丼が より引き締まった印象を与えるのも同じです・・・

末廣家 

麺は 当然の”酒井製麺”・・・で、硬め指定・・・なわけですが、程よい硬さ加減で 麺茹でも 開店直後のきれいなお湯?・・・ってことで、とても美味しくいただけましたv(・_・) ブイッ。
若干気になったのは、麺茹で様の鍋(寸胴)?が やや小さめのものが2基・・・で、交互に使用されているようですが、時間帯によってはあの大きさだと かなり茹で汁の臭みは残りそうかな・・・(・へ・;;)うーむ・・・・?の感はしなくもないですねヽ(~~~ )ノ ハテ?。
そんなに すぐにはお水は沸騰しないですからね・・・(*´・д・)*´。_。)ゥミュ。


スープは 豚骨・鶏ガラベースのもので 小細工は一切無し・・・のタイプで、このスープ(ラーメン)が 630円で味わえるのは とても嬉しいですねヽ(^◇^*)/ ワーイ。
ただ まだ全体的には”スープ自体がこなれていない”・・・印象で、コク・・というか、スープの奥行きは 直系店としては ややかける印象・・・( ̄ヘ ̄;)ウーン?。
もちろん 高いレベルでの・・・話しですが・・・(。´pq`)クスッ。
寸胴自体は やや小さめのものが 2基用意されていました(*´・д・)*´。_。)ゥミュ。
醤油ダレは 濃い目指定なので ショッパさは感じられるものの、独特のキレ・・・というか、醤油感は 直系店にしては乏しい印象はありますね・・・(^-^;。
このあたりは 直系他店でもかなりマイルドになった傾向もあるみたいだし、こんなものかもしれませんね・・・ウ・・ ウン(・_・)。
鶏油は 程よい浮き具合で、これは上質な甘みもあって美味しいものでしたv(・_・) ブイッ。

末廣家 


末廣家 

具材は チャーシュー・海苔・ほうれん草・・・の定番スタイルに タマネギのトッピングなわけですが、チャーは薫香もタップリと感じられるもので、小さめ・・・ではあるもののとても美味しく頂けました(。_。(゚д゚(。_。(゚д゚ )ウンウン。
ほうれん草は 少量ながらも質は良く、海苔もパリッとタイプで文句なし・・・ですね。

末廣家 

末廣家 

卓上調味料は こんな感じでズラ~ッと・・・は 嬉しいのですが、ヲサ~ンの席からだと取りづらいものもチラホラ(-"-;A ...アセアセ・・・で、とりあえずは にんにくは( 。・・)/⌒□ポイ ・・・出来たものの、刻み生姜は かなり他のお客さんにご迷惑がかかるので断念し、〆の ラーメン酢を 隣席のお客さんに「すみません<(_ _)>。」・・・と声をかけながら投入してキッチリと食べきって終了・・・となりました(。´゚ェ゚)。´_ _)ゥン。

提供を待っている間に 満席になり店内待ちも2名ほど・・・で、接客も明るい雰囲気の元気のあるもので緊張感を強いられるものではない点は 好印象ですねv(・_・) ブイッ。

もう少し時間が経てば スープ自体もグッとこなれてくると思うので、これからが楽しみですね・・・(。_。(゚д゚(。_。(゚д゚ )ウンウン。
まだ 直系の教科書的なスープ・・・の段階で、こちらのお店自体の味わいってのは これから・・・の印象ですね。
半年後くらいには もっと美味しくなっているのでは・・・を期待させられます((o( ̄ー ̄)o)) ワクワク。

ちょっと 醤油ダレが・・・って点はあるものの、これは まつり家なんかでも同様の傾向だし 基本的にはとても美味しくいただけました(*・ω・)*_ _))ペコリン。

再訪が楽しみではあります(゜▽゜*)ニパッ♪。

それでは またぁ~

お好み度・・・★★★++

住所 神奈川県横浜市神奈川区六角橋1-14-7 営業時間:11:00~21:00
定休日 日曜日



六角家本店@横浜市神奈川区3


六角家本店 017


”おーくら家”を食べ終えると この日のホントの目的のお店である ”六角家本店”へとテクテク・・・o(゜ー゜o)。。。。3したのでした
10数分で到着してしまい・・・・、まだ開店時間には多少あるので 時間つぶしをしていると 前客6名に先を越されてしまいました(/・_・\)アチャ-・・。

六角家本店 019こちらは 裏口・・・ですが、以前は裏口入学(入店)も可能だったのですが、現在はどうなんでしょうヽ(~~~ )ノ ハテ?。

六角家本店・・・といえばヲサ~ンが 旧ブログ時代の2年半くらい前の 呪われた過去カタカタ(((;゚;Д;゚;)))カタカタに 六角家本店・支店(当時は 計6店舗ありました。)を含む 1回こっきりの食べ歩きでランク付けをしたことがあったのですが、見事に”第3位”を獲得した名店ですからね・・・( ̄△ ̄;)エッ・・?・・・って 本店が”第1位”・・・じゃないの・・・(・・∂) アレ?・・・もしくは 「2位じゃ駄目なんですか・・・( ゚Д゚)ゴルァ!!?。」・・・なんて 名ゼリフも聞こえてきそうな勢いですヾ(≧▽≦)ノギャハハ☆。

当時は 船橋店・羽田店(現 上々家)がの方が 頭抜けた印象でしたからね・・・(。_。(゚д゚(。_。(゚д゚ )ウンウン。
気になる方は 旧ブログの写真&文字が小さくてとても見辛いのを 老眼鏡をかけながら読んでみるのも一興ですクスクス(´゚艸゚`*)クスクス。

六角家本店 

食券制で メニューは特に変更が無いようなので、ラーメン650円+キャベチャー100円・・・の定番スタイルで、好みは 麺硬め・味濃いめ・・・で注文しておきました(o゚ω゚))コクコク。
本来 六角家系での好みのコールは 味⇒麺⇒油・・・の順で、「味こめ・硬め・多め」・・・なんて形で注文するのが 本来の形・・・のようなんですが、ここ10年くらいは 麺⇒味⇒油・・・の順でどのお店でもゴリ押ししています(*´・д・)*´。_。)ゥミュ。
六角家系のお店では コールを店員さんに 言い直されたりもします(゜▽゜=)ノ彡☆ギャハハ!!。

もっと客入りは悪いものと思っていたのですが 後客さんもそれなり・・・で、カウンター席の左端から順に座らされました( ゚д゚)ホゥ。

厨房内は 比較的若い男性が4名・・・で、程よく元気があるのは好印象v(・_・) ブイッ。
前回訪問時は 店員さんが全員疲れきった表情で、全く”家系”らしい元気さが無かったですからね・・・(T▽T)アハハ!。
もっとも 声を張り上げるだけのうるさい・・・ってのは 困ったものですが・・・(。´pq`)クスッ。

六角家本店 012

六角家本店 007

麺硬め・・・で 注文しているので実質4番手くらいに 提供されたものが こちらです。

当然 キャベチャーが先に提供されたわけですが、醤油ダレ+ごま油がかけられたもので 生のキャベツのシャキサク感・・・ってよりも しんなりとした水っぽさを感じさせられるもので、量的には 他店と比べると、今となっては少なめ・・・に感じられるものの、基本形は こちら・・・ですから・・・(。・・。)(。. .。)ウン。

六角家本店 015

麺は お馴染みの”酒井製麺”・・・で、タップリのお湯の中で泳がされて 平ざるで茹で上げられた麺は なんといっても 比較的均一な茹で上りが特徴で 深ざるを使用して茹で上げされた麺よりも バラつき感も少なく職人さんの腕の見せ所・・・(o-∀-)b))そぅそぅ・・・でもありますね(・_・D フムフム。
今回は キッチリとやや硬め位で 湯切も丁寧だし合格点でしたv(・_・) ブイッ。

六角家本店 013

スープは 六角家らしい・・・?って 六角家ですからね・・・(゜▽゜=)ノ彡☆ギャハハ!!。
昔ながらの・・・・言ってよいかと思われる 家系豚骨醤油・・・・で、マズマズ 豚骨の旨みも感じるし、醤油ダレも それなりにキレを感じさせてくれて、鶏油もそんなにベッチャリタイプでもないので まぁ・・・安心していただけるものではありました(●゚ェ゚))コクコク。
正に オールドスタイル・・・の”家系”・・・で、最近の評判を目にすると酷評風味な物も多い気がしていたのですが、普通に美味しい・・・の印象のものではありました

先に食べてきた”おーくら家”も 比較的ライトタイプだけど 「どっちが美味しいの?」・・・と聞かれてしまうと どっちもどっち・・・(。´・д・)エッ( ̄△ ̄;)エッ・・?・・・って答えてしまう気がしますが・・・・、かなり悪いほうに誤解も招くし、いや・・・どちらも(それなりに)美味しいですよ!・・・ウ・・ ウン(・_・;)と、どこか弱々しく 当たり障り無く返答しておく・・・という 大人としての心がけを忘れる事は出来ませんでした
うん・・・まぁ・・・強いて言えば・・・・・・(-ω-;)ウーン?・・・や、やぱしやめておきましょう(-"-;A ...アセアセ・・・、好みの問題です(。_。(゚д゚(。_。(゚д゚ )ウンウン。

六角家本店 014

具材は チャーシュー・ほうれん草・海苔・・・の定番スタイルで、チャーは 見た目の色合いほどには味付けが濃いものではなく ボソッと感もあって出来栄えとしては 今ひとつか・・・(・へ・;;)うーむ・・・・のもの。
もっとも 昔のように固すぎて噛み切れない・・・/(-_-)ヽコマッタァ・・・歯が欠けてしまうのでは・・・お年寄りには絶対ムリ(乂д´)・・・(゜口゜;)うっ・・・・・ってものでは無いのは良かったと思います(。・・。)(。. .。)ウン。
流石に ここ7~8年くらいは そんなのは見かけておりませんが・・・(゜▽゜=)ノ彡☆ギャハハ!!。
スープに浸しておけば それなりに美味しく頂けるものではありました(*・ω・)ノ。

ほうれん草は (='m')くすくすっ♪・・・で、海苔はパリッとしたものが3枚は( ̄▽ ̄)b グッ!。

六角家本店 011

トッピングした キャベチャーも美味しく頂けるものでした(゜▽゜*)ニパッ♪。

六角家本店 016

卓上調味料は とりあえずヲサ~ンの目の前には にんにく・からみみそ・生姜・醤油ダレ・・・で 他にも コショウ・お酢・・・もありましたが、他のお客さんの迷惑になるので「撮影はご遠慮ください・・・。」と 自分に命令しておきました( -_-)フッ。

隣の席の方にも 迷惑にならないように謙虚に にんにく・生姜・お酢を ( 。・・)/⌒□ポイ ・・・としてキッチリと完食v(・_・) ブイッ。
キャベチャーをポィ(o'д')ノ ⌒ ○してからは 醤油ダレの効き具合もかなり増したようで ヲサ~ン的にはややショッパクはなったものの いい感じでごま油の風味もブレンドされていたような気もします(*´・д・)*´。_。)ゥミュ。
お酢を投入すると やや豚骨の旨みに乏しいかも・・・「(´へ`;ウーム?的には 感じられてはしまったのですが・・・(^-^;。

しかしながら、予想していたほどの惨状・・・ではなく マズマズ美味しくは頂ける物でした(゜▽゜*)ニパッ♪。

どうしても 一世を風靡した”六角家”・・・ですからね(。´゚ェ゚)。´_ _)ゥン。
自然とハードルも上がるし、過去に食べた美味しかった時の記憶が 当然 美化されているでしょうし・・・ですかね(; ̄ー ̄川 アセアセ。

昔ながらの ”伝統の味”継承・・・ってところは良いものの 仮に今、このラーメンを”六角家”の名前を使わずに新店で提供・・・ってケースがあったとしたら かなり苦戦するかなぁ・・・の印象ではあります
プラスα・・・の部分は どうしても必要かなぁ・・・ではありますかね?。

”六角家”・・・っていう ブランドを背負っていてこそ・・・・ですかね

吉村家や、その直系店・・・が凄いのは 年月が経っても色褪せない味わいを今もなお提供し続けている・・・って点なんでしょうね(*´・д・)*´。_。)ゥミュ。
俗っぽく言うと ”進化”し続けている・・・って事なんですか?。


六角家本店 018さて ここからは余談・・・というか、気になっていた”九ツ家本店”・・・なわけですが、やはり 残念な事に 本店と言えど”壱系”に宗旨変えされているようで、最早 こちらのお店には2度と訪問する事はなくなりましたアチャ・・・(ノ_< ;)。
高速道路のSAかなんかでは 食べることはあるかもしれませんが・・・ウ・・ ウン(・_・;)。
六角家の後(11:25頃)に 覗いてみたのですが、店内はガラガラ風味・・・で、途中にある”豚星”は 長蛇の列・・・w( ̄▽ ̄;)wワオッ!!で、”九ツ家”も 潰れはしないでしょうが(神奈川大学の学生さんがいますしね。)、どこに行ってもお気軽に食べられる系統になってしまったし・・・で、ワザワザ交通費をかけてまで訪問して・・・の魅力はゼロ・・・ですね( ̄_ ̄||)。

再度引き返して ”六角家”をチラッ(・_|見してみると お客さんは 3~4名で・・・先ほどの勢いは...?^^);・・)?゜◇゜)?の状況・・・「(´へ`;ウーム。
この界隈は ラーメン店・飲食店は沢山ありますからね・・・(T▽T)アハハ!。

そんなこんなで 気にかかっていた点も 解消できたわけですが、六角家本店もルーティンワークの繰り返し・・・新人養成店・・・の側面だけではなくて より良い何かを求めて頑張っていただきたく思う 今日この頃です(*´・д・)*´。_。)ゥミュ。

そこそこ美味しくは頂けました・・・ぺこ <(_ _)>。

それでは またぁ~

お好み度・・・★★★

住所 横浜市神奈川区西神奈川3-1-5 営業時間 11:00~23:00 
定休日 無休




九ツ家 いずみ中央店@横浜市泉区3


九つ家 

相鉄線いずみ中央駅から 徒歩5分と掛からないくらいにある "横濱家系 九ツ家 いずみ中央店”を 訪問してみました

お店がオープンした頃に 1度だけ訪問してみたわけですが 「ワザワザは・・・・もう・・・(´ヘ`;) う~ん・・・?。」的な印象のお店だったようです(。´pq`)クスッ。
この駅で降りる事は 多分もう無いな・・・と思っていたものの、ワザワザ所用のついでに時間もあったので再訪してみたのでした(゜▽゜=)ノ彡☆ギャハハ!!。

九ツ家・・・といえば 吉村家⇒横横家⇒九ツ家(本店)⇒九ツ家(いずみ中央店?・暖簾わけ?)・・・・で、直系の流れを汲む家系ラーメン・・・・のイメージなわけですが、前回訪問時は確かに物足りなさはあったものの そっちの系統ではありました(。´゚ェ゚)。´_ _)ゥン・・・が、驚くべき自体になっておりました・・・エ━━━(;゚д゚)━━━・・(゜∇゜ ;)エッ!?。

(株)モンマルシェと経営統合・・・との事で ラーメンのスタイルもかつてのものとは 大幅に変更されていましたw(゜ー゜;)wワオッ!!。
もっとも 基本的には"豚骨醤油”・・・のラーメンで 括りは一緒ですか・・・ね・・・(^-^;。
高速道路のSAにも出店しているようです( ゚д゚)ホゥ。・・・・って 知らなかったのは ヲサ~ンだけですか・・・?・・・・そうですか・・・・.....(;__)/| ずぅぅぅぅん。

基本的なメニューは 醤油・塩・・・と、"塩”も提供されるようになっており・・・に各種トッピング類&丼もの・・・で 今回は "醤油チャーシューメン"850円に "モヤキャベ”100円をトッピングして、好みは "硬め・濃いめ・多め”で 注文しておきました(*´・д・)*´。_。)ゥミュ。
以前は もやしとキャベツは各々提供されていましたが 一緒になったんですね(。´pq`)クスッ。

暫くして 提供されたのが こちら・・・・、

九つ家 

九つ家 

(「・・)ン?・・・・ん?、・・・・・・・・・・・・・・・・・予想していたビジュアルと全く違うものが提供されたわけですw(゜ー゜;)wワオッ!!。

チャーシューも 明らかにスモーキーなタイプで無いし、パッと見のスープの色合いも・・・・ヽ(~~~ )ノ ハテ?の印象で これは どうしたんだ∑(゚ω゚ノ)ノ・・・・と 提供時には驚かされつつも とりあえずは食べてみるしかないので 食べてみたわけです(。_。(゚д゚(。_。(゚д゚ )ウンウン。

麺の月 009

麺は 以前は"丸山製麺”だったかと思われるものでしたが、厨房内の麺箱を見ると、"大橋製麺多摩”のものに変更されたようで、通常の家系でお見かけするタイプのものより やや太目の印象のもので 茹で加減は "硬め”指定・・・・なので、やや硬めでしたが モッチリとした食感もあるしコシも備えつつ・・・の麺で、麺柔らかめ・・・指定でも 美味しく頂けそうな麺ですね( ゚д゚)ホゥ。

九つ家 

スープは こんな感じで、見た目どおりに"壱系”・"町田商店系”・・・を連想させるもので、まさに そちらの系統のスープで 最早 "直系”の面影はどこにも見られないですね(/・_・\)アチャ-・・。
白濁感タップリの豚骨スープは 結構いい感じですが、醤油ダレのキレ・味わいはあまり無く 味濃いめにしても ショッパさが増すだけ・・・といったタイプ(・へ・;;)うーむ・・・・。
鶏油もスープの表層に浮く・・・というより 全体的に溶け込んでいる感じのものですね。

いや まぁ・・・、これはこれで悪くはないものの、どうしても 九ツ家=直系テイストの印象が強いので このスープには少々驚かされてしまいましたΣ(・ω・ノ)ノ。

九つ家 

九つ家 

具材は チャーシュー・青菜・海苔・ネギ・・・に トッピングしたモヤキャベ・・・・で、チャーも直系チックな薫香のあるものから バラタイプのチャーに変更されており 厚みもあり柔らかくてマズマズ美味しいものではあるものの、一般的な・・・・と言ったら良いのか?のもので まぁ・・・特に不満はないし、以前提供されていたものはペラペラでもので チョットね・・・(/・_・\)アチャ-・・だったので、一般的には こちらの方が歓迎されるものではあるかもしれませんね(-ω-;)ウーン。
ヲサ~ンは 直系タイプのチャーが大好きなんですが・・・(^-^;。

モヤキャベは 結構キャベツ率も高く・・・って 二郎系ですか?ヾ(≧▽≦)ノギャハハ☆のコメントですが ボリューム感はあるし良いとは思うのですが・・・・って、てっきり別皿提供だとばかり決め込んでいただけで 特に問題はありません・・・かねヽ(~~~ )ノ ハテ?。
でも 別皿提供の方が スープが薄まらずに済むし・・・ウ・・ ウン(・_・)です。

海苔は やや弱めの印象はあるものの まぁ普通・・・、青菜は ややクタリ気味・・・では あるものの 家系定番?チックなもので こちらも  まぁ、普通・・・で 量的にはそれなり・・・の印象。

九つ家 

卓上調味料は にんにく・にんにくチップ・コショウ・ゴマ・紅生姜・豆板醤・お酢・・・に 刻み玉ネギ・・・・で、以前よりも種類が増えており 好印象v(・_・) ブイッなわけですが、やはり 宗旨替えをした印象のラインアップですね(-"-;A ...アセアセ。

にんにく・にんにくチップ・玉ネギ・・・・に お酢を( 。・・)/⌒□ポイ ・・・として キッチリと完食(*・ω・)ノ。
お酢に関しては ヲサ~ン的にはこのタイプのスープとの馴染みはあまり良くは無いかな・・・?の感じですが、このあたりは 好みの問題です(。´゚ェ゚)。´_ _)ゥン。
もっと 醤油感のあるタイプのスープの方が・・・ってところですが、ダシの旨みは ソコソコあるし、一般的には問題はないか・・・・の、スープでした・・・・ウ・・ ウン(・_・;)

結構美味しくは頂けたわけですが、明らかに "直系”⇒"壱系”タイプのラーメンに変更されたのには驚かされました(ノ゜⊿゜)ノびっくり!!。
六角橋の ”九ツ家”は どうなんでしょうね?・・・、いずみ中央店は 暖簾わけ・・・?との事なんで まさか本体は・・・とは思いますが・・・(。・・。)(。. .。)ウン?。

一般的には 悪くはないと思うし・・・なんですが、店名の印象からはヽ(~~~ )ノ ハテ?・・・のラーメンではありました"o(-_-;*) ウゥム…?。
ヲサ~ンが食べなれた"壱系”・・・系?のスープよりはオリジナリティーはあるようには思われましたが・・ウ・・ ウン(・_・;)。

直系より、こっちの方が 流行のスタイルなんですかね・・・(^-^;?。

直系テイストは最早期待できないものの、それなりに美味しくは頂けました<(_ _)>。
やはり わざわざは・・・の 印象は変わりませんでしたが、近所なら まぁ・・・いいか( -Д-) ゚Д゚)フムフム?・・・ですね(-"-;A ...アセアセ?。

それでは またぁ~

お好み度・・・★★★+


住所 横浜市泉区上飯田町900-1 営業時間 11:00~21:30
定休日 無休





神奈川県運転免許試験場 食堂@横浜市旭区1

BlogPaint

4月21日(日)・・・・極寒の雨の降りしきる中、免許の更新のために 相鉄線二俣川駅から徒歩10数分の こちらの "神奈川県運転免許試験場”を訪問してみました
表向きは 8:30~受付なのですが 実は8:00頃から 受付は行われており 8:10頃に到着したヲサ~ンは チャッカリと列に並び 事を終えたのでした(・_・D フムフム。

8:10着で 免許を交付されたのは 9:20頃・・・と 当然、品行方正な優良ドライバーであるヲサ~ンは(*"ー"*)フフッ♪ ・・・・サッサとすべてが終わってしまい、5年前には 免許の更新後に "寿々喜家”を訪問したのですが 今回はあまりにも時間がありすぎて 「この寒い中 お待ちいただいてありがとうございます<(_ _)>。」・・・・になると思われたので 今回は手っ取り早く 試験場の食堂を訪問したのでした(。´゚ェ゚)。´_ _)ゥン。

運転試験場 009

食堂には 特に店名は無い様で"食堂”・・・のようです(。´pq`)クスッ。

運転試験場 008

食券制で とりあえずは "ラーメン・チャーハンセット”720円を注文してみました( ゚д゚)ホゥ。

厨房の店員さんに食券を渡すと プラカードを渡されて 呼ばれれば受け取りに行くシステムです。

7~8分後に コールされて提供された品が・・・・こちら・・・・、

運転試験場 001

調味料類は 食べ終えた食器類を戻す場所横に 一ヵ所だけ置かれており 仕方なく食べる前から"コショウ”をフリフリしておきましたウ・・ ウン(・_・;)。
レンゲが無かったので カレーライス用と思われるスプーンで代用しておきました(/・_・\)アチャ-・・。

運転試験場 002

ラーメンは こんな感じで、

運転試験場 003

チャーハンは 半チャーハン・・・チックなものでしたウ・・ ウン(・_・;)。

運転試験場 005

麺は 細めの縮れ麺で 茹で加減は やや硬めのもの・・・・( ゚д゚)ホゥ。
まぁ・・・・特に・・・・のものですね(^-^;。

運転試験場 006

スープは 鶏ガラ醤油・・・なもので かなりショッパめで化調ゴリ張りのもの・・・(。_。(゚д゚(。_。(゚д゚ )ウンウン。
ヲサ~ンをしても スープの完飲は止めとこう・・・絶対体に悪いよね(o-∀-)b))そぅそぅ・・・のもの。

運転試験場 007

運転試験場 004

具材は チャーシュー・もやし・海苔・薬味ネギ・・・・に 入れ放題の"天かす(あげ玉)”・・・を そば・うどん・・・ではないものの、多めに( 。・・)/⌒□ポイ ・・・としておきました。
チャーは 写真だと大きめに見えるものの 錯覚です(*´・д・)*´。_。)ゥミュ。
ペラいタイプで 味付けも特に・・・・のもので、あるだけマシ・・・的なもの。

メンマは 当然・・・・それなりの業務用・・・で、海苔は家庭用・・・かと思われる いつもの湿度に弱いタイプのもの。

チャーハンは 意外とパラッとしたもので 油ギッシュな印象も無く 食べやすいもので、コンビニで売っている冷凍ものよりは 美味しいかな・・・のものでした(*・ω・)ノ。
スープとあわせて食べれば それなりには 美味しいものでした(。_。(゚д゚(。_。(゚д゚ )ウンウン。

まぁ・・・、お腹を満たすには ソコソコ・・・な感じでしたが、一般的な高速道路のSA・PAレベルのものと考えていただければ・・・・のものでした(*´・д・)*´。_。)ゥミュ。

駅まで戻って 牛丼か 立ち食い蕎麦・・・・でも食べた方が・・・良かったかも・・・(。´pq`)クスッでは ありますかね(T▽T)アハハ!。

免許更新後には どこかでラーメンを・・・・と 思いつつも、((´д`)) ブルブル…してしまうし、トットと食べ終えて11:00前には 帰宅してしまいました・・・(/・_・\)アチャ-・・。

いやぁ~とても寒かったし 仕方ないよね(。_。(゚д゚(。_。(゚д゚ )ウンウン・・・と 自分にメチャクチャ甘いヲサ~ンでした(*・ω・)*_ _))ペコリン。

それでは またぁ~

お好み度・・・★++

住所 横浜市旭区中尾2ー3ー1 営業時間 8:30~16:00
定休日 土曜・祝日(試験場に準ずる)

尚家@横浜市戸塚区2


尚家 017

”麺家浜風 戸塚店”・・・のあとは お腹がいっぱいアチャ・・・(ノ_< ;)風味なものの まだ余力はある・・・ウ・・ ウン(・_・)感じなので すぐそばの ”とんこつラーメン 尚家”を訪問することにしました

以前あった ”尚家”(中島家での経験もある方だったようです。)は 未訪で、こちらの場所に移ってからは 一時期は ”家系”・・・としての ”尚家”だったようなのですが? ⇒”麺工房 しょうや”となって(このあたりは 記憶が薄いのですいません(ωV_vω)ペコ。) 多種類のラーメンを扱うようになり 当初 ヲサ~ンも”家系”だろう・・・と訪問したものの 全く違ったお店になっていたようだったので 訪問を断念したお店でした

今回は 家系チックなラーメンが復活?したようなので 無理をして食べてみることにしました(*´・д・)*´。_。)ゥミュ。

立地的には このフロアでは一番目立たない場所・・・といって良いのかと思うのですが、例えば この場所に”麺や 太華”があったなら 全く関係なくお客さんは ソコソコ入るのだろうな・・・(・へ・;;)うーむ・・・・?とも 思われるのですが この時間帯は あんまりお客さんはいませんでした(^-^;。

ちなみに 前客1名・・・後客1名・・・でした。

尚家 018

外の 立て看にあった 本日のサービスランチのメニューから ”とんこつラーメン+肉マヨご飯”のセット650円を 注文しておきました(゜▽゜*)ニパッ♪。
ちなみに 食券制でお店の端っこのかなり判りにくい場所に 食券機はあります(^-^;。

店員さんに食券を渡すと 特に ”好み”・・・に関しては聞かれなかったので そのまま”普通”・・・での注文となりました

尚家 020

暫くして 提供されたのが こちらのもので・・・・、

尚家 021

基本的なルックスは ”家系”・・・だよね・・・( ゚_¨゚)´_¨`)ふむふむ・・・のもの。

尚家 025

麺は 丸山製麺のもので 平打ちの中太麺・・・で、モッチリ感もあり美味しい麺ですが、いかんせん このスープには 不釣合いな・・・グレードが高く感じられてしまう麺で 麺のレベルだけが突出してしまっている印象でした・・・・ごめんちゃいm( __ __ )m。

尚家 024


スープは ヤマサ醤油がベースとなった醤油ダレに、寸胴は メインとサブの2基が用意されており メインの寸胴は 背ガラ5kg・鶏ガラ2~3本・ゲンコツ4個・コブ1本・・・・でダシがとられ、 サブの寸胴は 背ガラ10kg・・・オンリーで、メインの寸胴が減ると サブから継ぎ足していく・・・といったスタイルのもの( ゚д゚)ホゥ。

・・・・って ヲサ~ンの座った席の 目の前の冷蔵庫に もろにレシピがあったわけです・・・(゜▽゜=)ノ彡☆ギャハハ!!。

尚家 026


仕込みは アルバイトさんでもお手軽に・・・って 感じでなのですかね・・・(; ̄ー ̄川 アセアセ。

かなりシンプルな ライトタイプのスープで ねぎ系の野菜類や にんにくは入らないようです・・・ね・・・(・へ・;;)うーむ・・・・?。

油も スッキリとしたタイプで 若干弱いかな・・・の印象のものでしたが、その分 飲みやすいものではありました(。・・。)(。. .。)ウン。

尚家 023

具材は チャーシュー・ほうれん草・海苔・薬味ねぎ・・・で、チャーはペライ感じで かなり味付け濃いめのロースタイプのもので 悪く言うと インスタントに入っている乾燥タイプのチャーのグレードアップ版・・・って気がしないでもありません(T▽T)アハハ!。

ほうれん草は それなり・・・・で、海苔はマズマズ・・・でした。

薬味ねぎは 意外とタップリと入っていたのは 個人的には好印象・・・v(・_・) ブイッ。

尚家 022

”肉マヨご飯”は 普通に美味しく頂けるもので チビッと醤油をたらしてモグモグしておきました
まぁ・・・このタイプだし、スープと合わせてはあんまし・・・ですかね
ねぎが大活躍風味なのは嬉しいですね(^_-)vブイブイッ。

尚家 019

卓上調味料は 定番チックなものでしたが 豆板醤のかわりに やや酸味が強めの辛味噌っぽいものもありました( ゚д゚)ホゥ?。

にんにく・生姜・辛味噌?・お酢を( 。・・)/⌒□ポイ ・・・として スープは半分残しで終了・・・(・_・D フムフム。

ヲサ~ンは 食べる前から お腹はいっぱいだったものの、アッサリとしたスープだし 肉マヨ丼もそれなりに美味しかったしで、セットメニューを思わず注文してしまったときは (/≧◇≦\)アチャー!!・・・と思ったものの 結構サクサクと 食べれてしまいました(。_。(゚д゚(。_。(゚д゚ )ウンウン。

特に魅力が感じられるスープではないし ラーメン単体では むしろこのままでは キツイか・・・・(・へ・;;)うーむ・・・・?を 感じさせられるラーメンではあるものの 日替わりセットメニューはお得感タップリだし、特別美味しくは無いけど 極端に不味いものでもない・・・・ってところで とても微妙な感じはします・・・"o(-_-;*) ウゥム…。

案外 このスッキリとしたシンプルな味わいも・・・・って気もしますが、ヲサ~ンの好みの上では ワザワザ再訪は・・・・ヽ(~~~ )ノ ハテ?・・・のものではありました(*・ω・)*_ _))ペコリン。

このあたりは 個人の好みが多分にありますからね・・・(。_。(゚д゚(。_。(゚д゚ )ウンウン。

それでは またぁ~

お好み度・・・★★+

住所 横浜市戸塚区戸塚町16-1 営業時間 11:00~24:50(LO 24:45)
定休日 無休



記事検索
最新コメント
livedoor プロフィール
livedoor 天気
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ