らーめん・雑記 おいしいので逝っときました

ども…、ジーザスです(;^_^A。 このところは ラーメン以外の食べ物を多く食べたい気がしておりますが、ラーメンも引き続き・・・って感じです。 美味しい魚貝類やその他諸々・・・リーズナブルな価格の物を中心に食べていきたいです(^ー^)ノ。

水戸市

らーめん一房(いちぼう)@茨城県水戸市2

水戸 001

”参丁目劇場”を出ると、JR水戸駅までは徒歩10分ほど・・・なわけですが、一応 駅周辺を探検がてら うろちょろしてみたわけですが、1時間ほど徘徊?してヲサ~ンの宿泊先に戻りがてら ”らーめん一房”を訪問してみたのでした
なんでも 飲食店グループ関連のラーメン店で、先月7月21日オープン・・・とのことで まだ新店ですねホ━━( ゚д゚)━━ゥ。

店舗の写真は 翌朝にとったものです(*・ω・)*_ _))ペコリン。

お店に入ると 前客6名・・・後客1名・・・の状況で、

水戸 075

水戸 076

券売機は こんな感じで、”豚骨・鶏・魚介”のトリプルスープをベースにした 店名を冠した”一房らーめん(醤油・塩)が 一押しメニューのようでしたがヲサ~ンは ”鶏”ベースの ”醤油ワンタン中華そば(食券表記上は ワンタン醤油らーめん)”800円の食券を購入したのでした(*´・д・)*´。_。)ゥミュ。
”つけ麺”や”まぜそば”・・・”汁なし坦々麺”なんかもありますね( ゚д゚)ホゥ。

カウンター席に着席するも 厨房からお店のフロアは殆ど見れない構造のようで、フロア側からも店員さんがいるのかいないのか確認できず、これは少々困った構造ですね(;´д`)=3トホホ・・。
たまたま、他の注文客に提供するラーメンを持ってきた店員さんに 食券を渡したのでした( -д-)ノ。

水戸 080

水戸 081

麺は ”自家製麺”・・・とのことで、カウンター席の前には製麺室がありました(´・∀・`)ヘー!。
ワンタンや餃子の皮も 自家製・・・とのことで、

水戸 079

お品書きには 細麺・太麺があることや 国産小麦粉の種類なんかが書かれた説明書きもありました( ゚_¨゚)´_¨`)ふむふむ。

水戸 077

卓上調味料は コショウ・ゴマ・醤油・ラー油・お酢・・・に、

水戸 078

”ガーリックチップ”も用意されていましたが、これは ”まぜそば”用でしょうね・・・(。´pq`)クスッ。

先客の調理もありつつ・・・だったので 15分近く待たされてから提供されたのが・・・(*゚ロ゚)ハッ!!・・・後客さんのほうが先に提供されたりもしたのですが(店員さんは どちらが先に来てたか・・・は 知る良しもなかったようなのですが)・・・(-ε-●)、

水戸 082

こちらのもので、丼も思っていたよりは底が深い感じで スープ量も不足感はありませんねΣd=(・ω-`o)グッ♪。

水戸 088

さて・・・、自家製麺(細麺なんですが、麺量は140gで キタノカオリ・きたほなみ・ゆめちからを使用・・・とのことで、こちらも量的な不足感はないです・・・(。´゚ェ゚)。´_ _)ゥン。

食感的には これが・・・”硬い”・・・というか、かなりの咀嚼感・・・ってのを感じさせられる麺で コシがある・・・とかないとかのレベルでは語れない 強靭さをもった”麺”なのでしたゥ──σ(・´ω・`;)──ン?。
正直なところ 終盤近くなると あごが疲れた・・・ε-(´ω`●)ハァ・って感じもする麺なのでした。
確かに これまでに感じたことのない食感をもつ麺で、自家製麺ならでは・・・ってところは十分に感じられたのですが、細麺といえども もう少し”モッチリ感”・・・とか”しなやかさ”・・・って部分は( ゚д゚)ホスィ...気はしますかねント・・σ( ・´_`・ )。oO(悩)?。

印象的には ”鋼の麺”・・・といったところでした(;^ω^)。
茹で加減自体だけの問題とは思えませんでしたが・・・・ント・・σ( ・´_`・ )。oO(悩)?。

水戸 083

スープのアップ写真は撮り忘れたようなので・・・(。ノω<。)ァチャ-こちらの写真で 感じは掴んでいただくとして・・・(*・ω・)*_ _))ペコリン。
”鶏”+”こんぶ”?が軸のオーソドックスなスタイルのスープのようで、これといった特徴はないものの、毎日でも飲める飽きの来ないスープ・・・の印象でしたo(`・д・´)o ウン!!。
実際 キッチリと汁完できたし、飲み干した後も 異常な喉の渇き・・・って部分も殆どなかったし・・・(*´・д・)*´。_。)ゥミュ。

水戸 084

具材の”水菜”は そんなに主張のあるスープではないので、邪魔にはならなかったものの なくても全然OKなものでした(。´゚ェ゚)。´_ _)ゥン。
もっとも ビジュアル的な彩りを考えると あったほうが良いかもしれないです(o-∀-)b))そぅそぅ。
嫌いな人も多そうですが・・・(。´pq`)クスッ。
”醤油ダレ”は クドさは無いものの、やや甘め寄り・・・の印象でした

水戸 086

チャーシューは ロースっぽい?もので、柔らかくて食べやすかったものの、味付け的には もう少し”濃いめ”の味付けに振っても良いかもしれないですね(。-`ω´-)ンー?。

水戸 085

なによりの問題点は こちらの”穂先メンマ”・・・で、これだけが突出して 味が濃く、このメンマ汁が思いっきりスープの味わいに影響をもたらしている・・・と思われたのでした(。´゚ェ゚)。´_ _)ゥン。
まぁ・・・比較的淡白な味わいのスープだったので これはこれで面白い味変効果はあったものの、本来のスープを味わって欲しいのであれば、これは 変更した方が良いでしょうね(。´pq`)クスッ。
少なくとも このアッサリとしたスープには合わないかと思われました(。´゚ェ゚)。´_ _)ゥン。

お酒のツマミ・・・として捉えると かなりΣd=(・ω-`o)グッ♪な ものかとは思われましたが・・・

水戸 087

”ワンタンは 生姜の効いた”テルテル坊主”タイプのもので 皮もシッカリとしたタイプだし美味しく頂けました(o^―^o)!。

後の具材は ”海苔”と”薬味ネギ”で、ネギはソコソコの量が盛られていた点は ヲサ~ン的には良かったです( ゚∀゚ノノ゙パチパチパチ。

卓上調味料からは とりあえず”コショウ”をポィ(o'д')ノ ⌒ ○・・・・っとして、終盤には、これはきっと合わないし やめておこうかな・・・ント・・σ( ・´_`・ )。oO(悩)?っと考える素振りを見せつつも、最初から入れる気満々だった”ガーリックチップ”もポィ(o'д')ノ ⌒ ○・・・・っとしたわけですが、やはりやめておいた方が良かった・・・(ノ∀`)アチャーと確認できたので大満足でした・・・・(;゚д゚)ェ. . . . . . .?。

麺とメンマは まだまだ改良の余地は多分にあるかなぁ・・・エト・・(´・ω・)y-~?と 感じられた1杯でした。

あと・・・お水のポットは置いて欲しいところです・・・ぅん((´д`*)ぅん。セルフの給水器があるわけでもないので・・・・(o-∀-)b))そぅそぅ。

このお店の構造だと 店員さんがお客さんの動きを全く把握できないし、接客・・・って点でも難しいところは出てきそうですね・・・

まだ新店・・・とのことなので 頑張って頂きたい・・・と思われたのでした(*´・д・)*´。_。)ゥミュ。
デフォなら600円・・・ってところはΣd=(・ω-`o)グッ♪・・・だし、ポテンシャルは いいものを持っている感じだし・・・・(●´∀)bぅんぅん。

最近、淡麗系は美味しいのを食べちゃっているので・・・感想が結構厳しかったかも・・・です

それでは またぁ~

お好み度・・・★★++

住所 茨城県水戸市南町2-4-37 営業時間 11:00~14:30 17:00~24:00(LO 23:30)
定休日 日曜日





参丁目劇場@茨城県水戸市

水戸 059

”YAKITORI  CAFE  参丁目劇場”を訪問したのでした・・・・って゚+。(ノ`・Д・)ノオォオォ。+゚・・・いきなりの水戸市・・・なわけですが、石岡市での所用を終えた後は 現地の同行者に石岡駅まで送ってもらい 前日に急遽ホテルを予約して決めた 水戸泊まり・・・を決行したのでした( ̄ー ̄)ニヤリ。

水戸に着いたものの、観光に当てるだけの時間は それ程は残されておらず 駅周辺をブラブラ・・・と 徘徊してから 某お安いホテルにチェックイン・・・・、その目の前にあったのが ”YAKITORI  CAFE  参丁目劇場”・・・だったのでした
ホテルで一休みしつつ、17:30の開店にあわせて”ご入店”・・・となったわけですが、お店の中はカウンターバーチックなオシャレな作りになっていました∑(゜ω゜ノ)ノ!。

水戸 066

カウンター席の端っこに着席((o(´∀`)o))ワクワク。

水戸 060

水戸 061

メニューは こんな感じで とりあえずは”参丁目ハイボール”380円(税別)を注文・・・・
               
水戸 063

(*゚ロ゚)ァッ!!・・・・”カレー”も 美味しいみたいですo(`・д・´)o ウン!!。

水戸 062

お通しの”枝豆”・・・・と共に ”ハイボール”はすぐに提供されたのですが、これが・・・・炭酸の効き具合が滅茶苦茶弱くて失敗したぁ~(。ノω<。)ァチャ-って感じのものでした・・・・
ハイボール(゚∀゚)ラヴィ!!・・・な ヲサ~ンにとっては これは大きなダメージだったのでした( ´Д⊂エーン。

水戸 068

”盛り合わせメニュー”の中から ”塩セット”680円・・・と 単品で”豚バラ”140円&”ねぎま”140円・・・を共に”塩”で注文したのでした(*´・д・)*´。_。)ゥミュ。

水戸 069

まずは”豚バラ”が提供されたわけですが、ボリューム的には小さすぎず、大きめでもなく・・・といったミドルサイズ・・・のものでしたが、ややお高めの印象はありますかね(;^ω^)?。

水戸 070

こんな感じで マズマズ美味しくはいただけました(。´゚ェ゚)。´_ _)ゥン。

水戸 071

次に ”ねぎま”・・・が提供され 写真はすでに卓上調味料から”唐辛子”をフリフリしてしまったあとのものだったりします・・・(ノ∀`)アチャー。
こちらも無難・・・といえば、無難・・・なものでした(。-`ω´-)ンー?。
もう少し 鶏のもも肉は旨みを感じさせて( ゚д゚)ホスィ...・・・ところではありました。

水戸 067

(*゚ロ゚)ハッ!!・・・調味料類はこんな感じですが ”塩”に関しては なにか拘りのもの・・・を置いて欲しい気もします・・・・チェーン店ではない個人の専門店のようですしね

この時点で ”ハイボール”は殆ど飲みきって ”ビール(中ジョッキ)”500円・・・を追加発注
店主さんは女性の方・・・のようで、「飲むの早いですねぇ~(*'∀'人)ワォ☆!。」的に話しかけられ どこかスナック風味な側面も強いお店かと思われたのでしたウンウン(゚▽゚*(。_。*)。

暫く店主さん?とお話をしたわけですが ヲサ~ンがトラックドライバーであることや、最近の水戸駅周辺の変わり具合やら、先週だったら”黄門まつり”が開催されていて 多少は人が多かったこと・・・(。´pq`)クスッやら、以前は お店のあるこちら側がメインストリートだった話しやらを聞いたりしつつ・・・

水戸 074

”ビール”・・・が提供されたのでした(o^―^o)!。
こちらは 安定の美味しさ・・・でした(*・ω・)ノ。

水戸 072

メインディッシュ・・・・?の”塩セット”が登場・・・(=´∀`ノノ゙☆パチパチパチ。
左から ”なんこつ”・”ぼんじり”・”皮”・”もも”・”砂肝”・・・の配列となっております(*・ω・)*_ _))ペコリン。

当然一番気になるものが・・・・・(´ー+`)キラッッ

水戸 073

”砂肝”・・・・なわけですが、写真はピンボケ・・・ですねトホホ・・(;´д`)ノ| 柱 | 。

程よいコリッとした食感はナイス・・・で、マズマズ美味しくいただけたのですが、1本当たりの価格は税抜きで140円ですからね(。-`ω´-)ンー。
ヲサ~ンが最近食べてきたお店の中では ボリューム&質・・・を比べてしまうとちょっとお高いかなぁ・・・ってところは無きにしもあらず・・・の印象ですかね

その他の種類のものも やはりマズマズ・・・といったところで、全て”普通”に美味しく頂けたのでした(。´゚ェ゚)。´_ _)ゥン。
表示価格は全て税抜きなので お酒も含めて もう少しお安ければ・・・ってところですねント・・σ( ・´_`・ )。oO(悩)?。

ごちそうさま・・・をすると お会計は 2203円・・・・となったのでした。

この内容だと 2000円以下におさめて( ゚д゚)ホスィ...・・・ところではありました(o-∀-)b))そぅそぅ。
お通し”は 200円(税抜き)・・・のようですね(。´pq`)クスッ。

人当たりの良い女性店主さん?との会話を楽しみに訪問するのも良いお店なのでしょう(*´・д・)*´。_。)ゥミュ。
ヲサ~ンのいる間に 常連らしい男性客さんも1名いらっしゃいました(o-∀-)b))そぅそぅ。

価格的には もう少し頑張って欲しいかも・・・の印象のお店でした
ハイボールは 完全に要改善・・・(。ノω<。)ァチャ-ではありましたが・・・・ヾ(≧∀≦ )ブハハッ!!。

ご馳走様でした(*・ω・)*_ _))ペコリン。

お好み度・・・★★++

住所 茨城県水戸市南町3-3-43 営業時間 17:30~24:00
定休日 月曜日



記事検索
最新コメント
プロフィール

ジーザス

livedoor 天気
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ